髙橋優貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
髙橋 優貴
読売ジャイアンツ #47
Giants Yuki Takahashi 20210610.jpg
読売ジャイアンツでの高橋
(2021年6月10日、京セラドーム大阪にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県ひたちなか市
生年月日 (1997-02-01) 1997年2月1日(25歳)
身長
体重
178[1] cm
82[1] kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年4月4日
年俸 3600万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙橋 優貴(たかはし ゆうき、1997年2月1日 - )は、茨城県ひたちなか市出身[3]プロ野球選手投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ひたちなか市立田彦小学校3年から勝田スポーツ少年団で野球を始める。ひたちなか市立田彦中学校では友部リトルシニアでプレーした。東海大学菅生高等学校では1年夏からベンチ入りした。3年夏には西東京大会で決勝まで進み、日本大学鶴ヶ丘高等学校と対戦した。高橋はリリーフで登板したが9回にサヨナラ打を打たれ甲子園出場はならなかった。八戸学院大学に進学後は北東北大学リーグ通算50試合に登板、19勝13敗、防御率2.08[要出典]、リーグ最多となる通算301奪三振の新記録を樹立し、それまで多和田真三郎が持っていた奪三振記録299を更新した[4]

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、1巡目で根尾昂辰己涼介を抽選で外した読売ジャイアンツが再々指名で交渉権を獲得した[5]。11月9日に契約金1億円、年俸1500万円、出来高5000万円(金額は推定)で契約。背番号12となった[6]。担当スカウトは柏田貴史[7]

巨人時代[編集]

2019年、開幕6戦目の4月4日、対阪神タイガース3回戦で先発登板し、6回4安打1失点で勝利投手となった。これは巨人軍の大学卒業入団選手の1年目としては1960年の青木宥明関東学院大学卒)が1960年の開幕3戦目・対国鉄スワローズ戦にて初登板初先発で完投勝利投手になって以来、59年ぶりのことであった[8]。この試合を含め4月は4先発で2勝1敗、防御率1.93を記録したが[9]、5月は4先発で1勝2敗、防御率3.18とやや調子を崩し、6月1日に出場登録を抹消された[10]。7月7日に再昇格しDeNA戦に先発するも、2回2/3を3安打4四球と制球が定まらず降板となり、翌日再び出場登録を抹消された[11]。7月31日に再昇格し広島戦に先発するも、2回1/3を4安打(2本塁打)2四球の3失点で降板となり、翌日再び出場登録を抹消された[12]。8月11日の再昇格後は先発ローテーションを守り、8先発で2勝3敗を記録。最終的に、すべて先発で18試合に登板し、5勝7敗、防御率3.19を記録した。10月22日に行われた福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズ第3戦で先発したが、2回2/3で3安打2四球の2失点で降板した[13]。オフに、900万円増の推定年俸2400万円で契約を更改した[14]。合わせて、同年10月に結婚していたことも発表した[15]。背番号を26に変更[16]

2020年、オープン戦期間中の3月に左肘痛により離脱し、開幕一軍を逃した[17]。7月28日のロッテ二軍との練習試合で実戦復帰[18]。10月7日のDeNA戦で一軍復帰登板を果たした[19]。最終的に、8試合に登板(4先発)し、1勝3敗2ホールド、防御率4.30を記録した。11月21日に行われた福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズ第1戦でリリーフ登板したが、1回を1安打2四球の1失点で降板した[20]。オフに、480万円減の推定年俸1920万円で契約を更改し、背番号が47に変更されることになった[21]

2021年は開幕ローテーション入りし、3・4月は5試合に登板し負け無しの5勝、防御率1.80を記録し自身初の月間MVPを獲得[22]。8月29日の中日戦で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げた[23]。リーグ最多の26試合に先発しチームトップの11勝を挙げたが、リーグワーストの与四球61を記録するなど課題も残る1年となった。阪神戦では5戦4勝、防御率1.40と相性が良く、特に敵地甲子園では4戦3勝、防御率0.72と抑え込んだ[24]。オフには1680万円増の年俸3600万円で契約を更改した[25]

2022年は二軍の対DeNA戦で、初回先頭打者の粟飯原龍之介に対して投げた2球目がすっぽ抜けて頭部死球となり、危険球退場となった。参考記録ながら、佐々木健西武)が一軍公式戦で記録した3球での先発投手による危険球退場を1球上回るワースト退場記録となった。

選手としての特徴[編集]

大学時代の最速は152km/hだった[26]。変化球はスライダースクリューなどを軸に投球を組み立てる[27]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 巨人 18 18 0 0 0 5 7 0 0 .417 395 93.0 70 14 48 1 5 89 1 0 34 33 3.19 1.27
2020 8 4 0 0 0 1 3 0 2 .250 101 23.0 22 2 12 0 0 23 3 0 12 11 4.30 1.48
2021 27 26 0 0 0 11 9 0 0 .550 598 140.2 125 18 61 2 2 76 2 0 57 53 3.39 1.32
NPB:3年 53 48 0 0 0 17 19 0 2 .472 1094 256.2 217 34 121 3 7 188 6 0 103 97 3.40 1.32
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2019 巨人 18 6 13 0 2 1.000
2020 8 1 2 0 0 1.000
2021 27 6 19 0 0 1.000
通算 53 13 34 0 2 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 12(2019年)
  • 26(2020年)
  • 47(2021年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ドラフト1位・高橋投手が仮契約「2桁勝利で新人王を取りたい」”. 読売巨人軍公式サイト (2018年11月9日). 2021年5月12日閲覧。
  2. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月15日閲覧。
  3. ^ 巨人に新たな力、ドラ1高橋優貴、上原以来の新人奪K王だ”. サンケイスポーツ (2018年10月31日). 2018年11月22日閲覧。
  4. ^ 八戸学院大・高橋301奪三振、西武多和田超えだ - アマ野球”. 日刊スポーツ (2018年10月24日). 2018年11月22日閲覧。
  5. ^ 巨人1位八戸学院大・高橋優貴「努力が報われた」”. 日刊スポーツ (2018年10月25日). 2021年3月20日閲覧。
  6. ^ 巨人1位高橋優貴が最高条件で仮契約 背番号12”. 日刊スポーツ (2018年11月9日). 2021年3月20日閲覧。
  7. ^ 巨人・柏田スカウト「記録にも記憶にも残る投手に」 D1位・高橋、指名あいさつ”. サンケイスポーツ (2018年10月30日). 2021年3月20日閲覧。
  8. ^ a b “巨人5連勝!ドラ1高橋がプロ初先発初勝利 球団大卒新人59年ぶり快挙 阪神は4連敗”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2019年4月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/04/kiji/20190404s00001173361000c.html 2019年4月4日閲覧。 
  9. ^ 5勝を挙げた巨人・高橋の1年目を振り返る”. BASEBALL KING (2019年12月26日). 2021年3月20日閲覧。
  10. ^ 巨人高橋2軍降格「ちょっとしんどかったか」原監督”. 日刊スポーツ (2019年6月1日). 2021年3月20日閲覧。
  11. ^ 巨人、連勝7でストップ 高橋がプロ最短2回2/3で降板 2軍で再調整へ”. スポニチ (2019年7月8日). 2021年3月20日閲覧。
  12. ^ 巨人高橋プロ最短KO 祝1000勝ムードから一転”. 日刊スポーツ (2019年7月31日). 2021年3月20日閲覧。
  13. ^ 巨人ドライチ左腕・高橋 日本シリーズ第3戦に先発も3回途中、53球で2失点降板”. スポニチ (2019年10月22日). 2021年3月20日閲覧。
  14. ^ 巨人高橋900万円増 1年目でローテ入りし5勝”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2021年3月20日閲覧。
  15. ^ 巨人高橋が2歳上と結婚発表「僕よりも体幹が強い」”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2021年3月20日閲覧。
  16. ^ 【巨人】背番号「26」に変更の高橋優貴、“内海魂”継承誓った”. スポーツ報知 (2019年12月17日). 2021年3月20日閲覧。
  17. ^ 【巨人】高橋優貴、左肘痛でリハビリ組に合流”. スポーツ報知 (2020年3月10日). 2021年3月20日閲覧。
  18. ^ 巨人高橋優貴3・3以来の実戦復帰 2回途中2失点”. 日刊スポーツ (2020年7月28日). 2021年3月20日閲覧。
  19. ^ 巨人・高橋、左肘痛から復帰 原監督も評価「非常にいいですね」”. サンケイスポーツ (2020年10月7日). 2021年3月20日閲覧。
  20. ^ 原監督、高橋1失点に「褒められたもんじゃない」”. 日刊スポーツ (2020年11月21日). 2021年3月20日閲覧。
  21. ^ 巨人高橋20%減で更改「現状は悔しいのひと言」”. 日刊スポーツ (2020年12月21日). 2021年3月20日閲覧。
  22. ^ 巨人高橋優貴が月間MVP 今季早くも5勝 強気で闘争心にあふれた快進撃”. 日刊スポーツ (2021年5月12日). 2021年8月29日閲覧。
  23. ^ 【巨人】高橋優貴が初の10勝 「これから投げる登板も全部勝つつもり」 打っては4回に適時二塁打も”. スポーツ報知 (2021年8月29日). 2021年8月29日閲覧。
  24. ^ 【巨人】高橋優貴、今季も「甲子園男」になる…昨季4戦3勝、防御率0.72と好相性「僕の中では憧れの地」”. スポーツ報知 (2022年1月5日). 2022年2月18日閲覧。
  25. ^ 【巨人】年俸1680万円増の高橋優貴、自分へのご褒美は…”. スポーツ報知 (2021年12月15日). 2022年2月18日閲覧。
  26. ^ 八戸学院大152キロ左腕高橋に視察スカウト高評価”. 日刊スポーツ (2018年10月20日). 2021年3月20日閲覧。
  27. ^ 巨人1位高橋優貴、球団59年ぶり大卒初登板初勝利”. 日刊スポーツ (2019年4月4日). 2021年3月20日閲覧。
  28. ^ 月間MVP 巨人高橋、広島菊池涼介、楽天涌井、ロッテ・マーティンが輝く”. 日刊スポーツ (2021年5月12日). 2021年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]