楠本泰史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楠本 泰史
横浜DeNAベイスターズ #37
190309 Taishi Kusumoto.jpg
2019年3月9日
福山市民球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府吹田市
生年月日 (1995-07-07) 1995年7月7日(26歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2017年 ドラフト8位
初出場 2018年3月30日
年俸 2310万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

楠本 泰史(くすもと たいし、1995年7月7日 - )は、大阪府吹田市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府吹田市で出生[2]。銀行勤めの父の仕事の関係で小学1年生の終わりに岡山県へ転居する[3]。父から野球の基礎を学び、小学4年生から野球チームに入団する[4]。小学6年時に父の転勤で神奈川県横浜市へ転居し、転校先の横浜市立山内小学校松井裕樹と出会う[3]。横浜でも野球を続けようとしていた楠本は松井から「俺らとやろうよ」と誘われ、松井が当時所属していた元石川サンダーボルトに入部[3]。その後松井に「セレクションを一緒に受けよう」と言われ、横浜ベイスターズのジュニアチームを受験。二人とも合格し、この年のNPBジュニアトーナメントに出場している[3]。なお横浜市立山内中学校に進学後も、松井とは青葉緑東シニアでともにプレー[2]。3年夏には日本リトルシニア野球選手権大会で日本一に輝いた[3]

花咲徳栄高等学校に進学後は1年秋から内野手としてベンチ入り[2]。入学当初は「打球が外野の頭を越えることがなかった」が、監督の岩井隆の元でミート力を磨き[5]レギュラーに定着。2年秋には野球部を県大会優勝、関東大会準優勝に導いた。3年春には第85回記念選抜高等学校野球大会に出場。初戦の岐阜商業高戦で3番・遊撃手として先発するも無安打に終わり、チームも初戦敗退した[6]。その後の県大会も予選敗退し、夏の甲子園には出場できなかった。同学年には若月健矢がおり、楠本自身も当時からプロ志望であったが、若月の存在や岩井の助言もあり大学進学を決意、東北福祉大学へ進学する[4][5]

東北福祉大学へ進学後は、1年春からレギュラーで仙台六大学野球のリーグ戦に出場。4年間でリーグ通算99安打を記録し、最優秀選手賞と打点王2度、本塁打王、首位打者を1度獲得。また大学代表にも通算3度選出され[7]、第41回日米大学野球選手権大会や第29回ユニバーシアード競技大会では4番を務めた[8]。大学時には右肩を痛め、一時は一塁や指名打者として出場することもあった[3]。また強肩を活かすため、4年次に内野手から外野手へ転向している[9]

2017年10月26日に行われたドラフト会議では、横浜DeNAベイスターズから8位指名を受け、契約金2,500万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した[10]。背番号は37支配下登録選手としての契約を前提に指名された全82選手のうち、81番目の指名であった[11]

DeNA時代[編集]

2018年3月25日横浜スタジアムにて

2018年は、春季キャンプから一軍に入ると、オープン戦初戦の2月24日の対読売ジャイアンツ戦では、この年の新人選手としての初本塁打を戸根千明から放った[12]。以降のオープン戦も好調で、11試合の出場で打率.533(15打数8安打)、2本塁打という好成績を残し、同期入団の新人選手から神里和毅宮本秀明と共に開幕一軍入りを果たすと[11]、3月30日の東京ヤクルトスワローズとの開幕戦(横浜スタジアム)で、5回裏に石田健大の代打として公式戦デビュー。さらに、4月5日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で公式戦初のスタメン出場(7番・右翼手)を果たすと、以降3試合でスタメン起用された。しかし、スタメン4試合目となった4月14日の対中日ドラゴンズ戦(横浜)で、5回裏に四球で出塁後、次打者の嶺井博希が放った打球(右飛)の判断を誤り、一塁に戻れずにタッチアウト。7回表の守備から交代させられ、試合後に登録抹消となった。監督のアレックス・ラミレスは、「楠本に安打は出ていないが、スランプとまでは思っていなかった。しかし、走塁ミスを犯していては、試合の流れを相手チームに渡しかねない。野球は流れが重要なので、流れを相手に渡さないために交代した」と説明した(試合は2-0でDeNAが勝利)[13]。約1か月半後の5月31日に再び一軍に昇格すると、「2番・右翼手」でスタメン出場した6月3日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)で、一軍公式戦初安打(3回表・右前安打)と初の長打(9回表・右越二塁打)を放った[14]。最終的に、一軍公式戦全体では、56試合の出場で、打率.205、2打点、2盗塁を記録した。


2019年は、オープン戦で12球団トップの打率.388(49打数19安打)を記録し、2年連続で開幕一軍入り。レギュラーシーズン開幕戦となった3月29日の対中日戦(横浜)では、「2番・右翼手」としてスタメン出場を果たした。しかし、以降の公式戦では打撃が振るわず、5月上旬に二軍へ降格した。再昇格後の6月9日の対埼玉西武ライオンズ戦(横浜)で、2点ビハインドで迎えた8回裏二死満塁の局面で代打に起用されると、デュアンテ・ヒースからプロ初本塁打となる代打逆転満塁本塁打を放った[15]。公式戦初本塁打を代打満塁本塁打で記録した日本人選手は史上8人目(2リーグ制移行後では7人目)[注 1]、代打逆転満塁本塁打での記録は1975年久保俊巳広島東洋カープ)以来史上2人目であった[16]

2020年は、二軍では打率.365、6本塁打、24打点を記録した。一方、一軍では主に代打として24試合に起用されるが、打率.154、1本塁打、1打点と結果を残せなかった。

2021年は、開幕を二軍で迎えるも、5月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でイースタン・リーグ史上11人目となるサイクル安打を達成[17]し、5月28日に一軍昇格を果たした。一軍では代打に定着し、9月7日の巨人戦(横浜)では左腕の大江竜聖から3ランを放ち、宮國椋丞の移籍後初勝利に貢献する[18]などの活躍を見せ、シーズン終了まで一軍に帯同。最終的に、自己最多となる76試合に出場し、打率.254、2本塁打、18打点を記録した。代打での打率.295は、リーグ5位の成績(代打で20打席以上の選手)だった。契約更改では930万円増となる推定年俸2310万円でサインした[19]

2022年は、この年から打撃コーチに就任した鈴木尚典のアドバイスもありオープン戦から好調な打撃を維持し、開幕からスタメンを任される[20]。怪我で離脱したタイラー・オースティンに代わり右翼手として守備でもチームを支えていたが[21]、遠征中だった4月6日からチーム内で新型コロナウィルスの陽性者が相次ぎ、最初は陰性だった楠本も4月8日に陽性判定を受け登録抹消となる[22]。一軍に復帰した4月21日の阪神戦ではシーズン初ホームランを含む、3安打で猛打賞も記録する活躍を見せる[23]。その後もスタメン出場を続けていたが5月20日のヤクルト戦(横浜)で走塁の際に足を痛め途中交代し、翌21日に右太腿裏の肉離れで登録を抹消された[24]

プレースタイル・人物[編集]

楠本の打撃フォーム

的確なバットコントロールが持ち味[10]。また、選球眼がよく出塁率も高い[9]

愛称は「クッスー[3]

日本通運硬式野球部に所属する内野手の楠本晃希は実弟である[25][26]

小中学校で同級生だった松井裕樹とは、別々の高校へ進学してからも連絡を取り合う仲である。楠本がドラフト会議でDeNAから指名された際には、松井からLINE経由で、「同じグラウンドで会えることを楽しみしている」とのメッセージが送られたという[3]。DeNA入団1年目の5月31日には、自身の一軍復帰が横浜スタジアムでの対楽天戦と重なったことから、試合前に松井との再会を果たした[27]

小学6年生の時に野球教室で横浜ベイスターズの選手だった三浦大輔鈴木尚典から野球を教えてもらったことがあり、その後、楠本がプロ入りしてから2人とは選手と監督・コーチの関係となった[28]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 DeNA 56 82 73 4 15 3 0 0 18 2 2 1 0 0 6 0 3 19 0 .205 .293 .247 .539
2019 39 81 72 6 15 4 0 1 22 6 0 2 0 0 7 0 2 19 1 .208 .296 .306 .602
2020 28 29 26 6 4 2 0 1 9 1 0 0 0 0 2 0 1 7 0 .154 .241 .346 .588
2021 76 127 114 9 29 7 0 2 42 18 1 4 0 1 10 1 2 23 1 .254 .323 .368 .691
通算:4年 199 319 285 25 63 16 0 4 91 27 3 7 0 1 25 1 8 68 2 .221 .301 .319 .620
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2018 DeNA 22 14 0 0 0 1.000
2019 21 19 0 0 0 1.000
2020 6 4 0 0 0 1.000
2021 36 33 0 0 0 1.000
通算 85 70 0 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 37(2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ NPBの一軍公式戦としては1996年塩谷和彦(阪神)以来23年振りで、日本人選手以外にも外国人選手1名がマーク。NPB発足以前(1リーグ時代)の公式戦でも、1941年に大洋軍野口二郎が記録している。
  2. ^ プロ初本塁打が代打満塁本塁打は、1996年の塩谷和彦(阪神)以来史上7人目。また、初本塁打が代打逆転満塁本塁打は、1975年の久保俊巳(広島)以来、44年ぶり、史上2人目

出典[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c DeNA・楠本泰史 あこがれのユニフォームをまとって「覚悟を決めてバットを振ってダメだったらそれはそれでしょうがない」”. 週刊ベースボールONLINE (2021年9月13日). 2022年5月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 「また一緒にやれたら…」楽天松井とDeNAドラ8楠本、小中同級生をつなぐ縁”. Full-Count (2017年12月22日). 2018年4月6日閲覧。
  4. ^ a b プロは「夢」でなく「目標」 東北福祉大・楠本、日米大学野球で「学びたい」”. Full-Count (2016年7月11日). 2018年4月6日閲覧。
  5. ^ a b プロ野球:DeNA 「81番目の男」楠本が開幕1軍入り”. 毎日新聞 (2018年4月5日). 2018年4月6日閲覧。
  6. ^ 第85回選抜高校野球 スコア速報 県岐阜商 対 花咲徳栄”. 日刊スポーツ (2013年3月27日). 2018年4月6日閲覧。
  7. ^ 楠本 泰史|侍ジャパン選手プロフィール”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2018年4月6日閲覧。
  8. ^ 2017年ドラフト指名を受けた侍ジャパン戦士たち~大学代表編~” (2017年10月30日). 2018年4月6日閲覧。
  9. ^ a b 東北福祉大・楠本は強肩&“即プロ”の打撃力”. 日刊スポーツ (2017年3月16日). 2018年4月6日閲覧。
  10. ^ a b DeNA8位楠本が仮契約、先輩松山英樹からヒント”. 日刊スポーツ (2017年11月19日). 2018年4月6日閲覧。
  11. ^ a b "81番目の男”DeNAドラフト8位・楠本、開幕一軍”. サンケイスポーツ (2018年3月26日). 2018年5月19日閲覧。
  12. ^ DeNAドラフト8位楠本が新人1号 “2打席連発”に「がむしゃらに打った」”. スポーツニッポン (2018年2月25日). 2018年2月26日閲覧。
  13. ^ ラミレス監督「流れが重要」7連勝でもミス楠本降格”. 日刊スポーツ (2018年4月14日). 2018年5月19日閲覧。
  14. ^ DeNAのルーキー・楠本 プロ15打席目で初安打!マルチ安打も記録”. スポーツニッポン (2018年6月3日). 2018年6月3日閲覧。
  15. ^ DeNA 2年目の楠本が代打逆転満塁本塁打”. スポーツニッポン (2019年6月9日). 2019年6月9日閲覧。
  16. ^ DeNA楠本、プロ初本塁打が代打逆転満塁弾!史上2人目 久保俊巳以来44年ぶり”. スポーツニッポン (2019年6月9日). 2019年6月9日閲覧。
  17. ^ DeNA楠本がイースタンリーグで史上11人目のサイクル安打/打席詳細”. nikkansports.com. 2022年2月20日閲覧。
  18. ^ DeNA・楠本、代打で3ラン「イメージしていた球が来た」”. サンスポ. 2022年2月20日閲覧。
  19. ^ DeNA・楠本泰史が2310万円でサイン オフは日本ハム・近藤に弟子入り志願”. サンスポ. 2022年2月20日閲覧。
  20. ^ DeNA楠本 「運命の再会」で打撃開眼 上位で存在感”. カナロコ (2022年4月5日). 2022年4月11日閲覧。
  21. ^ DeNA】楠本泰史、体張ったビッグプレー連発!両チームファン拍手、プロ野球のすごみ体現”. 日刊スポーツ (2022年4月5日). 2022年4月11日閲覧。
  22. ^ 【DeNA】新たに砂田毅樹、楠本泰史らがコロナ陽性 3日間で選手9人の感染確認”. 日刊スポーツ (2022年4月8日). 2022年4月11日閲覧。
  23. ^ DeNA 降雨コールドで今季2度目の同一カード3連勝 勝率5割復帰”. デイリースポーツ online (2022年4月21日). 2022年4月21日閲覧。
  24. ^ DeNA、主力そろわぬ〝負のループ〟 佐野復帰で2安打も今度は楠本が離脱”. サンスポ (2022年5月21日). 2022年5月22日閲覧。
  25. ^ 楠本 晃希”. 日本通運スポーツサイト. 2022年5月11日閲覧。
  26. ^ 東北福祉大 DeNA楠本弟・晃希がドラフト右腕・望月から決勝ソロ 1―0で初戦突破”. スポニチアネックス (2019年6月11日). 2022年5月11日閲覧。
  27. ^ 楽天・松井、DeNA・楠本が再会”. サンケイスポーツ (2018年6月1日). 2018年6月3日閲覧。
  28. ^ DeNA5年目外野手の“15年ぶり再会”が「縁てスゴい」「素敵なストーリーですね」”. Full-Count (2022年1月31日). 2022年3月30日閲覧。
  29. ^ DeNA楠本、プロ初本塁打が代打逆転満塁弾!史上2人目 久保俊巳以来44年ぶり”. スポーツニッポン (2019年6月9日). 2021年7月4日閲覧。
  30. ^ DeNA 2年目の楠本が代打逆転満塁本塁打”. スポーツニッポン (2019年6月9日). 2021年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]