デビッド・ブキャナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • デービッド・ブキャナン
デービッド・ブキャナン
David Buchanan
東京ヤクルトスワローズ #28
David Buchanan Yakult Swallows 2017-06-17 (cropped).jpg
東京ヤクルトスワローズでのブキャナン(2017年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州アトランタ
生年月日 (1989-05-11) 1989年5月11日(30歳)
身長
体重
191 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト7巡目(全体231位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 MLB / 2014年5月24日
NPB / 2017年4月4日
年俸 2億7,500万円(2019年)
※2018年から2年契約 [1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デビッド・アンドリュー・ブキャナンDavid Andrew Buchanan, 1989年5月11日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。NPB東京ヤクルトスワローズに所属(登録名:デービッド・ブキャナン)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2009年MLBドラフト6巡目(全体194位)でニューヨーク・メッツから指名されたが、ジョージア州立大学英語版へ進学した。

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

2010年MLBドラフト7巡目(全体231位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され契約した[2]。A-級ウィリアムズポート・クロスカッターズ英語版で13試合に登板し、3勝1敗・防御率4.21・30奪三振の成績を残した。

2011年はA級レイクウッド・ブルークロウズで20試合に登板し、11勝5敗・防御率3.38・86奪三振の成績を残した。8月にA+級クリアウォーター・スレッシャーズ英語版へ昇格。6試合に登板し、3勝2敗・防御率3.90・24奪三振の成績を残した。

2012年はAA級レディング・フィリーズで12試合に登板し、3勝5敗・防御率3.86・40奪三振の成績を残した。

2013年はAA級レディングで22試合に登板し、6勝11敗・防御率4.82・86奪三振の成績を残した。8月にAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ昇格。6試合に登板し、4勝2敗・防御率3.00・22奪三振の成績を残した。

2014年はAAA級リーハイバレーで開幕を迎え、開幕後は9試合に登板。5勝1敗・防御率3.98の成績で、5月24日にフィリーズとメジャー契約を結んだ[3]。同日のロサンゼルス・ドジャース戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を5安打2失点2奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた[4]。2度目の登板となった5月29日のメッツ戦では、6.2回を投げ7安打4失点し、メジャー初黒星を喫した[5]。以後、先発陣の一角として一定の登板機会を与えられ、最終的には20試合に先発登板した。6勝8敗と負け越したが、防御率3.75・WHIP1.29というまずまずの数字をマークした。

2015年も15試合に先発で投げたが、防御率6.99・WHIP1.85と大炎上、2勝9敗と大きく負け越して2年目のジンクスにぶち当たった恰好となった。

2016年は開幕からマイナー・オプションでAAA級リーハイバレーに配属され、メジャー昇格がないままシーズンを終えた。AAA級リーハイバレーでは27試合に登板し、10勝9敗・防御率3.98・95奪三振であった[2]。11月18日に戦力外となり[2]、23日に自由契約となった[6]

ヤクルト時代[編集]

2016年12月19日に東京ヤクルトスワローズが獲得を発表した[7]

2017年は6勝13敗と負け越したものの、チームで唯一規定投球回に到達し、防御率3.66と健闘した。

2018年にはチーム開幕投手に抜擢。横浜DeNAベイスターズとの開幕戦で6回1失点と好投、勝ち投手となり、自身初の開幕戦を白星で飾った。[8]シーズン最終登板で10勝目を挙げ、チーム唯一の二桁勝利を達成したものの、広島には6試合1勝3敗、防御率4.93と相性が悪かった。しかし50イニング以上投球した投手の中ではチーム3位の広島戦防御率であり、チーム自体が広島との相性が良くないことを物語る結果となっている[9]

選手としての特徴[編集]

メジャー及びマイナーでは主にスターターとして起用され、スリークォーターから、最速93.8 mph(約151 km/h)・平均89 mph(約143km/h)の3種類の速球フォーシームツーシームカットボール)を中心に、決め球である平均82 mph(約132km/h)のチェンジアップ、平均78 mph(約123km/h)のカーブボールを使用する[10]奪三振率はメジャー通算5.4と低く、低めに集めて打たせて取る技巧派右腕[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 PHI 20 20 0 0 0 6 8 0 0 .429 503 117.2 120 12 32 2 8 71 0 0 55 49 3.75 1.29
2015 15 15 0 0 0 2 9 0 0 .182 351 74.2 109 12 29 1 3 44 2 0 60 58 6.99 1.85
2017 ヤクルト 25 25 2 1 0 6 13 0 0 .316 678 159.2 158 19 56 1 9 112 2 1 75 65 3.66 1.34
2018 28 28 2 1 1 10 11 0 0 .476 751 174.1 186 17 53 4 10 95 3 0 85 78 4.03 1.37
MLB:2年 35 35 0 0 0 8 17 0 0 .320 854 192.1 229 24 61 3 11 115 2 0 115 107 5.01 1.51
NPB:2年 53 53 4 2 1 16 24 0 0 .400 1429 334.0 344 36 109 5 19 207 5 1 160 143 3.85 1.36
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録
  • 開幕投手:1回(2018年)

背番号[編集]

  • 55 (2014年 - 2015年)
  • 28 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 【ヤクルト】ブキャナン獲得発表!制球安定、先発候補”. スポーツ報知. 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2016年11月25日閲覧。
  3. ^ Todd Zolecki; Erik Bacharach (2014年5月24日). “Reliever Garcia hits DL with forearm strain”. MLB.com. 2016年11月25日閲覧。
  4. ^ Scores for May 24, 2014”. ESPN (2014年5月24日). 2014年5月25日閲覧。
  5. ^ Scores for May 29, 2014”. ESPN (2014年5月29日). 2014年5月30日閲覧。
  6. ^ Anthony DiComo (2016年11月23日). “Phillies release righty Buchanan”. MLB.com. 2016年11月25日閲覧。
  7. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト. 2016年12月19日閲覧。
  8. ^ https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/30/kiji/20180330s00001173518000c.html
  9. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.30.
  10. ^ PITCHf/x - FanGraphs.com2017年4月4日閲覧。
  11. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、321頁。ISBN 978-4-331-51921-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]