高山竜太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山 竜太朗
読売ジャイアンツ #010
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1995-02-21) 1995年2月21日(24歳)
身長
体重
186 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト6位
年俸 370万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高山 竜太朗(たかやま りゅうたろう、1995年2月21日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身[2]プロ野球選手捕手育成選手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

鹿児島工業高等学校では、7番・捕手で出場した2年生の夏の第93回全国高等学校野球選手権鹿児島大会、5番・捕手で出場した3年生の夏の第94回全国高等学校野球選手権鹿児島大会において準々決勝に進出した[3][4]

高校卒業後は、福岡県福岡市九州産業大学に進学し硬式野球部に入部。高良一輝(現:北海道日本ハムファイターズ)とバッテリーを組み、3、4年生時には全日本大学野球選手権に2年連続の出場を果たす[2]

2016年10月20日、プロ野球ドラフト会議において読売ジャイアンツから育成選手ドラフト6巡目指名され、11月19日、支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)で契約合意に達し[5]、同月23日に東京ドームで新入団選手発表が行われた[6]。背番号は010

プロ入り後[編集]

2017年は三軍の試合にのみ出場。81試合に出場し、打率.179、5本塁打、21打点の成績を残す。100打席以上立った巨人三軍選手の中では、高卒1年目の加藤脩平(.177)に次ぐ低打率だった。

選手としての特徴[編集]

二塁到達で最速1秒79の鉄砲肩。平均で1秒8台後半から1秒9台前半の記録をもつ。顔はバスケットボール並みの大きさである。[2]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 010 (2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c 【巨人】育成6位・高山、強肩+古田流送球術ではい上がる”. スポーツ報知 (2017年2月10日). 2017年8月6日閲覧。
  3. ^ 第93回全国高校野球選手権鹿児島大会 鹿屋中央―鹿児島工(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2011年7月20日). 2017年8月6日閲覧。
  4. ^ 第94回全国高校野球選手権鹿児島大会 神村学園―鹿児島工(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2012年7月24日). 2017年8月6日閲覧。
  5. ^ 巨人が育成5位松原、6位高山ともに240万で合意”. 日刊スポーツ (2016年11月19日). 2017年8月6日閲覧。
  6. ^ 東京ドームで新入団選手発表、15選手が4万人のファンにあいさつ”. 読売巨人軍公式サイト (2016年11月23日). 2017年8月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]