市川和正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市川 和正
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県半田市
生年月日 (1958-10-09) 1958年10月9日(59歳)
身長
体重
176 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1980年 ドラフト4位
初出場 1981年9月11日
最終出場 1992年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

市川 和正(いちかわ かずまさ、1958年10月9日[1] - )は、愛知県出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

愛知県立国府高等学校では1975年、2年生の時に、1年先輩のエース青山久人とバッテリーを組み、捕手兼控え投手、三番打者として第57回全国高等学校野球選手権大会に初出場。1回戦で柳井商に0-1と惜敗した。翌1976年投手を兼ね、愛知大会で準決勝に進むが、岡崎工に敗退。同年のドラフト会議近鉄バファローズから6位で指名されたが、入団拒否[1]。拒否理由は、当時経験が浅かった捕手としての指名だったからだという。

東海大学に進学すると、遠藤一彦原辰徳津末英明らとチームメートとなった[1]。入学直後は彼らの陰に隠れていたが、2年生春に首都大学野球リーグで三冠王を達成するなど活躍し[1]、原・津末らと共にチームの主力選手となった。通算91試合出場、316打数126安打、打率.399、9本塁打、79打点。最高殊勲選手2回、ベストナイン6回、首位打者3回。

1980年ドラフト会議横浜大洋ホエールズから4位で指名され入団した[1]。プロ入り後は二軍生活が長く、一軍へ昇格しても若菜嘉晴の控え捕手だったが、1988年のシーズンに古葉竹識監督に重用されて正捕手の座を獲得[1]、ポジションを失った若菜は日本ハムに移籍した。

ハーフスイングをごまかす「忍者打法」[1]や、際どい内角球をデッドボールと主張するなど[1]、数々のトリックプレーで人気を博した。1990年に監督が須藤豊に交代すると、谷繁元信の成長、秋元宏作の加入で第3の捕手の扱いとなった。そして、1993年には一軍出場なしに終わり、シーズンオフに高木豊屋鋪要らとともに戦力外通告を受け現役を引退した[1]

引退後は、台湾球界への移籍も視野に入れていたが[1]ソニー生命に就職した[1]。またプロ野球マスターズリーグにも参加し、東京ドリームスに参加した。市川の長男も東海大学野球部に所属し、公式戦で斎藤佑樹の最後の打者として対戦している[1]

2012年より西多摩倶楽部のコーチに就任[2]

エピソード[編集]

  • 1989年4月23日の東京ドーム巨人-大洋2回戦、最終回にバッターボックスにウォーレン・クロマティを迎えたところで、初球に真ん中高めつり球の直球を中山裕章に要求したが、中途半端(?)な高さであったためか、クロマティにサヨナラ2ランを浴びた。ベンチに戻った市川は人目もはばからずうつむいて号泣した[3]
  • トリックプレーを数多く実践し、時には審判の目をも欺くことから「球界の詐欺師」の異名をとった。同様にトリックプレーの達人として知られた達川光男とは「東の市川、西の達川」と呼ばれ、しばしば比較された。
  • ハーフスイングをごまかす「忍者打法」は3年がかりで開発し、「究極の見逃し」と名付けたと本人が語っている。これはスイングを止める動作を、瞬時に全く違う動作の流れにスイッチすることで眼の錯覚を狙う。バットをヌンチャクのように回す、その場で一回転するなど、そのバリエーションの多彩さは「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」において「ポーズだけを見たら野球に見えない」と評された。
  • 球団名変更が決まっていた1992年10月4日の対阪神タイガース戦で決勝打を放ったあと、お立ち台で「横浜大洋は、次の試合で終わりです」と涙ながらに絶叫した。
  • 引退後、勇者のスタジアムにゲスト出演し、達川との「詐欺師」対決の映像が流された。そして、自らが保険会社で営業マンをしていることも公表したが、司会のTOKIO松岡昌宏から「営業マンが詐欺師といわれて大丈夫なんですかね」という鋭い突っ込みを受けていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 大洋 6 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .143 .000 .143
1983 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1984 23 31 30 4 5 1 0 0 6 1 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .167 .194 .200 .394
1985 44 59 54 4 10 0 0 1 13 6 0 0 2 0 2 1 1 10 0 .185 .228 .241 .469
1986 33 36 34 3 5 2 0 0 7 1 0 0 1 0 1 0 0 6 0 .147 .171 .206 .377
1987 38 81 73 4 11 4 0 0 15 5 0 0 3 0 5 3 0 12 1 .151 .205 .205 .411
1988 96 280 234 18 66 13 0 6 97 37 0 1 16 2 20 8 8 19 3 .282 .356 .415 .771
1989 103 294 267 19 62 12 0 5 89 19 0 1 13 1 12 3 1 30 8 .232 .267 .333 .600
1990 71 146 127 12 36 7 2 2 53 20 1 0 5 2 10 4 2 14 3 .283 .340 .417 .758
1991 23 51 46 5 12 1 0 0 13 2 0 0 0 0 5 2 0 7 1 .261 .333 .283 .616
1992 19 25 23 1 7 1 0 0 8 2 0 0 0 0 2 0 0 3 1 .304 .360 .348 .708
通算:11年 459 1014 898 70 214 41 2 14 301 93 1 2 40 5 59 21 12 113 17 .238 .293 .335 .628

年度別守備成績[編集]













1981 2 1 1 0 .000
1983 2 3 3 0 .000
1984 13 7 4 3 .429
1985 43 17 14 3 .176
1986 30 20 16 4 .200
1987 37 27 19 8 .296
1988 95 68 48 20 .294
1989 101 67 48 19 .284
1990 70 25 17 8 .320
1991 19 10 9 1 .100
1992 11 3 2 1 .333
通算 423 248 181 67 .270

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1981年 - 1993年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]