ドリュー・スマイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドリュー・スマイリー
Drew Smyly
シカゴ・カブス #39
Drew Smyly on September 1, 2015.jpg
タンパベイ・レイズ時代
(2015年9月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州プラスキ郡モーメル英語版
生年月日 (1989-06-13) 1989年6月13日(29歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト2巡目
初出場 2012年4月12日 タンパベイ・レイズ
年俸 $3,000,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2017年
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球
パンアメリカン競技大会
2011 野球

トッド・アンドリュー・スマイリーTodd Andrew Smyly , 1989年6月13日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州プラスキ郡モーメル英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBシカゴ・カブス所属。

経歴[編集]

プロ入りとタイガース時代[編集]

2010年MLBドラフト2巡目(全体68位)でデトロイト・タイガースから指名され、8月16日に契約した[2]

2011年、傘下のA+級レイクランド・フライングタイガース英語版でプロデビュー。14試合に先発登板して7勝3敗・防御率2.58・53奪三振の成績を残した。7月にAA級エリー・シーウルブズへ昇格。8試合(先発7試合)に登板して4勝3敗・防御率1.18・77奪三振の成績を残した。オフの10月に開催されたグアダラハラパンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表に選出された[3]

2012年はAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、4月11日にタイガースとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[4]。翌12日のタンパベイ・レイズ戦で先発起用されメジャーデビュー。4回を投げ、4安打1失点3四球4奪三振だった[5]7月7日に肋間筋を痛め、14日に15日間の故障者リスト入りした[6]。7月29日に復帰してからはリリーフとしても起用された[7]ニューヨーク・ヤンキースとのALCS第1戦では延長11回からリリーフ登板して2イニングを投げ、勝利投手になった。この年は23試合(先発18試合)に登板して4勝3敗・防御率3.99・94奪三振の成績を残した。

2013年からリリーフに転向。63試合に登板して6勝0敗2セーブ・防御率2.37・81奪三振の成績を残した。

2014年[[2月24日{]]にタイガースと1年契約に合意した[8]。先発に再転向し、開幕後は21試合に登板。6勝9敗・防御率3.93・89奪三振の成績を残した。

レイズ時代[編集]

2014年7月31日にタイガース、レイズ、シアトル・マリナーズ間の三角トレードで、レイズへ移籍した[9]。レイズ移籍後は7試合の先発登板で、防御率1.70・3勝1敗というハイレベルなパフォーマンスを披露。シーズントータルでは、タイガースでの負け越しが影響して二桁勝利にはギリギリ届かなかった。

2015年は左肩の故障によって、わずか12試合の登板にとどまったが、防御率3.11・5勝2敗という好成績を記録。奪三振率も、メジャーで初めて10.0を上回った。

2016年はフルシーズン先発ローテーションに入り、30試合に登板して自身初めて規定投球回に到達した。ア・リーグワースト5位の32本塁打を浴び、防御率4.88・7勝12敗と負け越したが、持ち前の三振奪取能力では167三振を奪い、奪三振率8.6をマークした。

マリナーズ時代[編集]

2017年1月11日マレックス・スミス[注 1]ライアン・ヤーブローカルロス・バルガス英語版とのトレードで、マリナーズへ移籍した[11][12]。開幕前の2月9日に指名投手枠で第4回WBCアメリカ合衆国代表に選出され[13]、2次ラウンドから代表に合流した[14]。3月15日のベネズエラ戦に先発登板し、ベネズエラは同じマリナーズに所属するフェリックス・ヘルナンデスが先発登板したため、マリナーズ対決として注目を受けた[15]3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした[16]

3月31日、左肘の張りを訴え6~8週間の休養が必要と診断され、10日間の故障者リスト入りした[17]4月4日に60日間の故障者リストに移行し[18]、6月にはトミー・ジョン手術を受けたため[19]、復帰することなくシーズンを終えた。12月1日ノンテンダーFAとなった[20][2]

カブス時代[編集]

2017年12月12日シカゴ・カブスと2年1000万ドル(出来高最大700万ドル)で契約を結んだ[21]

投球スタイル[編集]

90~93mphフォーシーム、80mph台後半のカッター、80mph前半のスライダーが中心。右打者に対しては平均84mphのチェンジアップも投げる[22]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 DET 23 18 0 0 0 4 3 0 1 .571 416 99.1 93 12 33 1 2 94 3 0 49 44 3.99 1.27
2013 63 0 0 0 0 6 0 2 21 1.000 303 76.0 62 4 17 1 1 81 5 0 20 20 2.37 1.04
2014 21 18 0 0 0 6 9 0 1 .400 445 105.1 111 14 31 1 1 89 4 0 48 46 3.93 1.35
TB 7 7 1 1 1 3 1 0 0 .750 173 47.2 25 4 11 1 0 44 4 0 9 9 1.70 0.76
'14計 28 25 1 1 1 9 10 0 1 .474 618 153.0 136 18 42 2 1 133 8 0 57 55 3.24 1.16
2015 12 12 0 0 0 5 2 0 0 .714 275 66.2 58 11 20 0 1 77 2 0 24 23 3.11 1.17
2016 30 30 0 0 0 7 12 0 0 .368 738 175.1 174 32 49 2 2 167 10 0 103 95 4.88 1.27
MLB:5年 156 85 1 1 1 31 27 2 23 .534 2350 328.1 291 77 161 6 7 552 28 0 253 237 3.74 1.20
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 33(2012年 - 2016年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同日、ルイス・ゴハラトーマス・バーロウズ英語版とのトレードで、シェイ・シモンズと共にアトランタ・ブレーブスから一旦マリナーズへ移籍している[10]

出典[編集]

  1. ^ Drew Smyly Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年12月28日閲覧。
  2. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年12月28日閲覧。
  3. ^ 2011 Pan Am Team Roster” (英語). USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (2011年12月23日). 2017年7月2日閲覧。
  4. ^ Jason Beck; Anthony Odoardi (2012年4月11日). “Tigers set to designate Thomas for assignment” (英語). MLB.com. 2017年12月28日閲覧。
  5. ^ Scores for Apr 12, 2012” (英語). ESPN (2012年4月12日). 2014年8月3日閲覧。
  6. ^ Greg Luca (2012年7月14日). “Smyly hits DL, Turner to make Tuesday start” (英語). MLB.com. 2017年12月28日閲覧。
  7. ^ Smyly adjusting to new role out of bullpen” (英語). MLB.com (2012年9月1日). 2017年12月28日閲覧。
  8. ^ “Tigers Agree To Terms With Seven Players” (英語). CBS Sports. (2014年2月24日). http://detroit.cbslocal.com/2014/02/24/tigers-agree-to-terms-with-seven-players-2/ 2017年12月28日閲覧。 
  9. ^ “Rays acquire Smyly, Franklin, Adames in three-team trade” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2014年7月31日), http://tampabay.rays.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140731&content_id=87305462&c_id=tb 2017年12月13日閲覧。 
  10. ^ Bill Chastain (2018年8月22日). “Rays trade Smyly for Smith, 2 Minor Leaguers” (英語). MLB.com. 2018年8月23日閲覧。
  11. ^ Greg Johns (2017年1月11日). “Mariners swing 2 trades to land Smyly” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  12. ^ Bill Chastain (2017年1月11日). “Rays trade Smyly for Smith, 2 Minor Leaguers” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  13. ^ USA Baseball Announces 2017 World Baseball Classic Roster” (英語). The Official Site of USA Baseball (2017年2月9日). 2017年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月16日閲覧。
  14. ^ Greg Johns (2017年3月14日). “Smyly, Felix to face off in Classic” (英語). MLB.com. 2017年4月5日閲覧。
  15. ^ Greg Johns (2017年3月15日). “Smyly, Felix to face off in Classic”. MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  16. ^ Doug Miller (2017年3月23日). “American Beauty: USA dominates PR in final” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  17. ^ Greg Johns (2017年3月31日). “Smyly sidelined 6-8 weeks by elbow strain” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  18. ^ Greg Johns (2017年4月4日). “Smyly to 60-day DL; Mariners claim Marshall” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  19. ^ Jeff Todd (2017年6月28日). “Drew Smyly To Undergo Tommy John Surgery” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年8月23日閲覧。
  20. ^ List of moves at Friday's non-tender deadline” (英語). MLB.com (2017年12月2日). 2017年12月13日閲覧。
  21. ^ Carrie Muskat (2017年12月2日). “Cubs agree to terms with Morrow, Smyly” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  22. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Drew Smyly

関連項目[編集]

外部リンク[編集]