戸田懐生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸田 懐生
読売ジャイアンツ
YG-Natsuki Toda20210810.jpg
2021年8月10日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県高浜市
生年月日 (2000-07-22) 2000年7月22日(22歳)
身長
体重
170 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2020年 育成選手ドラフト7位
初出場 NPB / 2021年6月18日
年俸 730万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸田 懐生(とだ なつき、2000年7月22日[2] - )は、愛知県高浜市出身[3]プロ野球選手投手育成選手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高浜市立高浜小学校1年時に、1学年上の兄の影響で、「高浜軍」で軟式野球を始める[4][5][6]。野球を始めた頃からポジションは投手であった[5]高浜市立南中学校時代は「愛知衣浦シニア」に所属[7][8]。同シニアでは投手兼内野手としてプレーし、3年生のときには第21回日本リトルシニア全国選抜野球大会に出場した[9]

中日ドラゴンズの投手だった若林弘泰の誘いもあり、若林が監督を務める東京都東海大菅生高等学校に進学[9]。同級生には田中幹也がいる。2年夏の都大会ではエースナンバーを背負って4試合に登板した[10]。本戦の第99回全国高等学校野球選手権大会では背番号11をつけてベンチ入りし[10]、一学年上の松本健吾とともに二枚看板の投手陣で同校初のベスト4入りに貢献した[5]。特に3回戦の対青森山田高校戦では最高球速144km/hを記録するなど、9回6安打7奪三振1失点で完投する好投を披露し、3試合で防御率0.69の好成績を挙げた[5]。しかし、秋に肘の靱帯を損傷したことなどから高校を退学し、愛知に帰郷。通信制高校屋久島おおぞら高等学校KTCおおぞら高等学院)へ進んだ[5][11][12]。しかし、野球を辞めるつもりはなく、転校後もトミー・ジョン手術や温存療法を行わず、ノースロー調整に取り組んだ[13]

独立リーグ時代[編集]

高校卒業後の2019年6月に肘の故障が癒えたため、若林監督と相談したところ、四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスを紹介され[11]、後期から入団。1年目はクローザーを担い[14]、1失点も許さない投球でリーグ優勝に貢献した。グランドチャンピオンシップにも登板し、1敗を喫するも2セーブを挙げ、独立リーグ日本一にも貢献した[15]。なお、規定によりこの年の戸田はNPBドラフト対象外であった[16]

2020年先発に転向[11]エースとして開幕投手に指名され、6月20日、開幕戦の対香川オリーブガイナーズ戦(レクザムスタジアム)に先発登板。6回2失点と試合を作ったが、香川の歳内宏明の前に打線が沈黙し、3対0で敗戦を喫した[15][17]。6月26日の対高知ファイティングドッグス戦(高知市野球場)で、7回3失点(自責1)の内容で先発初勝利を挙げ[12]、8月22日の対香川戦(レクザムボールパーク丸亀)では初の完封勝利を挙げた[18]。9月5日の対福岡ソフトバンクホークス三軍戦(JAバンク徳島スタジアム)で5回無失点の投球を見せ、この日時点で28回連続無失点となった[19]。この後も無失点投球を続け、同月22日の対愛媛マンダリンパイレーツ戦(JAバンク徳島スタジアム)の5回に失点を喫するまで、連続無失点記録を47回まで伸ばした[20][21]。このシーズンは優勝したチームの主戦投手として9勝・139奪三振の記録でリーグの最多勝・最多奪三振のタイトルを獲得し[22]、防御率1.24もリーグ3位であり[23]、リーグのベストナインならびに年間MVPに選出された[24][25]

2020年10月26日に行われたドラフト会議では、読売ジャイアンツから育成7位指名を受け[3][26][27]、11月27日に支度金300万円、年俸400万円で育成選手として仮契約した。背番号は020[28]。スカウト部次長の榑松伸介によると、この背番号には、早く「0」を取って、先発でも救援でも主力投手が着けるイメージのある背番号である「20」を目指して欲しいという願いが込められている[29]。同年、徳島所属選手では戸田の他に、森祐樹楢崎塁亀山英輝行木俊の計5選手にNPBからの調査書が届いていたが、行木が広島東洋カープより5位指名を受けるも、他の選手の指名はされなかった[30]

巨人時代[編集]

2021年は、春季キャンプを三軍でスタート[31]。前年の登板の負担から右腕のコンディションにやや不安があったため、大事をとって一時は故障班に振り分けられていた[32]。4月17日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(読売ジャイアンツ球場)でイースタン・リーグ公式戦初登板初先発。5回6安打3失点で降板し、3与四球ながら6奪三振を記録した[33]。二度目の登板となった同月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦(ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム)で6回5安打1失点の好投を見せ、二軍公式戦初勝利を手にした[34]。以降、二軍の先発ローテーションに入り[35]、6月6日時点で二軍公式戦6試合の登板で3勝0敗、防御率3.44の成績を[36]、三軍戦は2試合の登板で2勝0敗、防御率1.50の成績を残したことから[37]、6月7日に支配下選手契約に移行された。推定年俸は420万円、背番号は90に変更となった[38][39][40]。2020年に育成ドラフト指名された巨人の12名の中で、戸田が最も早く支配下登録を手にした。11日、中継ぎ要員として初の一軍昇格[41]。大量点差のついた3試合に救援登板し、いずれも無失点に抑えたが、7月4日に登録を抹消された[42]。同15日開催のフレッシュオールスターゲームに選出され[43]、6番手で登板し、1回を1安打無失点に抑えた[44]東京オリンピック開催による公式戦中断期間中、7月21日に巨人内で行われた、全軍混合で3チームによる「7回3アウト制」の変則的な紅白戦「リアルジャイアンツカップ」では、2回を打者6人の完全投球を披露し、敢闘賞が贈られた[45]。同じく中断期間中の8月4日、福岡ソフトバンクホークスとのエキシビションマッチでは非公式試合ながら一軍初先発を経験するも、3回2失点で降板した[46]。以降、一軍に再昇格することはなく、二軍成績は18試合の登板で87回1/3を投げ、8勝1敗、防御率3.30だった[47]。10月11日から開幕の教育リーグ・第18回みやざきフェニックス・リーグのメンバーに入り[48]阪神タイガースとの初戦に先発した[49]。2022年10月25日に自由契約となる[50]

選手としての特徴・人物[編集]

身長170cmの小柄な体ながら、全身を使って投げることを意識した[13]ダイナミックな投球フォームで[15]、身長の低さを感じさせない高い位置のリリースポイントから角度のついたボールを投げ込む[16]。2020年からは、両腕を振りかぶってから一度上げた左足を止めてから、もう一度振りかぶるように両手を頭上に上げて勢いをつける独特な2段モーションの投球フォームを採用している[11][16][51]。2段モーションの他、左足を上げる際に軸足をヒールアップするのも特徴[52]。巨人の担当スカウトの野間口貴彦からは戸田について「体は大きくないですが、それを感じさせないダイナミックなフォームで相手を圧倒するイメージ」と評された[51]

直球の球速は常時140km/h中盤を記録し、最速150km/hを記録する[16][13][53]。直球のキレがよく、回転軸はほぼ90度[23]変化球は切れ味のよいスライダー[15]の他、カーブカットボールチェンジアップスプリットフォークとも)を投げる[11]。得意球はカットボールとスプリットで[13]、スプリットは左打者対策のために2020年から投げ始めた球種である[5]。巨人入団後は、フォークが決め球とされている[36]

四国アイランドリーグplus時代は奪三振率が優秀で、1年目は9.45、2年目はリーグトップの10.75という数値を記録し、2年目は奪三振王のタイトルも獲得した[23]。1年目は与四死球がやや多かったものの、2年目は改善していった。なお先発17試合のうち、四死球を3つ以上出した試合は2試合のみだった[23]。徳島球団公式noteでは「変化球の制球力に長けている」と評されている一方で[23]、徳島2年目の吉田篤史監督は、戸田のボールが全体的にまだ高めである点を指摘している[54]

人見知りな性格[23]。マウンド上では「気持ちの部分で(相手バッターに)負けたらいけない」という考えから、やけにふてぶてしい印象を抱かせる態度を取る。徳島の吉田監督は冗談めかして「生意気なヤツですよ」、「若いうちはそれくらいがいい。いい子なだけじゃダメだし、負けず嫌いじゃないと」と戸田のことを評している[54]

子供の頃からの憧れの投手は川上憲伸で、奇しくも、戸田も甲子園や徳島では川上と同じ背番号「11」を背負った[5]

妹の戸田ゆうなも至学館大学女子硬式野球部に所属する野球選手で、2022年には、翌年に創設される読売巨人軍の女子チームのトライアウトを受験した[55]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 巨人 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.33
2022 14 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 104 22.0 33 6 6 0 1 15 1 0 17 16 6.55 1.77
通算:2年 17 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 116 25.0 36 6 7 0 1 15 1 0 17 16 5.76 1.72
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2021 巨人 3 1 0 0 0 1.000
2022 14 2 2 0 1 1.000
通算 17 3 2 0 1 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB初記録

独立リーグでの投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 徳島 17 0 0 0 0 1 0 5 0 1.000 74 19.1 7 0 12 - 0 21 1 0 0 0 0.00 0.98
2020 18 17 3 2 1 9 5 0 0 .643 447 116.1 79 3 21 - 2 139 9 0 21 16 1.44 0.86
通算:2年 35 17 3 2 1 10 5 5 0 .667 521 135.2 86 3 33 - 2 160 10 0 21 16 1.06 0.88
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでのタイトル・表彰[編集]

  • 最多勝利(2020年)
  • 最多奪三振(2020年)
  • ベストナイン(投手部門:2020年)
  • 年間MVP(2020年)

背番号[編集]

  • 11(2019年 - 2020年)
  • 020(2021年 - 同年6月6日)
  • 90(2021年6月7日 - 2022年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月23日閲覧。
  2. ^ 戸田懐生(読売ジャイアンツ)” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年6月8日閲覧。
  3. ^ a b “徳島戸田懐生は巨人育成7位 東海大菅生4強→中退”. 日刊スポーツ. (2020年10月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010260000522.html 2020年10月28日閲覧。 
  4. ^ 高浜少年野球クラブ 高浜軍”. 2020年3月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 寺下友徳 (2020年10月23日). “川上憲伸の「11」を背に刻む。魂の150キロ右腕 戸田懐生(徳島インディゴソックス)【時は来た!ドラフト指名を待つ男たち 独立リーグ編】”. BASEBALL GATE. https://baseballgate.jp/p/1001429/ 2020年10月25日閲覧。 
  6. ^ “【巨人】育成7位・戸田懐生が200勝宣言”. スポーツ報知. (2020年11月19日). https://hochi.news/articles/20201119-OHT1T50068.html 2020年11月21日閲覧。 
  7. ^ 愛知衣浦シニア出身選手の活躍”. 愛知衣浦リトルシニア (2017年7月29日). 2020年3月11日閲覧。
  8. ^ 衣浦リトルシニア出身 戸田懐生選手 大活躍!”. 愛知衣浦リトルシニア (2020年2月18日). 2020年3月11日閲覧。
  9. ^ a b “第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長”. 高校野球ドットコム. (2019年8月21日). https://www.hb-nippon.com/interview/1935-intvw2019/7739-20190821no1032 2020年3月11日閲覧。 
  10. ^ a b “第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長”. 高校野球ドットコム: p. 2. (2019年8月21日). https://www.hb-nippon.com/interview/1935-intvw2019/7739-20190821no1032?page=2 2020年3月11日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “四国IL徳島・戸田懐生投手 肘痛で高校退学も…昨季守護神として“再起”夢のNPB目指す”. Sponichi Annex. (2020年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/05/22/kiji/20200521s00001173505000c.html 2020年6月28日閲覧。 
  12. ^ a b “戸田 懐生(現徳島IS)、田中 幹也(現亜細亜大)らが在籍!2017年夏4強の東海大菅生ナインのその後を紹介”. 高校野球ドットコム. (2020年6月27日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/42091-bsinfo20200621007 2020年9月10日閲覧。 
  13. ^ a b c d 広尾晃 (2020年10月24日). ““隠れドラフト候補”独立リーグの4投手! 東海大菅生時代も注目、大野雄大の後輩左腕とは - 酒の肴に野球の記録”. Number Web: p. 1. https://number.bunshun.jp/articles/-/845524 2020年10月25日閲覧。 
  14. ^ 高田博史 (2020年2月19日). “【四国リーグ】戸田懐生の可能性、投手6人の継投ノーヒット・ノーランで徳島が初の実戦開始!”. Yahoo!ニュース 個人. https://news.yahoo.co.jp/byline/takatahirofumi/20200219-00163727/ 2020年3月11日閲覧。 
  15. ^ a b c d “小さな大投手・戸田 懐生(徳島インディゴソックス) NPB基準を超える「勝負の2020」はじまる”. 高校野球ドットコム. (2020年6月21日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/42088-bsinfo20200621003 2020年6月28日閲覧。 
  16. ^ a b c d 菊地高弘 (2020年10月16日). “甲子園出場後に高校中退。そこから プロを目指す「生意気な」右腕の個性”. Sportiva: p. 1. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2020/10/16/___split_117/ 2020年10月16日閲覧。 
  17. ^ “香川)四国IL、3カ月遅れで開幕 香川は白星スタート”. 朝日新聞. (2020年6月21日). https://www.asahi.com/articles/ASN6N6VB8N6NPTLC001.html 2020年6月28日閲覧。 
  18. ^ “【四国ILplus結果】戸田が10K完封で徳島が勝利!高知・石井が7回11Kで4勝目”. スポーティングニュース・ジャパン. (2020年8月22日). https://www.sportingnews.com/jp/プロ野球/news/四国ilplus結果戸田が10k完封で徳島が勝利高知石井が7回11kで4勝目/de09plo3i35p1koz5r0e05nc3 2020年9月10日閲覧。 
  19. ^ “戸田懐生(徳島インディゴソックス)がソフトバンク三軍相手に5回無失点で5勝目!これで28回連続無失点!”. 高校野球ドットコム. (2020年9月6日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/43670-bsinfo20200621003 2020年9月10日閲覧。 
  20. ^ 徳島インディゴソックス〈公式〉 [@is_official89] (2020年9月22日). "先発の戸田懐生、連続無失点イニング記録は途絶えるも7回2失点と粘りのピッチングを披露しました😌" (ツイート). Twitterより2020年10月10日閲覧
  21. ^ 徳島インディゴソックス〈公式〉 [@is_official89] (2020年9月23日). "エース 戸田懐生 連続無失点ピッチングの軌跡" (ツイート). Twitterより2020年10月10日閲覧
  22. ^ 四国アイランドリーグplus2020個人タイトル確定”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2020年10月25日). 2021年6月8日閲覧。
  23. ^ a b c d e f 【巨人育成7位】戸田懐生の徹底解説!!”. 徳島インディゴソックス (2020年10月26日). 2020年10月28日閲覧。
  24. ^ 2020年 ベストナイン確定”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2020年10月29日). 2021年6月8日閲覧。
  25. ^ 2020年 年間MVPは戸田選手(徳島IS)に決定”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2020年10月29日). 2021年6月8日閲覧。
  26. ^ 広尾晃 (2020年10月28日). “ドラフト会見密着! 広島ドラ5・行木俊&巨人育成・戸田懐生は安堵、指名漏れ3人は…独立L徳島の悲喜 - 酒の肴に野球の記録”. Number Web: p. 4. https://number.bunshun.jp/articles/-/845582?page=4 2020年10月29日閲覧。 
  27. ^ 徳島インディゴソックス〈公式〉 [@is_official89] (2020年10月26日). "【速報】 読売ジャイアンツから 育成7巡目 で 徳島インディゴソックス 戸田懐生(なつき)が指名を受けました!!" (ツイート). Twitterより2020年10月26日閲覧
  28. ^ “【巨人】育成7位の戸田懐生、仮契約「菅野さんを目標に200勝」”. スポーツ報知. (2020年11月28日). オリジナルの2020年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201127210657/https://hochi.news/articles/20201127-OHT1T50294.html 2020年12月9日閲覧。 
  29. ^ “戸田が巨人と仮契約/四国ILリポート - 野球”. 週刊ベースボールONLINE. (2020年12月8日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=024-20201214-01 2020年12月10日閲覧。 
  30. ^ 広尾晃 (2020年10月28日). “ドラフト会見密着! 広島ドラ5・行木俊&巨人育成・戸田懐生は安堵、指名漏れ3人は…独立L徳島の悲喜 - 酒の肴に野球の記録”. Number Web: p. 3. https://number.bunshun.jp/articles/-/845582?page=3 2020年10月29日閲覧。 
  31. ^ “巨人 キャンプメンバー振り分け発表 新人ではドラ1平内、ドラ4伊藤が1軍スタート”. Sponichi Annex. (2021年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/01/22/kiji/20210122s00001000338000c.html 2021年2月1日閲覧。 
  32. ^ スポーツ報知 巨人取材班 [@hochi_giants] (2021年2月4日). "戸田投手は右腕のコンディションにやや不安があるため大事を取って故障班に振り分けも、これだけ投げられるので状態は日に日にアップ" (ツイート). Twitterより2021年2月13日閲覧
  33. ^ “巻き返し狙う巨人2軍の北村拓己サヨナラ打「毎日必死にやってます」”. 日刊スポーツ. (2021年4月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104170000996.html 2021年4月22日閲覧。 
  34. ^ “【巨人】育成7位・戸田懐生が公式戦プロ初勝利 テームズの2打席連続アーチなどで10安打9得点で大勝 2軍日本ハム戦”. スポーツ報知. (2021年4月24日). https://hochi.news/articles/20210424-OHT1T50207.html 2021年4月28日閲覧。 
  35. ^ “巨人育成・戸田懐生 支配下登録向け猛アピール中!”. 高校野球ドットコム. (2021年6月4日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/47870-bsinfo20210603010 2021年6月4日閲覧。 
  36. ^ a b “巨人が投手陣を整備 育成7位戸田懐生を支配下登録、山口俊と復帰交渉へ”. 日刊スポーツ. (2021年6月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106060000935.html 2021年6月7日閲覧。 
  37. ^ 三軍投手成績(シーズン)”. 読売ジャイアンツ (2021年10月2日). 2021年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月12日閲覧。
  38. ^ “巨人が投手陣強化へ〝無敗男〟戸田を支配下登録! 上限まで残り4枠に”. 東スポWeb. (2021年6月7日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/64824 2021年6月7日閲覧。 
  39. ^ 戸田懐生投手の支配下契約について”. 読売ジャイアンツ (2021年6月7日). 2021年6月7日閲覧。
  40. ^ “巨人の育成7位・戸田懐生が支配下登録、背番号は90 「一日も早く1軍で活躍を」”. Full-Count. (2021年6月7日). https://full-count.jp/2021/06/07/post1094574/ 2021年6月7日閲覧。 
  41. ^ “巨人戸田懐生1軍初昇格「気持ちで抑えます」育成時代のTシャツ姿で汗流す”. 日刊スポーツ. (2021年6月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106110000714.html 2021年6月12日閲覧。 
  42. ^ “4日の公示 巨人が戸田懐生と炭谷銀仁朗を抹消し、桜井俊貴と岸田行倫を昇格”. Full-Count. (2021年7月4日). https://full-count.jp/2021/07/04/post1104933/ 2021年7月6日閲覧。 
  43. ^ “フレッシュ球宴 巨人から平内、戸田、平間が選出”. Sponichi Annex. (2021年6月24日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/24/kiji/20210624s00001173422000c.html 2021年6月24日閲覧。 
  44. ^ “巨人・戸田フレッシュ球宴“凱旋”登板は1回無失点 「独立リーグの時とは違う緊張感があった」”. Sponichi Annex. (2021年7月15日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/07/15/kiji/20210715s00001173526000c.html 2021年10月16日閲覧。 
  45. ^ “巨人3チーム対抗戦 原監督選定のMVPは湯浅「アピールしようと、必死にバットに当てた」”. Sponichi Annex. (2021年7月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/07/21/kiji/20210721s00001173471000c.html 2021年10月16日閲覧。 
  46. ^ “巨人戸田懐生、初の1軍登板3回2失点降板「5回までいきたかった」”. 日刊スポーツ. (2021年8月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202108040001121.html 2021年10月16日閲覧。 
  47. ^ 2021年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月16日閲覧。
  48. ^ みやざきフェニックス・リーグの参加メンバーについて”. 読売ジャイアンツ (2021年10月8日). 2021年10月16日閲覧。
  49. ^ “【巨人】みやざきフェニックス・リーグが開幕 初戦の先発は戸田懐生 秋広優人が「4番・一塁」”. スポーツ報知. (2021年10月11日). https://hochi.news/articles/20211011-OHT1T51038.html?page=1 2021年10月16日閲覧。 
  50. ^ 巨人 19年最多勝の山口俊と八百板卓丸に戦力外通告 戸田懐生は自由契約に 球団正式発表”. デイリースポーツ online (2022年10月25日). 2022年10月25日閲覧。
  51. ^ a b “巨人の育成7位 四国ILp徳島・戸田、指名あいさつ受け「早く結果を出さないと」”. デイリースポーツ online. (2020年11月4日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/11/04/0013838672.shtml 2020年11月10日閲覧。 
  52. ^ “巨人戸田懐生のダイナミックフォームの秘密、2段モーションで闘争心制御”. 日刊スポーツ. (2021年6月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202106280000729.html 2021年6月30日閲覧。 
  53. ^ 徳島インディゴソックス〈公式〉 [@is_official89] (2020年9月29日). "戸田懐生がついに!ついに!!150kmの大台到達!!!自己最速149kmから1km更新を果たした!" (ツイート). Twitterより2020年10月10日閲覧
  54. ^ a b 菊地高弘 (2020年10月16日). “甲子園出場後に高校中退。そこから プロを目指す「生意気な」右腕の個性”. Sportiva: p. 2. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2020/10/16/___split_117/index_2.php 2020年10月16日閲覧。 
  55. ^ 【巨人女子】きょうだいでG戦士なるか、戸田懐生の妹がセレクション参加”. スポーツ報知 (2022年8月14日). 2022年8月14日閲覧。
  56. ^ “巨人・戸田 “伝統の一戦”でプロデビュー、1回1安打無失点 7日に支配下選手登録されたばかり”. Sponichi Annex. (2021年6月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/18/kiji/20210618s00001173573000c.html 2021年6月19日閲覧。 
  57. ^ “【巨人】戸田懐生たどり着いた初勝利 甲子園4強も高校中退、育成7位から支配下登録つかみ取り”. 日刊スポーツ. (2022年4月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204020001019.html 2022年4月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]