吉川尚輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉川 尚輝
読売ジャイアンツ #2
Gk ryoDSC 9054.jpg
2018年4月7日 明治神宮野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県羽島市
生年月日 (1995-02-08) 1995年2月8日(27歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年5月14日
年俸 7000万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉川 尚輝(よしかわ なおき、1995年2月8日 - )は、岐阜県羽島市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。2023年シーズンから副キャプテン。

経歴[編集]

プロ小学生から軟式野球を始め、中学生になると父が監督を務める羽島フジクラブ(現在の岐阜南ボーイズ)にて硬式野球を始める[2]。中学時代は卓球部に所属。中京高校では1年夏から三塁手のレギュラーに定着し、秋からは遊撃手を守る[2]

吉川は、当初は亜細亜大学に進学する予定であったが、入学前に参加した野球部の練習が合わずに入部を取りやめ、地元の中京学院大学に進学した[3]。1年春からリーグ戦に出場し、秋にベストナインを受賞[2]。4年春には第65回全日本大学野球選手権大会に出場し、中京学院大学は初出場で優勝した[4]。同年に開催された第40回日米大学野球選手権大会の日本代表にも選出された[5]

2016年10月20日に行われたドラフト会議にて田中正義佐々木千隼の重複指名による抽選で交渉権を逃した読売ジャイアンツから外れ外れ1位指名され[2]、中京学院大学初のドラフト1位選手となった[6]。11月14日に最高条件となる契約金1億円+出来高払い5000万円・年俸1500万円で合意した(金額は推定)。背番号は「0[7]。担当スカウトは藤本茂喜[8]。同僚には同姓の吉川大幾吉川光夫がいたことから、スコアボードなどには「吉川尚」と表記されることとなった。

巨人時代[編集]

2017年は、上半身のコンディション不良で新人合同自主トレは別メニュー、春季キャンプも三軍スタートで二軍昇格は3月だった。イースタン・リーグでは30試合に出場した時点で打率.187、0本塁打だったが、守備と足を期待され、5月9日に一軍に昇格した[9][10]。5月14日の広島東洋カープ戦で代打で一軍デビュー[11]。5月17日の東京ヤクルトスワローズ戦ではプロ初先発出場も果たしたが、初安打を放つまでには至らなかった[12]。7月13日に草薙球場で行われたフレッシュオールスターゲーム2017において、イースタン選抜として出場した[13]。その後2度の二軍降格を経て夏から二軍で打撃の調子を上げていった後9月下旬に3度目の一軍昇格を果たし、シーズン最終戦の10月3日に、「二番・二塁」でスタメン出場し、第1打席でプロ初安打を記録すると2打席目、3打席目も安打を放ちプロ初の猛打賞も記録、また二安打目の出塁後には二塁への盗塁も成功させた[14]。11月25日から台湾で開催されたアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出された[15]。オフに、200万円減の推定年俸1300万円で契約を更改した[16]

2018年は、シーズン前から球団首脳や先輩選手たちが期待の言葉を口に出すなど、キャンプから二塁手のレギュラー筆頭とされ、開幕一軍を勝ち取ると、開幕戦は「2番・二塁」として開幕スタメン出場を果たした。5月13日の中日ドラゴンズ戦では松坂大輔からプロ初本塁打を放つと好守も随所にも見せた[17]。交流戦から調子を落としスタメンから外されることもあったものの、スタメン復帰すると課題とされた打撃面でも活躍を見せ始め、坂本勇人の離脱後は遊撃手に回りながら7月には月間打率.386を記録した。8月1日の横浜DeNAベイスターズ戦で6回の打席で内野安打を放ち、18試合連続安打となったものの、一塁にヘッドスライディングした際に左手支柱骨を骨折し、負傷交代となった[18][19]。翌日登録抹消されると、固定ボルトを埋め込む手術を受け[19]、シーズン終了まで一軍復帰はなかった。10月23日、フェニックスリーグで実戦復帰した[20]。オフに、1500万円増の推定年俸2800万円で契約を更改した[21]

2019年は、開幕戦から1番打者として起用され、11試合で打率3割9分を記録し、開幕ダッシュ成功の原動力になった。しかし春季キャンプ中から抱えていた腰痛が悪化し、4月12日にスタメンを外れ、2日後には出場選手登録を抹消された[22]。その後腰のリハビリが長引き、腰への負担を減らすためにも外野守備にも挑戦[23]。実戦復帰戦となった8月29日の三軍戦では「9番・レフト」として出場した[23]。一軍にはレギュラーシーズン最後まで復帰できず11試合の出場に留まった。オフに、500万円減の推定年俸2300万円で契約を更改[24]。背番号を「29」へ変更した[25]

2020年新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れたが、6月19日の阪神タイガースとの開幕戦(東京ドーム)での7回裏に岩崎優から逆転2点本塁打を放ち、チームの通算6,000勝に花を添えた[26]。中盤からは主に1番・二塁として定着し、最終的には自己最多の112試合に出場、打率.274、8本塁打、32打点、11盗塁を記録。プロ4年目にして初めてシーズン通して一軍に帯同し、初の規定打席にも到達した[注 1]。オフに、1000万円増の推定年俸3300万円で契約を更改した[27]

同姓の同僚であった吉川光夫は2019年途中にトレードで退団しており、2020年オフには吉川大幾が引退したため、2021年からはプロ入り後初めてマスメディア表記が「吉川」となることとなった。スコアボード表記も開幕時は「吉川」であったが、4月3日のヤクルト戦(東京ドーム)より「吉川尚」表記と場内アナウンスのフルネーム呼称に戻った。

2021年6月10日、オリックス・バファローズ3回戦(京セラドーム大阪)で1回の第1打席に左手に山﨑福也から死球を受け、負傷交代。病院で精密検査の結果、左手中指末節骨骨折、左手中指爪根脱臼と診断された[28]。8月13日に一軍復帰して[29]、最終的に108試合に出場。規定打席に届かなかったが、打率.272、5本塁打、25打点、7盗塁(盗塁死は0)を記録[30]。オフに400万円増の推定年俸3700万円で契約を更改し、背番号を「2」 に変更した[31]

2022年5月4日、対広島戦で8回表に黒原拓未から死球を受け、担架で運ばれて退場した[32]。その後の検査で肩甲骨の骨挫傷であると判明した[33]。その後、負傷後初実戦となった15日のイースタン・リーグ西武戦では、いきなり4安打を放ち、17日、宇都宮で行われた広島戦で早期一軍復帰した[34]。そのまま一軍に定着し、自己最多の132試合に出場。2年ぶりの2回目の規定打席到達、打率.277、7本塁打、31打点、16盗塁を記録した。同年11月23日に行われたファンフェスタにて、23年シーズンから副主将になることが発表[35]。12月6日には3300万円アップの7000万円で契約を更改した[36]

人物[編集]

  • 学生時代は学業と練習の一方、スーパーとカー用品店のアルバイトを掛け持ちしていた[37]。吉川は後年、「お金の大切さ、1万円を稼ぐ大変さが身をもって分かった」と当時を振り返っている[38]
  • 打撃面では秋山翔吾に「ここ5年間で216本以上安打を打ってシーズン最多安打を更新する選手がいたとすれば吉川(尚輝)が一番近い」と評価を受けている[39]
  • 坂本勇人という不動の遊撃手がいるチーム事情から二塁手としての出場が多いが、井端弘和には「彼の持ち味がより生かせるのはショート」「日本球界の未来を担うショート」と評価されている[40]。二塁手としては捕球後の送球に課題があると井端に指摘されている[40]
  • 座右の銘は「結果が全て」[41]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 巨人 5 12 11 1 3 0 0 0 3 0 1 0 1 0 0 0 0 2 0 .273 .273 .273 .545
2018 92 355 316 51 80 16 3 4 114 29 11 4 13 2 19 0 5 61 5 .253 .304 .361 .665
2019 11 46 41 7 16 1 0 0 17 3 1 2 2 0 3 0 0 4 1 .390 .432 .415 .847
2020 112 389 354 47 97 16 2 8 141 32 11 3 2 0 30 4 3 60 6 .274 .336 .398 .734
2021 108 329 305 35 83 13 1 5 113 25 7 0 3 2 17 2 2 48 4 .272 .313 .370 .683
2022 132 567 516 64 143 20 6 7 196 31 16 7 10 1 32 0 8 53 6 .277 .329 .380 .708
通算:6年 460 1698 1543 205 422 66 12 24 584 120 47 16 31 5 101 6 18 228 22 .273 .325 .378 .703
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 遊撃
























2017 巨人 2 5 7 0 2 1.000 -
2018 71 155 199 3 41 .992 19 26 57 2 7 .976
2019 11 21 37 4 9 .935 -
2020 104 183 242 3 51 .993 16 17 20 1 4 .974
2021 99 170 222 3 41 .992 8 4 10 1 2 .933
2022 132 298 421 11 83 .985 1 0 1 0 1 1.000
通算 419 832 1128 24 227 .988 44 47 88 4 14 .971
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 0(2017年 - 2019年)
  • 29(2020年 - 2021年)
  • 2(2022年 - )

登場曲[編集]

  • 「オレガヤレバ」寿君(2017年 - )
  • 「Gashina」SUNMI(2018年開幕 - 7月上旬まで、2020年途中)
  • 「Makes Me Right」MIHIRO ~マイロ~(2018年途中)
  • 「DDU-DU DDU-DU -KR Ver.-」BLACKPINK(2018年 - 2019年)
  • 「THE RED MAGIC BEYOND」AK-69(2019年 - 2020年途中)
  • 「Winner」寿君(2020年)
  • 「Change My Life (Remix) feat. Inman」B Free(2021年途中)
  • 「GAH GA」APOLLO(2020年途中)
  • 「Yessir feat. Eric.B.Jr.」¥ellow Bucks(2020年途中 - 2021年閉幕)
  • 「We Know It feat. MC Tyson」¥ellow Bucks(2020年途中 - 2021年途中)
  • 「OH feat. 清水翔太, OZworld」CrazyBoy(2021年途中)
  • 「konomama」DOBERMAN INFINITY(2021年途中 - )
  • 「Dream Maker feat. VIGORMAN, OZworld a.k.a. R'kuma」DJ RYOW(2020年途中)
  • 「Never Change」DOBERMAN INFINITY(2021年途中)
  • 「Who Ride Wit Us feat. Daz Dellinger」Kurupt(2022年開幕 - 途中)
  • 「Disco Inferno」50 Cent(2022年途中)
  • 「SAY YEAH!!」DOBERMAN INFINITY(2022年開幕 - )
  • 「Too Funny feat. Playsson」¥ellow Bucks & Tee(2022年途中)
  • 「Stronger」Kanye West(2022年途中)
  • 「Contact feat. Tyga」Wiz Khalifa(2022年途中)
  • 「GIOTFF feat. JP THE WAVY」¥ellow Bucks(2022年途中)
  • 「いつか」DOBERMAN INFINITY(2022年途中 - )
  • 「Crank That (Soulja Boy)」Soulja Boy Tell'em(2022年途中)
  • 「Ride With Me」¥ellow Bucks(2022年途中)
  • 「Money Maker feat. Daiki Blunt」¥ellow Bucks(2022年途中 - )
  • 「Watch Out」¥ellow Bucks(2022年途中 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 巨人生え抜きの二塁手が100試合以上に出場して規定打席に到達したのは2005年の仁志敏久以来15年ぶりだった。

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 中京学院大・吉川は相思相愛 巨人1位に「幸せ」”. 日刊スポーツ (2016年10月20日). 2016年11月1日閲覧。
  3. ^ “甲子園優勝校の主将が強盗逮捕 “野球エリート”を転落から「救う道」はなかったのか”. AERA. (2020年2月6日). https://dot.asahi.com/dot/2020020600006.html 2020年2月6日閲覧。 
  4. ^ 公益財団法人 全日本大学野球連盟”. 全日本大学野球連盟. 2016年11月1日閲覧。
  5. ^ a b 吉川 尚輝|侍ジャパン選手プロフィール|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. NPBエンタープライズ. 2016年11月1日閲覧。
  6. ^ 巨人1位 中京学院大・吉川「走攻守」そろったアマNo・1内野手”. スポニチアネックス (2016年10月21日). 2021年3月28日閲覧。
  7. ^ “巨人 ドラ1吉川尚の入団決定「ゼロからのスタート」”. スポニチアネックス. (2016年11月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/14/kiji/K20161114013724600.html 2016年11月14日閲覧。 
  8. ^ 元巨人スカウト藤本茂喜氏、千葉工大コーチ就任「2部で優勝して1部に上げたい」”. スポーツ報知 (2019年2月8日). 2021年3月28日閲覧。
  9. ^ “【巨人】ドラ1吉川尚1軍初昇格!「必死にアピール」9日阪神戦”. スポーツ報知. (2017年5月9日). オリジナルの2017年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170509041506/https://www.hochi.co.jp/giants/20170508-OHT1T50287.html 2021年4月22日閲覧。 
  10. ^ “巨人吉川尚輝、先輩広島菊池の前で1軍デビューだ”. 日刊スポーツ. (2017年5月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1821957.html 2021年4月24日閲覧。 
  11. ^ a b 巨人吉川尚、代打で1軍デビュー「とても緊張した」”. 日刊スポーツ (2017年5月14日). 2017年11月19日閲覧。
  12. ^ a b 巨人吉川尚「まだまだ力不足」初スタメンも無安打”. 日刊スポーツ (2017年5月17日). 2017年11月19日閲覧。
  13. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017 出場者一覧”. 日本野球機構 (2017年7月11日). 2017年11月20日閲覧。
  14. ^ 巨人吉川尚輝「必死」初Hから猛打賞&プロ初2盗塁”. 日刊スポーツ (2017年10月4日). 2022年4月12日閲覧。
  15. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  16. ^ 巨人吉川尚輝200万減 坂本勇人との自主トレ参加”. 日刊スポーツ (2017年11月20日). 2021年3月28日閲覧。
  17. ^ 巨人・吉川尚 母にささげる松坂撃ち1号 中学3年時「野球やめたい」と相談”. スポーツニッポン (2018年5月14日). 2021年3月28日閲覧。
  18. ^ 【巨人】吉川尚は骨折…ヘッドスライディングで負傷交代、主力がまた離脱”. スポーツ報知 (2018年8月1日). 2021年3月28日閲覧。
  19. ^ a b 巨人・吉川尚、けがに苦戦も実は「常人離れした骨の強さ」”. サンケイスポーツ (2020年4月17日). 2021年3月28日閲覧。
  20. ^ 【巨人】吉川尚輝、23日・フェニックスLハンファ戦で実戦復帰「しっかりやれることを」”. スポーツ報知 (2018年10月22日). 2021年3月28日閲覧。
  21. ^ 巨人吉川尚輝1500万増「来年はケガしないこと」”. 日刊スポーツ (2018年11月29日). 2021年3月28日閲覧。
  22. ^ 巨人吉川尚輝が腰痛で登録抹消 監督も早期復帰願う”. 日刊スポーツ (2019年4月14日). 2019年11月18日閲覧。
  23. ^ a b 【巨人】吉川尚輝、外野手で実戦復帰…3軍戦に「9番・左翼」でスタメン”. スポーツ報知 (2019年8月29日). 2021年3月28日閲覧。
  24. ^ 巨人・吉川尚 500万円減でサイン 腰痛で離脱「何もチームに貢献していない。悔しい1年」”. スポーツニッポン (2019年11月26日). 2021年3月28日閲覧。
  25. ^ 選手の背番号変更について”. 読売巨人軍公式サイト (2019年12月10日). 2020年1月28日閲覧。
  26. ^ 巨人、通算6000勝 原監督「ジャイアンツの重み感じる」”. サンケイスポーツ (2020年6月20日). 2021年3月28日閲覧。
  27. ^ 巨人吉川尚輝1000万増「菊池さんを目標にして」”. 日刊スポーツ (2020年12月21日). 2021年3月28日閲覧。
  28. ^ 巨人吉川 包帯姿で帰京 左手骨折、リハビリへ ファン励ましメッセージ” (日本語). 日刊スポーツ (2021年6月11日). 2021年11月10日閲覧。
  29. ^ 巨人吉川尚輝2カ月ぶりスタメン復帰、五輪金の坂本勇人も先発/スタメン”. 日刊スポーツ (2021年8月13日). 2021年11月10日閲覧。
  30. ^ 今年もレギュラー固定できなかった「巨人の二塁」 最もふさわしいのは誰?”. 週刊ベースボールONLINE (2021年10月29日). 2021年11月10日閲覧。
  31. ^ 【巨人】吉川尚輝が400万円増の年俸3700万円で更改 来季は背番号「2」に変更” (日本語). スポーツ報知 (2021年12月7日). 2021年12月8日閲覧。
  32. ^ 巨人・吉川、痛ッ!黒原の直球が左肩甲骨付近に当たり、担架で退場 試合前までリーグ最多安打 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年5月10日閲覧。
  33. ^ 【巨人】吉川尚輝が「骨挫傷」で登録抹消 原監督「早めにした方が、早めに帰ってきてくれる」” (日本語). スポーツ報知 (2022年5月6日). 2022年5月25日閲覧。
  34. ^ 【巨人】吉川尚輝が実戦復帰!2軍で4安打2打点 原監督「火曜日から多分大丈夫だと思います」” (日本語). スポーツ報知. スポーツ報知 (2022年5月15日). 2022年11月5日閲覧。
  35. ^ 【巨人】岡本和真が第20代主将、吉川尚輝が副主将に就任 新たな時代へ”. スポーツ報知 (2022年11月23日). 2022年11月23日閲覧。
  36. ^ 【巨人】吉川尚輝が3300万円増の7000万円で契約更改「打率3割、ゴールデン・グラブ賞を目指す」”. スポーツ報知 (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  37. ^ 【2016年ドラフト再録】吉川尚輝…スーパーとカー用品店でバイトのNO1内野手スポーツ報知 2020年10月26日
  38. ^ 【新春インタビュー】巨人D1・吉川尚、目指す1億円プレーヤー!(2/4ページ)サンスポ 2017年1月3日
  39. ^ メジャーリーガーが認めた巨人・吉川尚輝の覚醒はいつなのか”. AERA dot. (2021年4月17日). 2021年4月22日閲覧。
  40. ^ a b 井端弘和のショート比較が面白い。吉川尚輝は小園&根尾とは次元が違う”. web Sportiva (2019年4月12日). 2021年4月22日閲覧。
  41. ^ 巨人1位吉川、先輩菊池ばり名手に!坂本の相棒へ”. 日刊スポーツ (2016年10月21日). 2021年3月28日閲覧。
  42. ^ 9月度「スカパー!サヨナラ賞」に巨人・吉川尚輝と楽天・茂木栄五郎”. BASEBALL KING (2020年10月14日). 2021年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]