谷元圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷元 圭介
中日ドラゴンズ #14
Tanimoto(dragons)14.jpg
2018年4月14日 ウエスタン・リーグ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県鈴鹿市
生年月日 (1985-01-28) 1985年1月28日(36歳)
身長
体重
167 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト7位
初出場 2009年4月4日
年俸 4700万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷元 圭介(たにもと けいすけ、1985年1月28日 - )は、三重県鈴鹿市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三重県立稲生高等学校の1年時までは内野手だったが、肩の強さを買われて投手に転向。二番手投手ではあったが制球がよく、信頼される人物であった。スパイクやグローブなど大切に磨き、人一倍情熱を費やしていた。中部大学への進学後は、愛知大学野球のリーグ戦で、通算12勝20敗という成績を残した。3年時の2005年秋季リーグでは敢闘賞、4年時の2006年には春・秋季ともベストナインに選出。しかし、投手としては身長が低い(160cm台後半)ことが災いして、社会人野球の有力チームからは勧誘されなかった[2]

大学からの卒業を機に、薬品卸会社のバイタルネットへ入社。他の一般社員と同じように勤務しながら、硬式野球部でプレーを続けた。入社1年目の2007年秋からエースの座を確保すると、チームは6年ぶりに社会人野球日本選手権へ出場。谷元は1回戦で、前年覇者の富士重工業を相手に、8回まで無得点に抑えた(チームは初戦敗退)。2008年都市対抗野球大会には、TDK千曲川の補強選手として出場した。

2008年のNPBドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから7巡目で指名。会議前の入団テストへ合格したことに伴う指名で、契約金1000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は48

日本ハム時代[編集]

日本ハム時代の谷元

2009年オープン戦5試合の登板(通算5イニング)を無失点で凌いだことから、開幕一軍入りを果たした。4月18日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)6回裏からの救援登板で、2回を無失点に抑えてプロ初勝利を記録。NPB全12球団の新人投手で、一軍公式戦での勝利一番乗りを果たした。

2010年、主にイースタン・リーグ公式戦で登板。一軍公式戦では4試合の登板にとどまった。

2011年、2年ぶりに公式戦の開幕を一軍で迎えると、救援陣の一角として一軍に定着した。一軍の中継ぎ陣が軒並み好調であったため、ビハインドでの起用が中心だったが、一軍公式戦47試合の登板で防御率2.47と好成績を残した。

2012年、開幕当初の一軍公式戦には中継ぎで起用されていたが、チーム事情でシーズン途中から先発に転向。7月16日の対埼玉西武ライオンズ戦で一軍公式戦初先発を果たすと、ローテーションの谷間の試合で先発を任された。転向後は好投しても勝ち星が付かない試合が相次いだが、9月19日の対オリックス・バファローズ戦(いずれも札幌ドーム)では、5回2失点という内容で先発初勝利を記録した。

2014年、一軍公式戦の開幕から、ロングリリーフとしての起用が続いた。6月には疲労を理由にいったん登録を抹消された[3]ものの、最短の抹消期間(10日間)で復帰すると、シーズン閉幕まで場面を問わず安定した投球を続けた。一軍公式戦全体では、52試合の登板で、防御率1.59という好成績を残した。

2015年、一軍公式戦の開幕から、右の中継ぎ要員として活躍。8月には、2日から28日まで、登板9試合連続で無失点を達成した。防御率こそ前年より悪化したものの、中継ぎ陣の柱として、自己最多の61試合登板や20ホールドを記録した。

2016年、一軍公式戦58試合の登板で、自己最多の31ホールドポイント(3救援勝利28ホールド)を記録 するとともに、チームのパシフィック・リーグ(パ・リーグ)優勝へ大きく貢献した。クライマックスシリーズ突破を経て臨んだ広島東洋カープとの日本シリーズMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、シリーズ制覇に王手を掛けた10月29日の第6戦で9回裏に登板。広島の攻撃を無失点で凌いだことから、胴上げ投手となった。シリーズ終了後には、推定年俸1億円(2800万円増)で契約を更改し[4]、背番号を22に変更した[5]

2017年、一軍公式戦の開幕から、中継ぎ投手として登板を重ねた。6月には、21日付で国内FA権の資格要件を満たす[6]と、23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で球団史上4人目の一軍公式戦通算100ホールドを達成している[7]。さらに、パ・リーグの監督推薦選手としてオールスターゲームに初出場[8]。全2試合に登板すると、両試合とも1イニングを無失点で抑えたばかりか、第2戦でセーブを記録した。

中日時代[編集]

2017年7月31日に、中日ドラゴンズ金銭トレードで移籍することが発表された。背番号は60。オールスターゲームに出場した選手が、そのシーズン中に他球団へ移籍する事例はNPB史上初めてであった[注 1]。移籍後は、セントラル・リーグ(セ・リーグ)公式戦18試合に登板。0勝1敗、防御率6.00ながら6ホールドを記録した。シーズン終了後の11月8日には、日本ハム時代に取得した国内FA権を行使せずに、チームへ残留することを表明し[9]。後に臨んだ契約交渉では、球団から減俸を提示されながらも、翌2018年からの2年契約を締結[10]。11月27日には、背番号を14に変更することが球団から発表された[11]

2018年は、中継ぎ要員として公式戦の開幕を一軍で迎えた。しかし、開幕から調子が上がらず、4月4日には移籍後初めて出場選手登録を抹消された[12]。後に一軍へ復帰すると、一軍公式戦で通算3ホールドポイント(2救援勝利1ホールド)を記録。しかし、登板試合数はプロ入り後最少の8試合で、防御率が14.90に達するほど不振を極めた。

2019年は、開幕を一軍で迎えると、主にピンチの場面での登板で結果を残し、12試合連続無失点を記録した。しかし、5月以降は防御率7.40と成績が低迷。夏場に二軍へ降格すると、再昇格することなくシーズンを終えた。年俸は野球協約の減額制限(1億円以下は25%)を超える2500万円減の推定6000万円となった。

2020年は、開幕一軍を逃すも7月に一軍昇格を果たし、前年に続き走者が出た回途中からの登板を主にこなす。登板数や投球回においては、前年よりさほど大きな違いはないが、防御率は1点以上改善し、チームの強力リリーフ陣の一角を担った。

2021年は、2年ぶりに開幕を一軍で迎える。中継ぎとして登板を重ねていたが、7月10日の対DeNA戦で7回からの登板の際、投球練習を終えた直後に体調不良を訴え、1球も投げずに降板した。翌日に登録を抹消された[13]。自宅療養、自主練習を経て、9月時点でリハビリ組の練習に復帰[14]

選手としての特徴[編集]

身長は公称167cmで、NPBの現役投手で最も低い部類に入る[注 2]。それほど小柄な体格にもかかわらず、日本ハム時代の先輩投手だった武田久(身長170cm)と同様に、140km/h台中盤(最速151km/h[15](2020年10月1日、対阪神タイガース18回戦(阪神甲子園球場)で記録))のストレートが武器[16]。ボールの回転数が多く、2017年のオールスターゲームで試験的に導入されたトラックマンの投手データでは、最高約2,600rpm(毎分回転数)を記録した[17]。変化球はカットボールフォークボールシュートなど多様であるが、カーブを投げる割合が最も高い(2013年)[16]

プロ入り後は、先発、セットアッパー、抑えとチーム事情に応じて起用されることが多かった。2014年からは、先発登板は一切なく、完全にリリーフ起用されている。

人物[編集]

愛称は「タニモン[18]

日本ハム時代の2014年5月30日に、一般女性と結婚したことを発表した[19]

日本ハムから中日へ移籍する直前の2017年6月から、札幌ドームの日本ハム主催試合を対象に、北海道内の介護福祉士を招待する「アナたにもんシート」を設置した[20]。北海道介護福祉士会に登録されている介護福祉士から、毎試合1組2名を抽選して招待すると趣旨で、試合前には谷元との記念撮影やリストバンドのプレゼントを実施する。谷元の実家の母親が祖父の介護をしており、デイサービスで介護福祉士のサポートを受けていることから介護従事者を身近に感じており、社会貢献の一環としてこのシートへの導入へと至った。導入した最初の試合(6月6日の対広島1回戦)では22組44名を招待し[21]、札幌ドーム以外では7月18日に行われた函館市千代台公園野球場での試合(対東北楽天ゴールデンイーグルス11回戦)でも15名を招待した[22]。なお、中日への移籍後も、2017年内の日本ハム主催試合では「アナたにもんシート」を継続。移籍後も、招待された介護福祉士から、谷元に感謝する旨のメッセージが寄せられている。2019年から、ナゴヤドームで「アナたにもんシート」を再開。ナゴヤドームの中日主催試合を対象に、1試合につき2名、名古屋市社会福祉協議会を通じて介護職員などを招待する[23]

2017年には、日本ハムで国内FA権を取得しながら、レギュラーシーズンのトレード期限最終日に中日へ移籍。そのため、シーズン終了後にFA権の行使を宣言すれば、日本ハムへ復帰する可能性もあった[注 3]。しかし、谷元はFA権を行使せず、中日へ残留する道を選んだ。谷元によれば、「FA権を取得した状態でシーズン途中にトレードで中日へ入団したにもかかわらず、球団の幹部から『(チームに)ぜひ必要』という言葉をいただいたことが、心に強く響いた」という[24]。奇しくも、契約更改の直後には、日本ハム時代にバッテリーを組んでいた大野奨太捕手が海外FA権の行使を表明。後に中日へ入団したため、再びチームメイトになった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 日本ハム 24 0 0 0 0 2 0 0 3 1.000 127 27.2 25 4 20 0 1 20 1 1 18 17 5.53 1.63
2010 14 0 0 0 0 1 2 0 2 .333 68 15.2 18 2 4 1 0 12 1 0 10 10 5.74 1.41
2011 47 0 0 0 0 1 2 0 5 .333 199 47.1 51 4 16 1 1 45 2 0 13 13 2.47 1.42
2012 28 7 0 0 0 2 2 0 7 .500 257 61.1 61 3 16 0 1 39 1 1 24 24 3.52 1.26
2013 31 13 0 0 0 6 6 1 3 .500 388 89.1 92 10 38 2 2 53 2 0 45 39 3.93 1.46
2014 52 0 0 0 0 5 1 1 12 .833 260 68.0 41 4 19 0 2 63 3 2 14 12 1.59 0.88
2015 61 0 0 0 0 4 2 0 20 .667 241 56.2 54 0 15 1 2 47 1 0 21 20 3.18 1.22
2016 58 0 0 0 0 3 2 3 28 .600 206 50.1 41 4 16 0 1 44 0 0 14 13 2.32 1.13
2017 36 0 0 0 0 0 2 1 21 .000 141 32.2 26 3 16 2 1 24 0 1 15 12 3.31 1.29
中日 18 0 0 0 0 0 1 0 6 .000 80 18.0 20 4 6 0 0 14 0 0 12 12 6.00 1.44
'17計 54 0 0 0 0 0 3 1 27 .000 221 50.2 46 7 22 2 1 38 0 1 27 24 4.26 1.34
2018 8 0 0 0 0 2 0 0 1 1.000 56 9.2 22 2 3 0 0 8 1 0 20 16 14.90 2.59
2019 38 0 0 0 0 0 1 0 13 .000 143 29.1 31 2 21 2 5 24 3 0 17 17 5.22 1.77
2020 36 0 0 0 0 1 3 0 13 .250 122 30.0 20 3 13 1 0 21 1 0 13 12 3.60 1.10
2021 32 0 0 0 0 1 1 0 14 .500 92 22.1 23 3 1 0 1 18 0 0 6 5 2.01 1.07
通算:13年 483 20 0 0 0 28 25 6 148 .528 2380 558.1 525 48 204 10 17 432 16 5 242 222 3.58 1.31
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100ホールド:2017年6月23日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(札幌ドーム)、6回表に3番手で救援登板、1回無失点 ※史上25人目[7]
その他の記録

背番号[編集]

  • 48(2009年 - 2016年)
  • 22(2017年 - 同年7月30日)
  • 60(2017年7月31日 - 同年終了)
  • 14(2018年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2007年シーズンまでトレードの期限は6月末だったため、オールスター後のトレードは不可能だった。
  2. ^ 2018年シーズンの終了時点では、右投手としては山川和大(巨人)、左投手を含めれば石川雅規(ヤクルト)・野田昇吾(西武)に並ぶ。野手を含めれば、水口大地(西武:163cm)に次いで低い。
  3. ^ NPBでは2011年に、千葉ロッテマリーンズ外野手だったサブロー(大村三郎)が、シーズン途中の6月30日に交換トレードで読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍。しかし、国内FA権を取得していたことから、およそ5ヶ月後の同年11月にFA権の行使によってロッテへ復帰した。

出典[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月20日閲覧。
  2. ^ 北海道日本ハムの小さな大投手。身長167cm、谷元圭介投手が挑む夢舞台 パ・リーグ.com 2017年7月14日
  3. ^ 日本ハム 谷元が登録外れる 栗山監督「必ず10日間で戻す」スポーツニッポン 2014年6月16日配信
  4. ^ 日本ハム谷元ついに1億円、笑顔で「通過点に」”. 日刊スポーツ (2016年12月2日). 2021年12月30日閲覧。
  5. ^ 谷元投手背番号変更について 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 2016年11月21日配信
  6. ^ 日本ハム谷元FA取得「まだシーズン中なので何も」”. 日刊スポーツ (2017年6月21日). 2017年7月31日閲覧。
  7. ^ a b 日本ハム 谷元 史上25人目100ホールド達成”. スポーツニッポン (2017年6月23日). 2017年6月23日閲覧。
  8. ^ 日本ハムから新たに3選手が選出”. Full-Count (2017年7月3日). 2017年7月31日閲覧。
  9. ^ 【中日】谷元、FA行使せず残留決定!生涯竜宣言「骨をうずめる」”. スポーツ報知 (2017年11月8日). 2017年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月8日閲覧。
  10. ^ 中日谷元、ダウン更改も2年契約に「ありがたい」”. 日刊スポーツ (2017年11月27日). 2017年12月17日閲覧。
  11. ^ 中日谷元は60→14に/背番号変更一覧”. 日刊スポーツ (2017年11月27日). 2017年11月27日閲覧。
  12. ^ 【中日】谷元、移籍後初の二軍降格「生まれ変わるというか、ひと皮むけたい」”. 日刊スポーツ (2018年4月4日). 2019年1月16日閲覧。
  13. ^ “【中日】佐藤優が今季初登録 緊急降板の谷元圭介と松葉貴大の登録抹消”. 中日スポーツ. (2021年7月11日). https://www.chunichi.co.jp/article/288951 2021年9月7日閲覧。 
  14. ^ “中日「一部報道にある謹慎・規律違反はありません」谷元、滝野の現状を発表”. デイリースポーツ online. (2021年9月6日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/09/06/0014656882.shtml 2021年9月7日閲覧。 
  15. ^ 日本ハムの小さな大投手 身長167センチ・谷元圭介が挑む夢舞台”. Full-Count (2017年7月14日). 2021年12月30日閲覧。
  16. ^ a b 小関順二『プロ野球スカウティングレポート2014』廣済堂出版、2014年、221頁。ISBN 978-4-331-51810-6
  17. ^ 「困ったときの谷元」、9年目初のオールスターで証明した存在価値【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#55】”. ベースボールチャンネル (2017年7月16日). 2017年7月31日閲覧。
  18. ^ 中日・谷元が味わった“どん底” 復活を期し、キャンプに持ち込んだ「過去の自分」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2019年2月12日). 2021年3月28日閲覧。
  19. ^ 日本ハム 谷元が一般女性と結婚「自覚もって野球に取り組む」”. スポーツニッポン (2014年6月1日). 2014年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月1日閲覧。
  20. ^ 谷元選手が北海道内の介護福祉士をサポート 「アナたにもんシート」で札幌ドームの試合に特別招待”. 北海道日本ハムファイターズ (2017年5月15日). 2017年7月31日閲覧。
  21. ^ 日本ハム谷元「アナたにもんシート」介護福祉士招待”. 日刊スポーツ (2017年6月6日). 2017年7月31日閲覧。
  22. ^ 【日本ハム】谷元、森町の介護福祉士15人を招待…応援大使務める”. スポーツ報知 (2017年7月18日). 2017年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月31日閲覧。
  23. ^ “中日・谷元「アナたにもんシート」ナゴヤDで再開 介護職員などを招待”. Sponichi Annex. (2019年3月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/25/kiji/20190325s00001173224000c.html 2021年10月6日閲覧。 
  24. ^ 中日・谷元 FA行使せず残留表明 心に響いた球団の「是非必要」”. スポーツニッポン (2017年11月8日). 2017年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]