木下幹也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木下 幹也
読売ジャイアンツ #018
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (2002-05-01) 2002年5月1日(20歳)
身長
体重
185 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト4位
年俸 370万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木下 幹也(きのした もとや、2002年5月1日 - )は、東京都練馬区出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園に入る前に野球を始めた[2]。小学生時代はジャイアンツアカデミーに所属し[3]、6年時にはジャイアンツJr.に選出された[4]練馬区立開進第三中学校[2]時代は世田谷西リトルシニアのエースとして、日本リトルシニア日本選手権に優勝しMVPを獲得している[5]

横浜高等学校では1年夏の県大会で公式戦デビュー[6]。1年秋は背番号10で関東大会に出場しベスト8[6]。2年春には第91回選抜高等学校野球大会に出場[7]。3年時は松本隆之介と二枚看板で背番号1を交互に背負いチームを支えたが、夏の神奈川県独自大会は準々決勝で敗退した[8]

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツから育成ドラフト4位で指名を受け、11月26日に支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[9]。背番号は018。ジャイアンツアカデミー出身者の巨人入りは初となる[3]

巨人時代[編集]

2021年は、6月11日の二軍公式戦(イースタン・リーグ東北楽天戦に先発し、5回を7安打2失点に抑えて二軍初勝利を飾った[4]。二軍での登板はこの1試合のみであったが[2]、三軍戦は21試合(58回1/3)に登板して7勝1敗1セーブ、防御率1.70、59奪三振という好成績を残した[10]

選手としての特徴[編集]

185cmの長身から繰り出される最速147km/hの直球と、カーブスライダー、カットボール、スプリット、チェンジアップなどを操る[9]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 018(2021年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c 巨人・原監督「非常にピッチャーらしいピッチャー」 育成右腕・木下、紅白戦でアピール!!1回3人斬り”. サンケイスポーツ (2021年11月23日). 2022年2月27日閲覧。
  3. ^ a b 巨人育成4位の木下「縁がある」中学で菅野と握手”. 日刊スポーツ (2020年12月4日). 2021年8月12日閲覧。
  4. ^ a b 【巨人】少年野球Gアカデミー出身ルーキー木下幹也がプロ初勝利…2軍戦で5回2失点「集中できた」”. スポーツ報知 (2021年6月12日). 2022年2月27日閲覧。
  5. ^ 世田谷西・木下幹也MVP「思い切り投げようと」”. 日刊スポーツ (2017年8月8日). 2021年8月12日閲覧。
  6. ^ a b 横浜・木下幹也、支えてくれた両親へ夢実現で恩返し”. 日刊スポーツ (2020年8月27日). 2021年8月12日閲覧。
  7. ^ 【選抜高校野球】明豊が13-5で大勝 横浜のエース及川を攻略”. 産経新聞 (2019年3月24日). 2021年8月12日閲覧。
  8. ^ 三浦学苑と相洋4強 横浜逆転負け 高校野球独自大会”. 東京新聞 (2020年8月18日). 2021年8月12日閲覧。
  9. ^ a b 【巨人】育成4位の横浜高・木下幹也が仮契約 背番号は018に決定「018の『0』を取れるように頑張りたい」”. スポーツ報知 (2021年11月26日). 2021年8月12日閲覧。
  10. ^ 2021年 三軍投手成績(シーズン)”. YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE. 2022年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]