直江大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
直江 大輔
読売ジャイアンツ #54
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県長野市
生年月日 (2000-06-20) 2000年6月20日(22歳)
身長
体重
185 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト3位
初出場 2020年8月23日
年俸 760万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

直江 大輔(なおえ だいすけ、2000年6月20日 - )は、長野県長野市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年から野球を始め、長野市立柳町中学校時代は中野シニアでプレー。父親と同じ松商学園高校に進学すると、1年秋からベンチ入りし、2年夏に第99回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦の盛岡大学附属高校との試合で、2番手として登板したが、3-6で敗退した。

2018年10月25日に行われた新人選手選択会議では、読売ジャイアンツから3位指名を受け、11月13日に契約金5000万円、推定年俸500万円で仮契約し(金額は推定)、その後入団した。背番号は54[2][3]。担当スカウトは木佐貫洋[3]

プロ入り後[編集]

2019年は、三軍戦が主戦場となった[4]。二軍公式戦には3試合に登板するも、0勝1敗、防御率10.80に終わった[5]。オフに、15万円増の推定年俸570万円で契約を更改し、「正直もう少しできるかなと思ってたけど、プロの厳しさ、自分の力のなさを感じた年だった」と振り返った[4]

2020年は、6月までは三軍だったが、山口鉄也会田有志の指導の下でフォークに磨きをかけると奪三振率が向上[6]。5試合の登板で防御率0.90と好投し[7]、同月末からは二軍へ昇格[6]。二軍公式戦では4試合の登板で1勝2敗、防御率6.00の成績を残し、8月23日に一軍初昇格を果たすと[8]、同日の対広島東洋カープ12回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で初登板・初先発[9]。4回1失点で勝敗はつかなかった[9]。一軍では一度の登録抹消を挟んで3試合に先発登板するも、いずれも5回を投げ切れず、この年にプロ初勝利はならなかった。2度目の登録抹消後、持病のヘルニアにより下半身のしびれが強くなったことから、9月28日、腰椎間板ヘルニアの手術を受けることが発表された[6][10]。球団は直江を治療に専念させるため、育成選手契約に移行させることを視野に入れて、11月19日には自由契約にすることを発表した[11]。12月2日に自由契約公示[12]。同8日の契約更改で、予定通り育成選手として再契約を結び、背番号は054になった。育成選手契約への移行でありながら、180万円増の推定年俸750万円となった[13]

2021年は、3月24日のプロ・アマ交流戦で実戦復帰を果たし[14]、6月24日の二軍戦では3安打完封勝利を挙げた[15]。6月28日に、支配下選手契約を結んだことが発表され[16]、背番号も前年までの54に戻ることとなった[16]。同30日に支配下復帰後、初の一軍昇格を果たすと[17]、7月1日の対広島14回戦で、リリーフとして復帰登板を果たし、7回から9回までをパーフェクトに抑えプロ初セーブを挙げた[18]

選手としての特徴[編集]

最速150km/hのストレートと[19]、スライダー、チェンジアップ、カーブなど多彩な変化球とのコンビネーションが特徴[20]。2020年はチェンジアップを封印し、フォークボールを投げている[6]

原辰徳監督からは「プロ野球選手として一番大事な闘争本能、強気、魂を持っている」と評価されている[6]

人物[編集]

父親は松商学園高校のエースとして甲子園に春夏計3回出場し、明治神宮大会にも優勝している直江晃[21]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 巨人 3 3 0 0 0 0 0 0 0 ---- 49 12.0 10 2 3 0 1 11 0 0 4 4 3.00 1.08
2021 4 3 0 0 0 0 1 1 0 .000 51 11.0 15 1 4 0 2 4 0 0 6 6 4.91 1.73
通算:2年 7 6 0 0 0 0 1 1 0 .000 100 23.0 25 3 7 0 3 15 0 0 10 10 3.91 1.39
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 巨人 3 0 2 0 0 1.000
2021 4 3 1 0 0 1.000
通算 7 3 3 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2020年8月23日、対広島東洋カープ12回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、3回表に遠藤淳志から空振り三振

背番号[編集]

  • 54(2019年 - 2020年、2021年6月28日 - )
  • 054(2021年 - 同年6月27日)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月27日閲覧。
  2. ^ “プロ野球:ドラフト 松商・直江投手、巨人と仮契約 /長野”. 毎日新聞. (2018年11月14日). https://mainichi.jp/articles/20181114/ddl/k20/050/214000c 2020年12月9日閲覧。 
  3. ^ a b 巨人3位直江の背番は槙原の54「自分も一時代を」”. 日刊スポーツ (2018年11月13日). 2021年3月27日閲覧。
  4. ^ a b “巨人・直江 15万円増でサイン オフは菅野への弟子入り志願「一流の考え方をすべて自分のものに…」”. Sponichi Annex. (2019年11月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/22/kiji/20191122s00001173252000c.html 2020年12月9日閲覧。 
  5. ^ 2019年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年12月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e “【巨人】直江大輔、今季中に手術 来季フル回転へ「ヘルニア」持ちの腰治療に専念”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年9月29日). https://hochi.news/articles/20200929-OHT1T50009.html 2020年9月29日閲覧。 
  7. ^ 三軍投手成績”. 読売ジャイアンツ. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月9日閲覧。
  8. ^ “23日の公示 巨人が直江大輔、桜井俊貴を登録 高卒2年目の直江はプロ初登板初先発”. Full-Count. (2020年8月23日). https://full-count.jp/2020/08/23/post872583/ 2020年12月9日閲覧。 
  9. ^ a b c “【巨人】今季初同一カード3連敗 9回2死満塁一打逆転のチャンスも…写真で振り返る広島戦”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年9月23日). https://hochi.news/articles/20200823-OHT1T50198.html 2020年9月29日閲覧。 
  10. ^ “【巨人】若手のホープ・直江大輔がヘルニア手術「2か月で投球可能」…馬見塚・整形外科専門医の見解”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年9月29日). https://hochi.news/articles/20200929-OHT1T50014.html 2020年9月29日閲覧。 
  11. ^ “来季の契約について”. 公式サイト (読売ジャイアンツ). (2020年11月19日). https://www.giants.jp/G/gnews/news_3915457.html 2020年11月19日閲覧。 
  12. ^ 自由契約選手 | 2020年度公示”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年12月9日閲覧。
  13. ^ “巨人・直江は180万増でサイン 10月に手術で育成から再出発 球団から「新人王を…」”. Sponichi Annex. (2020年12月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/08/kiji/20201208s00001173387000c.html 2020年12月9日閲覧。 
  14. ^ 巨人直江が実戦復帰 プロ・アマ交流戦で2回2失点”. 日刊スポーツ (2021年3月25日). 2021年6月30日閲覧。
  15. ^ 【巨人】直江大輔が2軍戦でプロ初完投初完封「もう一度支配下に戻って1軍の戦力になれるように」”. スポーツ報知 (2021年6月24日). 2021年6月30日閲覧。
  16. ^ a b 支配下復帰の巨人直江大輔「手術から8カ月、ようやく戻ることができた」”. 日刊スポーツ (2021年6月28日). 2021年6月30日閲覧。
  17. ^ “巨人直江大輔投手が1軍合流 28日に支配下に復帰”. 日刊スポーツ. (2021年6月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106300000343.html 2021年6月30日閲覧。 
  18. ^ a b c 巨人直江大輔3回完全でプロ初セーブ「よっしゃー!」6月28日支配下復帰”. 日刊スポーツ (2021年7月1日). 2021年7月2日閲覧。
  19. ^ 【巨人】直江大輔が最速150キロをマーク 7回途中3失点「今後もアピールできるように」”. スポーツ報知 (2021年6月17日). 2021年6月30日閲覧。
  20. ^ 巨人・直江大輔が持つ投手としての「品」と「牙」。高校最後の夏に見せた熱投”. web Sportiva (2020年8月30日). 2021年7月2日閲覧。
  21. ^ 巨人D3位・直江、甲子園2勝の父は決してスパルタではなかった”. サンスポ.com (2018年11月16日). 2019年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]