菊田拡和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊田 拡和
読売ジャイアンツ #60
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県土浦市
生年月日 (2001-07-23) 2001年7月23日(19歳)
身長
体重
182 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2019年 ドラフト3位
年俸 600万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

菊田 拡和(きくた ひろかず、2001年7月23日 - )は、茨城県土浦市出身のプロ野球選手。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

土浦市立真鍋小学校1年時に牛久リトルで野球を始め、U-12日本代表に投手で選出されW杯に出場[2]土浦市立土浦第二中学校では取手ファイトクラブに所属し全国大会に出場[2]

常総学院高等学校では1年夏からベンチ入りし、2年夏の県大会は3番に座り準優勝。常総のバレンティンの異名で注目されるも、3年夏は県大会ベスト8で敗退し甲子園出場はなかった[3][4]。高校通算本塁打は58本。

2019年のプロ野球ドラフト会議において読売ジャイアンツから3巡目で指名され、契約金5,000万円、年俸600万円で入団した[5]背番号60

2020年イースタンリーグ44試合に出場し、打率.199、1本、10打点だった。

選手としての特徴[編集]

182cm、94kgの厚みのある肉体から放たれる本塁打が期待される右の長距離砲[6]

中学時代は幽霊部員ではあったが陸上部に所属。3年生の時に参加した茨城県南陸上記録会の砲丸投げでぶっつけ本番にもかかわらず4位に入賞し、県大会に出場した[4]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 60 (2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球 日刊スポーツ 2020年12月31日閲覧。
  2. ^ a b 【巨人】19年ドラ3“常総のバレンティン”菊田拡和「明るさは出せた」1年目…「長打力はまだ発揮できていない」”. スポーツ報知 (2020年11月3日). 2020年12月31日閲覧。
  3. ^ “常総のバレ”菊田拡和、冬場に手に入れた鋼の肉体”. 日刊スポーツ (2019年6月17日). 2020年12月31日閲覧。
  4. ^ a b 【巨人・令和1年生の公約】“常総のバレンティン”ドラ3菊田「初本塁打」を狙う”. スポーツ報知 (2020年1月31日). 2020年12月31日閲覧。
  5. ^ 【巨人】ドラフト3位・菊田が仮契約 背番号60で“おかわり2世”襲名へ意欲「毎年30発打てるような選手に」”. スポーツ報知 (2019年11月18日). 2020年12月31日閲覧。
  6. ^ 田村藤夫 (2020年7月19日). ““強く振れる巨人菊田は岡本に続ける右大砲”. 日刊スポーツ. 2020年12月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]