アンディ・バンヘッケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンディ・バンヘッケン
Andy Van Hekken
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州ホランド
生年月日 (1979-07-31) 1979年7月31日(38歳)
身長
体重
193 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998 ドラフト3巡目でシアトル・マリナーズから指名
初出場 MLB/ 2002年9月3日
KBO/ 2012年4月13日
NPB/ 2016年3月27日
最終出場 NPB/ 2016年7月8日
KBO/ 2017年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2011 野球

アンドリュー・ウィリアム・バン・ヘッケン(Andrew William Van Hekken, 1979年7月31日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州ホランド出身のプロ野球選手投手)。KBOネクセン・ヒーローズに所属している。

経歴[編集]

マリナーズ傘下時代[編集]

1998年のMLBドラフト3巡目でシアトル・マリナーズに指名され[1]入団。

タイガース時代[編集]

1999年に、ブライアン・ハンターとのトレードジェリー・アマドールと共にデトロイト・タイガースへ移籍した。

2002年9月3日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー。完封勝利を記録した。

2011年10月に2011年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表に選出された[2]

ネクセン時代[編集]

2012年からKBOネクセン・ヒーローズでプレー。2012年は11勝をあげた。

2013年は先発として12勝をあげ活躍した。

2014年は、韓国プロ野球ではダニエル・リオス以来となる7年ぶりの20勝を記録し、最多勝投手となった。

2015年はネクセンで15勝とチーム最多勝を記録。

西武時代[編集]

2015年11月24日、ネクセンと埼玉西武ライオンズの間で保有権譲渡に関して合意がなされると[3]、12月8日に契約が締結され、背番号は47に決まった[4]。1年契約で年俸は1億4,400万円[5]2016年1月29日に入団会見が行われた[6]

2016年の開幕を一軍で迎え[7]、3月27日の対オリックス・バファローズ戦に来日初登板・初先発し、5回を投げて被安打6、奪三振6、与四球6、失点4(自責点3)で敗戦投手になった[8]。6月3日、対阪神タイガース戦に9番・投手で先発出場、3回表に初打席に立ち、結果は見逃し三振だった[9]。16日の対広島東洋カープ戦では9番・投手で先発出場し、2回表に初安打(三塁内野安打)を放った[10]。7月8日、対オリックス戦に先発し、3回1/3を投げ4失点の成績で[11]、翌9日に出場選手登録を抹消されると[12]、15日に球団から契約解除を通告されたこととウェーバー公示されたことが発表され[13]、22日付で自由契約選手となった[14]

ネクセン復帰[編集]

2016年7月22日、ネクセンのウェブサイトにて、解雇したライアン・フィアベンドの代替選手としてバンヘッケンを獲得したことが発表された[15]。同年はネクセンで7勝を記録。2017年は8勝を記録したが、同年限りで退団した。

選手としての特徴[編集]

直球は少なくとも145km/hは投げることができる[5]。投げられる変化球は揺れながら落ちるフォークの他、カーブ[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 DET 5 5 1 1 0 1 3 0 0 .250 131 30.0 38 2 6 0 0 5 1 0 13 10 3.00 1.47
2007 誠泰 10 8 1 0 0 1 4 0 0 .200 196 46.1 44 4 9 0 1 29 3 0 27 18 3.50 1.14
2012 ネクセン 28 28 0 0 0 11 8 0 0 .579 716 170.0 166 16 60 1 3 132 11 0 68 62 3.28 1.33
2013 29 29 0 0 0 12 10 0 0 .545 705 161.2 178 11 58 0 10 137 11 1 78 67 3.73 1.46
2014 31 31 0 0 0 20 6 0 0 .769 788 187.0 193 9 53 0 3 178 6 2 81 73 3.51 1.32
2015 32 32 0 0 0 15 8 0 0 .652 825 196.2 190 14 67 1 1 193 16 0 92 79 3.62 1.31
2016 西武 10 10 0 0 0 0 4 0 0 .000 218 45.2 59 3 26 0 2 35 1 0 34 32 6.31 1.86
ネクセン 12 12 0 0 0 7 3 0 0 .700 287 72.0 55 10 19 0 5 81 1 0 29 27 3.38 1.03
2017 24 24 0 0 0 8 7 0 0 .533 591 138.1 140 13 42 0 2 139 4 0 68 58 3.77 1.32
MLB:1年 5 5 1 1 0 1 3 0 0 .250 131 30.0 38 2 6 0 0 5 1 0 13 10 3.00 1.47
CPBL:1年 10 8 1 0 0 1 4 0 0 .200 196 46.1 44 4 9 0 1 29 3 0 27 18 3.50 1.14
KBO:6年 156 156 0 0 0 73 42 0 0 .635 3912 925.2 922 73 299 2 24 860 49 3 416 366 3.56 1.32
NPB:1年 10 10 0 0 0 0 4 0 0 .000 218 45.2 59 3 26 0 2 35 1 0 34 32 6.31 1.86
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2017年度シーズン終了時

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 西武 10 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .666
NPB:1年 10 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .666

タイトル[編集]

  • 最多勝利:1回 (2014年)

表彰[編集]

記録[編集]

NPB投手記録
NPB野手記録

背番号[編集]

  • 50 (2002年)
  • 36 (2007年)
  • 22 (2012年 - 2015年、2016年7月28日 - 2017年)
  • 47 (2016年3月 - 7月22日)

登場曲[編集]

代表歴[編集]

  • 2011年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Seattle Mariners 1998 Draft Selections MLB.com (英語)
  2. ^ 2011 Pan Am Team Roster The Official Site of USA Baseball (英語) (2011年12月23日) 2015年11月27日閲覧
  3. ^ 新外国人選手保有権譲渡合意のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年11月24日配信
  4. ^ アンディ・バンヘッケン投手との契約合意についてのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年12月8日配信
  5. ^ a b 西武 新助っ投発表 韓国で最多勝のバンヘッケン スポニチ Sponichi Annex 2015年12月9日掲載
  6. ^ アンディ・バンヘッケン投手入団会見 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年1月29日配信
  7. ^ 2016年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年3月23日配信
  8. ^ 2016年3月27日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  9. ^ 2016年6月3日 阪神 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  10. ^ 2016年6月16日 広島 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  11. ^ 2016年7月8日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  12. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年7月 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  13. ^ 埼玉西武ライオンズ選手契約について 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト2016年7月15日配信
  14. ^ 自由契約選手 2016年度 NPB.jp 日本野球機構
  15. ^ 투수 앤디 밴 헤켄 영입 (韓国語) ネクセン・ヒーローズ オフィシャルサイト
  16. ^ トム・クルーズ似のバンヘッケンは元オリ星野タイプ 日刊スポーツ 2016年2月17日紙面から

関連項目[編集]

外部リンク[編集]