大江竜聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大江 竜聖
読売ジャイアンツ #64
Giants oe64.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県座間市
生年月日 (1999-01-15) 1999年1月15日(23歳)
身長
体重
173 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト6位
初出場 2019年3月29日
年俸 2310万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大江 竜聖(おおえ りゅうせい、1999年1月15日 - )は、神奈川県座間市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東原小学校時代に軟式野球を始める。座間南中学校では、横浜ヤング侍に所属していた[2]

高校は二松學舍大学附属高等学校に進学。1年時から控えとしてベンチ入りし、主にリリーフとして登板。同校の全国高等学校野球選手権大会初出場に貢献した。翌年の選抜高等学校野球大会にも出場し、松山東高等学校相手に16奪三振の力投を見せるも試合には敗れた[3]

2016年10月20日に行われたドラフト会議では、読売ジャイアンツから6位指名を受け、11月16日に契約金3000万円、年俸480万円で入団に合意した[4]。背番号は64[4]。担当スカウトは吉武真太郎[5]

巨人時代[編集]

2017年は、高卒ルーキーながらシーズン途中から二軍の先発ローテーションに加わり、12試合の登板で4勝3敗、防御率2.30の成績を残した[6]。オフに、20万円増の推定年俸500万円で契約を更改した[7]

2018年も一軍昇格がなかった。二軍では18試合に登板し3勝7敗、防御率4.58の成績であった[8]。オフに、60万円増の推定年俸560万円で契約を更改した[9]

2019年は、春季キャンプを一軍でスタートすると[10]、そのまま開幕一軍入りも果たした[11]。しかし、4月15日に二軍降格となり[12]、これ以降の一軍昇格はなかった。最終的に8試合の登板に終わり、0勝0敗1ホールド、防御率6.75を記録。二軍では、23試合に登板し、2勝4敗、防御率5.06を記録した[13]。オフに、60万円増の推定年俸620万円で契約を更改した[14]

2020年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大で開幕が延期となり、個人調整期間中であった4月に宮本和知投手チーフコーチの勧めで投法オーバースローからサイドスローに転向した[15][16]。開幕一軍は果たせなかったが、7月24日に一軍登録されると救援陣の中でも主にワンポイントリリーフとしてフル回転し、高梨雄平中川皓太大竹寛と共に盤石リリーフ陣を形成した。最終的に43試合の登板で3勝0敗9ホールド、防御率3.11を記録するなど、飛躍の年となった。オフに、1580万円増となる推定年俸2200万円で契約を更改した[17]

2021年は、春季キャンプを一軍で迎えたが、2月16日に右太もも裏を痛めて離脱[18][19]。怪我の影響で開幕一軍入りを逃したが、開幕直後の4月6日に一軍登録され、同日にシーズン初登板を果たした[20]。最終的に47試合登板、13ホールドのキャリアハイの成績を残した。12月14日に600万円増の推定年俸2800万円で契約を更改した[21]

2022年は、5月1日に一軍登録されるものの3試合に登板するのみで5月7日に登録抹消されると再び一軍に昇格することはないままシーズンを終えた。11月26日に490万円減の推定年俸2310万円で契約を更改した[22]

選手としての特徴[編集]

高校時代の最速は149km/h[23]。プロ入り後の2020年に習得した、プレートの左端に立って体を左方向に曲げながら左サイドスローで投げる変則投法が特徴。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 巨人 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 49 10.2 13 3 3 1 0 7 1 0 9 8 6.75 1.50
2020 43 0 0 0 0 3 0 0 9 1.000 156 37.2 21 5 22 1 5 30 0 0 15 13 3.11 1.14
2021 47 0 0 0 0 0 0 0 13 ---- 145 33.0 29 2 17 1 2 23 0 0 16 15 4.09 1.39
2022 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 5.1 5 1 3 0 1 5 0 0 2 1 1.69 1.50
通算:4年 101 0 0 0 0 3 0 0 23 1.000 376 86.2 68 11 45 3 8 65 1 0 42 37 3.84 1.30
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 巨人 8 0 4 0 0 1.000
2020 43 0 9 0 1 1.000
2021 47 4 8 0 0 1.000
2022 3 0 3 0 0 1.000
通算 101 4 24 0 1 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 64(2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月26日閲覧。
  2. ^ 横浜ヤング侍 OB紹介”. 横浜ヤング侍公式ホームページ. 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ 二松学舎大付・大江、雰囲気のまれた後手後手5失点”. 日刊スポーツ (2015年3月26日). 2019年2月17日閲覧。
  4. ^ a b 巨人、D6指名の大江と合意 契約金3000万円”. サンケイスポーツ (2016年11月16日). 2019年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。
  5. ^ 2016年プロ野球ドラフト会議指名選手、担当スカウトたちのコメント一挙公開”. ベースボールチャンネル (2016年10月21日). 2021年3月21日閲覧。
  6. ^ 2017年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年4月29日閲覧。
  7. ^ 巨人 - 2018年度契約更改”. サンケイスポーツ. 2017年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月29日閲覧。
  8. ^ 2018年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年4月29日閲覧。
  9. ^ 巨人原監督期待の大江は60万円増「来季こそ1軍」”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2019年3月18日閲覧。
  10. ^ 巨人D1・高橋、3年目の高田&大江が春季キャンプ1軍スタート”. SANSPO.COM(サンスポ). サンケイスポーツ (2019年1月21日). 2019年3月18日閲覧。
  11. ^ 阿部、中島、炭谷ら/巨人開幕1軍メンバー”. 日刊スポーツ (2019年3月28日). 2021年3月21日閲覧。
  12. ^ 巨人畠、ソフトバンク福田ら抹消/15日公示”. 日刊スポーツ (2019年4月15日). 2021年3月21日閲覧。
  13. ^ 2019年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年4月29日閲覧。
  14. ^ 巨人・大江は60万円増の620万円「球速アップを目指す」”. スポニチ (2019年11月18日). 2021年3月21日閲覧。
  15. ^ 【巨人】大江竜聖、プロ初勝利…サイド転向から3か月、緊急事態を救った1回無安打0封”. スポーツ報知 (2020年8月1日). 2021年3月21日閲覧。
  16. ^ 巨人・大江竜聖投手 サイドスロー転向で飛躍の予感/中継ぎ投手の戦い”. 週刊ベースボールONLINE (2020年8月14日). 2020年10月15日閲覧。
  17. ^ “巨人大江1580万円増「サイドにして良かった」”. 日刊スポーツ. (2020年12月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012160000841.html 2020年12月16日閲覧。 
  18. ^ 【巨人】大江竜聖、1軍復帰へ先輩サイド左腕手本に進化「真っすぐもスライダーも勝負球に使えました」”. スポーツ報知 (2021年4月5日). 2021年4月29日閲覧。
  19. ^ 巨人大江が帰京 ベーランで右太もも裏の張り”. 日刊スポーツ (2021年2月18日). 2021年4月29日閲覧。
  20. ^ 【巨人】大江竜聖、1軍昇格後即登板…右太もも裏の張りから復帰”. スポーツ報知 (2021年4月6日). 2021年4月29日閲覧。
  21. ^ 巨人大江竜聖600万増「後半スタミナ足りなかった」来季60試合登板目標”. 日刊スポーツ (2021年12月14日). 2022年11月28日閲覧。
  22. ^ 【巨人】大江竜聖490万円ダウン「来年こそは何が何でも」登板3試合と激減 不振の理由語る” (2022年11月26日). 2022年11月26日閲覧。
  23. ^ ドラフト 二松学舎大付・大江、巨人6位に喜び 「誰よりも努力」成長誓う”. 産経ニュース (2016年10月21日). 2021年3月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]