ジョーダン・ダンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョーダン・ダンクス
Jordan Danks
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州オースティン
生年月日 (1986-08-07) 1986年8月7日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 MLBドラフト7巡目(全体210位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2012年6月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2007 野球
2011 野球

ジョーダン・クーパー・ダンクスJordan Cooper Danks, 1986年8月7日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。

実兄は同じくプロ野球選手のジョン・ダンクス

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2005年MLBドラフト19巡目(全体575位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名されるも入団せず、テキサス大学オースティン校に進学した。2007年7月にはブラジルリオデジャネイロで行われた第15回パンアメリカン競技大会における野球競技のアメリカ合衆国代表に選出され[1]、銀メダルを獲得した。

プロ入りとホワイトソックス時代[編集]

2008年MLBドラフト7巡目(全体210位)で再びホワイトソックスから指名され、プロ入り。

2011年オフの10月に開催されたグアダラハラパンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表に選出された[2]

2012年6月7日トロント・ブルージェイズ戦で、ポール・コネルコ代走でメジャーデビューを果たした。8日のヒューストン・アストロズ戦では、ウェズリー・ライトからメジャー初安打を記録した。10日のオークランド・アスレチックス戦では、パット・ネシェックからメジャー初本塁打を記録した。

2013年スプリングトレーニングで第4の外野手の座をドウェイン・ワイズと争ったが、AAA級シャーロット・ナイツで開幕を迎える事となった。4月17日に不振のデュアンテ・ヒースとの入れ替わりでメジャーに昇格した。8月25日には兄のジョンが先発した試合で、先制本塁打を放ちそれが勝利に結びつきジョンが勝ち投手となった。兄弟同士で先制本塁打と勝ち投手を記録したのは、1955年6月15日カンザスシティ・アスレチックスビリー・シャンツ英語版ボビー・シャンツ以来の出来事だった[3]。この年は79試合に出場し、打率.231・5本塁打・12打点・7盗塁だった。

2014年も引き続き、外野の控えとして起用された。51試合に出場して、メジャーデビューから3年連続で本塁打と盗塁を記録したが、打率.222は自己ワーストの数値だった。守備では中堅を28試合で守ってDRS±0を記録したほか、左翼及び右翼でも8試合以上で守備に就いた。

2015年1月8日DFAとなった[4]

フィリーズ傘下時代[編集]

2015年1月16日ウェーバーフィラデルフィア・フィリーズへ移籍[5]。7月31日に25人枠入りしたが[6]、4試合の出場で4打数無安打に終わり、チェイス・アトリーの故障者リストからの復帰に伴って8月7日にAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ降格した[7]。以降は昇格はなく、10月7日に40人枠から外された[8]

レンジャーズ傘下時代[編集]

2016年1月19日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[9]が、4月6日に自由契約となった[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 CHW 50 75 67 12 15 1 0 1 19 4 3 1 0 2 6 0 0 16 1 .224 .280 .284 .564
2013 79 179 160 15 37 7 0 5 59 12 7 2 0 0 18 0 1 57 5 .231 .313 .369 .682
2014 51 132 117 14 26 2 0 2 34 10 5 3 0 1 14 1 0 46 1 .222 .303 .291 .594
MLB:3年 180 386 344 41 78 10 0 8 112 26 15 6 0 3 38 1 1 119 7 .227 .303 .326 .629
  • 2014年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 7(2012年 - 同年途中)
  • 20(2012年途中 - 2014年)
  • 15(2015年)

代表歴[編集]

  • 2007年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表
  • 2011年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ 2007 Pan American Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2010年9月21日) 2017年7月2日閲覧
  2. ^ 2011 Pan Am Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2011年12月23日) 2017年7月2日閲覧
  3. ^ Sunday, August 25, 2013
  4. ^ White Sox agree to terms with Emilio Bonifacio; designate outfielder Jordan Danks for assignment”. MLB.com White Sox Press Release (2015年1月8日). 2015年1月9日閲覧。
  5. ^ http://www.mlbtraderumors.com/2015/01/phillies-claim-jordan-danks-from-white-sox.html
  6. ^ Transactions”. MLB.com (2015年7月31日). 2015年10月13日閲覧。
  7. ^ Transactions”. MLB.com (2015年8月7日). 2015年10月13日閲覧。
  8. ^ Chuck Hixson (2015年10月8日). “The Phillies outrighted Justin De Fratus and six other players”. Scout. http://www.scout.com/mlb/phillies/story/1597047-de-fratus-six-others-cut-by-phillies 2015年10月13日閲覧。 
  9. ^ Morris, Adam J. (2016年1月19日). “Jordan Danks to Texas on a minor league deal”. lonestarball.com. 2016年10月4日閲覧。
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]