谷岡竜平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷岡 竜平
読売ジャイアンツ #040
Giants tanioka40.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県和光市
生年月日 (1996-03-21) 1996年3月21日(26歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト3位
初出場 2017年4月1日
年俸 835万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷岡 竜平(たにおか たっぺい、1996年3月21日 - )は、埼玉県和光市出身[2]プロ野球選手投手育成選手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

父の影響で8歳から白小クラブ(和光市)で野球を始める[3]。中学時代は和光リトルシニアに所属していた。

成立学園高等学校に進学した[4]。同校の2年生となった2012年の第94回全国高等学校野球選手権大会に出場した。

高校卒業後は東芝に入社。2年目の都市対抗野球大会で白星を挙げ、3年目の西関東予選でも主戦でチームの8年連続出場に貢献。東芝には3年間在籍した。背番号は29だった。2016年のドラフト会議読売ジャイアンツからドラフト3位指名を受け、契約金6000万円、年俸1000万円で入団に合意した[5][6]。背番号は40[5]。担当スカウトは青木高広[7]

巨人時代[編集]

2017年、オープン戦の途中で一軍に昇格すると、オープン戦初登板となった3月8日の中日ドラゴンズ戦で1回無失点の好投を見せ[8]、ドラフト4位の池田駿と共に開幕一軍入り[9]。4月1日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板し、2回を無失点に抑える。4月13日に一軍出場選手登録を抹消された。二軍公式戦においては、33試合に登板し、4勝2敗、防御率2.98の成績を残す[10]。11月25日から台湾で開催されるアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出された[11]。オフに、160万円減の推定年俸840万円で契約を更改した[12]

2018年、2年連続で開幕一軍入り[13]。5月30日の北海道日本ハムファイターズ戦に4回から登板し、1回1/3を無失点に抑えてプロ初勝利を挙げた[14]。その後も中継ぎとして登板を重ね、最終的に25試合に登板し、2勝1敗2ホールド、防御率5.76を記録。オフに、660万円増の推定年俸1500万円で契約を更改した[13]

2019年は春期キャンプの一軍メンバー入りが内定していたものの、直前の自主トレ中にブルペン入りした際に右肩を負傷し、病院で右肩関節唇損傷と診断された。手術せずに保存療法で復帰を目指すも状態が上がらず9月24日に右肩ベネット骨棘切除術を受けた[15][16]。リハビリに時間を要する見込みとなったことから、10月1日に育成選手への移行を前提とした自由契約が通達された[15][17]。11月21日、500万円減の推定年俸1000万円で育成選手として再契約した[18]。背番号は013に変更された[19]

2020年はシーズンの大半をリハビリに費やし、8月24日、三軍の東京国際大学とのプロ・アマ交流戦で実戦復帰[20]。その後、9月30日のイースタン・リーグ東北楽天戦で2年ぶりに公式戦に復帰登板を果たした[21]。オフに、175万円減の推定年俸825万円で契約を更改[22]。背番号が040に変更された[22]

2021年はイースタン・リーグ公式戦38試合に登板し、防御率1.30と好成績を維持していたが[23]、シーズン中の支配下登録とはならなかった。オフに制度上、一度自由契約となったが[24]、12月9日に10万円増の推定年俸835万円で育成選手として再契約した[25]

2022年は春季キャンプを一軍で迎え、オープン戦にも登板。開幕後はイースタン・リーグ公式戦18試合に登板し、4セーブ、防御率1.59と好成績を残していたが、戦線を離脱。5月30日に神奈川県内の病院で右肘のクリーニング術を受け、故障班に合流してリハビリを進めることとなった[26]

選手としての特徴・人物[編集]

最速150km/hのストレートや、ツーシームファストを投げ、フォークボールもあり、スライダーでも空振りを取れるとされている[27][4][28]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 巨人 5 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 36 6.0 12 1 8 0 0 7 1 0 8 8 12.00 3.33
2018 25 0 0 0 0 2 1 0 2 .667 117 25.0 26 1 16 2 0 25 4 0 17 16 5.76 1.68
NPB:2年 30 1 0 0 0 2 2 0 2 .500 153 31.0 38 2 24 2 0 32 5 0 25 24 6.97 2.00
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 巨人 5 0 2 0 1 1.000
2018 25 2 5 1 0 .875
通算 30 2 7 1 1 .900
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40(2017年 - 2019年)
  • 013(2020年)
  • 040(2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月10日閲覧。
  2. ^ 東京新聞:県出身4選手がドラフト指名 夢の舞台へ喜び爆発:埼玉(TOKYO Web)”. 東京新聞Web (2016年10月21日). 2016年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  3. ^ プロフィール 谷岡竜平 選手紹介 東芝野球部”. 東芝スポーツ. 2015年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月28日閲覧。
  4. ^ a b 読売ジャイアンツのドラフト - ドラフト会議 2016”. 日刊スポーツ. 2016年12月26日閲覧。
  5. ^ a b 巨人、ドラフト3位の谷岡と合意”. デイリースポーツ online (2016年11月18日). 2021年8月30日閲覧。
  6. ^ 巨人ドラ3谷岡が仮契約 亡き祖父との約束、東京Dで雄姿を”. スポーツニッポン (2016年11月19日). 2021年3月31日閲覧。
  7. ^ 2016年プロ野球ドラフト会議指名選手、担当スカウトたちのコメント一挙公開”. ベースボールチャンネル (2016年10月21日). 2021年3月31日閲覧。
  8. ^ 巨人ドラ3谷岡、1軍初登板0封 関西遠征に同行へ”. 日刊スポーツ (2017年3月8日). 2021年3月31日閲覧。
  9. ^ プロ野球2017年シーズン「開幕一軍」全選手まとめ”. BASEBALL KING (2017年3月29日). 2021年3月31日閲覧。
  10. ^ 2017年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月19日閲覧。
  11. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  12. ^ 巨人今村は300万円減、若手中心28選手と更改”. 日刊スポーツ (2017年11月20日). 2021年3月31日閲覧。
  13. ^ a b 巨人谷岡竜平660万円増「調子の波をなくしたい」”. 日刊スポーツ (2018年11月27日). 2021年3月31日閲覧。
  14. ^ 巨人・谷岡 祖父にささげるプロ初勝利「活躍すると約束した」”. スポニチアネックス (2018年5月31日). 2021年3月31日閲覧。
  15. ^ a b 【巨人】谷岡が育成契約へ 9月に右肩ベネット手術「来年1年が勝負」”. スポーツ報知 (2019年10月1日). 2021年3月31日閲覧。
  16. ^ 【巨人】谷岡竜平、右肩関節唇損傷から1年半ぶりブルペンで25球 育成選手から復活へ前進”. スポーツ報知 (2020年5月30日). 2021年3月31日閲覧。
  17. ^ 巨人が森福、坂本工、アダメスら6選手を戦力外 谷岡ら7選手を自由契約”. デイリースポーツ (2019年10月1日). 2021年3月31日閲覧。
  18. ^ 巨人・谷岡 500万円減で育成再契約「キャンプまでには投げられるように」”. スポーツニッポン (2019年11月21日). 2021年3月31日閲覧。
  19. ^ 背番号大シャッフル!巨人が背番号変更を発表”. BASEBALL KING (2019年12月10日). 2021年3月31日閲覧。
  20. ^ “【巨人】谷岡竜平、649日ぶり実戦で1回0封”. スポーツ報知. (2020年8月24日). https://hochi.news/articles/20200824-OHT1T50013.html?page=1 2022年8月3日閲覧。 
  21. ^ 【巨人】谷岡竜平、2年ぶり公式戦登板で1回0封…右肩痛から復帰”. スポーツ報知 (2020年10月1日). 2021年2月14日閲覧。
  22. ^ a b 巨人谷岡は175万円減「野球ができる喜びを実感」”. 日刊スポーツ (2020年12月8日). 2021年3月31日閲覧。
  23. ^ 2021年度 読売ジャイアンツ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月5日閲覧。
  24. ^ “巨人松井義弥らが戦力外、育成谷岡竜平、山下航汰らは再契約へ”. 日刊スポーツ. (2021年10月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110040000877.html 2021年10月5日閲覧。 
  25. ^ “【巨人】谷岡竜平、10万円増835万円で育成再契約 今季2軍で防1・30”. スポーツ報知. (2021年12月9日). https://hochi.news/articles/20211209-OHT1T51230.html 2022年3月14日閲覧。 
  26. ^ “【巨人】育成右腕・谷岡竜平が右肘のクリーニング術を受け、無事終了”. スポーツ報知. (2022年6月1日). https://hochi.news/articles/20220601-OHT1T51150.html?page=1 2022年8月3日閲覧。 
  27. ^ ドラフト1位で中京学院大・吉川尚輝内野手の交渉権獲得、計7選手を指名”. 読売巨人軍公式サイト (2016年10月20日). 2016年12月28日閲覧。
  28. ^ 巨人D3・谷岡、テンポも歩くスピードも速い!”. サンケイスポーツ (2016年11月8日). 2021年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]