金廣鉉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金 廣鉉(キム・グァンヒョン)
Kwang-Hyun Kim
SSGランダース #29
Kim Kwang-hyun 2019 Premier 12.jpg
2019 WBSCプレミア12での金廣鉉
東京ドームにて)
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1988-07-22) 1988年7月22日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 KBO一次ドラフト
初出場 KBO / 2007年4月10日
MLB / 2020年7月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
五輪 2008年
WBC 2009年
プレミア12 2015年2019年
獲得メダル
大韓民国の旗 韓国
オリンピック
2008 野球
ワールド・ベースボール・クラシック
2009 野球
WBSCプレミア12
2015 野球
2019 野球
キム・グァンヒョン
各種表記
ハングル 김광현
漢字 金廣鉉
発音: キムグァンヒョン
ローマ字 Kim Kwang-Hyun
テンプレートを表示

(キム・グァンヒョン、: 김광현1988年7月22日 -)は、大韓民国ソウル特別市出身のプロ野球選手投手)。2008年北京オリンピック 野球 金メダリスト。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

野球好きの父親の影響もあり、小学校3年時より野球を始める。安山工業高校時代より速球派の左腕として頭角をあらわす。

2005年はアジア青少年大会に出場し、チャイニーズタイペイ戦で勝利投手となる。平田良介らが率いる日本高校選抜チームにも5回をパーフェクトに抑えるなど2年生エースとして活躍した。打線が沈黙して2勝2敗だったが、防御率は1.04の好成績を残した。この大会で、堂々たるマウンドさばきを見せ、日本でも注目される存在となった。

2006年ハバナで開催されたAAA世界野球選手権大会にも出場した。準々決勝のチャイニーズタイペイ代表戦では完封勝利。準決勝のカナダ戦と決勝のアメリカ合衆国戦でもリリーフとして登板。大会通じて4勝、防御率0.87、奪三振22個の好成績で大会MVPを獲得した。

SK時代[編集]

2006年のKBOドラフトの地域優先ドラフト[1]SKワイバーンズに1位指名され、入団した。

2007年はシーズン開幕直前に開かれた記者会見では、プロ入り1年先輩の柳賢振(前年度MVP、投手3冠)を指して「頭を使えばもっといい投手になれる」と発言し[2]、韓国中の注目を集める。開幕から先発ローテーションに入ったものの後半は調子を落す。シーズン中は2軍落ちも経験、勝ち星も3つにとどまったが、8月に1軍復帰してからは本来の姿を取り戻したと評された。ワイバーンズはシーズン初めから好調を維持して韓国シリーズに進出。(その後、キムが負傷で苦しむ中 柳がMLBヘ行く程の実績を積んだため)一部のファンにオーラル・キムとも呼ばれていたが、年を取るにつれ穏やかな性格に変わっていき、今では使われないあだなになった。

斗山ベアーズとの韓国シリーズでは、チームが1勝2敗と追い込まれていた第4戦(10月26日)に先発登板。粘り強い投球でベアーズ打線を8回2死まで1安打、無失点に抑える好投を見せ、斗山のエースで今シーズンのタイトルを総なめにしたダニエル・リオスとの投げ合いを制した。ワイバーンズも韓国シリーズ球団史上初制覇を果たした。優勝祝勝会で監督の金星根からアジアシリーズ初戦の先発登板を告げられる。そのアジアシリーズのため来日。プロフィールのインタビューには「韓国シリーズで高校時代の自信を取り戻した」と答えている。開幕戦に先発し、7回まで中日打線を3安打、無得点に抑えた。ワイバーンズもそのまま6対3で勝利。日本のチームが敗れたのは大会初のことであった。決勝戦は2番手として登板、初戦で抑え込んでいた李炳圭に2ランを浴びて降板し、チームも9回表に勝ち越し点を許し敗れてしまった。

北京オリンピック・アジア予選には、代表選考のころ、不調で2軍落ちしていたため、出場できなかった。また、新人王のタイトルも、記者投票で斗山ベアーズ林泰勳(イム・テフン)に敗れ、受賞できなかった。

2008年はシーズン開幕前の3月に開催された北京オリンピック野球世界最終予選の韓国代表に選出された。同大会ではメキシコ戦、チャイニーズタイペイ戦に先発、いずれも勝利投手となり、韓国代表の五輪出場に貢献した。8月に開催された北京オリンピック野球韓国代表にも選出されたが、この時韓国代表では最年少での選出だった。予選と準決勝の日本戦で先発。予選では6回を投げ、2失点で勝ち負けつかず、準決勝では8回2失点で勝利投手となって、韓国代表の金メダル獲得に貢献。韓国では「日本キラー」というあだ名がついた。

レギュラーシーズンでは、前年から一段成長した姿を見せ、ローテーションのエースとして活躍し、最多勝と最多奪三振のタイトルを手にし、レギュラーシーズンMVPにも選出され、期待された素質を開花させた。チームもベアーズとの韓国シリーズを制し、2年連続で韓国シリーズ優勝を果たした。アジアシリーズでは、日本シリーズを優勝した埼玉西武ライオンズとの試合で先発登板したものの、5回途中3失点で降板と振るわず、チームは勝利したものの満足のいく内容ではなかった。さらにチームも台湾シリーズ中国語版を優勝した統一セブンイレブン・ライオンズに敗れ、決勝進出もならなかった。

2009年はシーズン開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に選出された。同大会では東京ラウンドの日本戦で先発登板した。韓国では北京オリンピックの再現が期待されたが、金をよく研究した日本打線の前に1回1/3を投げて8失点でKOされ、2対14で7回コールド負けをするきっかけとなった。本人曰く「僕の野球人生は長くないが、あんなに打たれたのは初めて」と悔しそうに語った。その後の同大会では先発登板することなく、2次ラウンドで3試合リリーフ登板した。日本との2次ラウンド順位決定戦では8回表に登板したが、勝ち越し適時打を打たれた。結局同大会では満足のいく結果は残せなかった。

シーズンでは、前年と同じくチームのエースとして活躍していたが、8月2日金賢洙の放った打球が手の甲に直撃。ボールの跡がはっきりと分かるほどの痛烈なピッチャー強襲であり、負傷で戦線を離脱。その後も、プレーオフや韓国シリーズといったポストシーズンでも1度も登板することなくシーズンを終えた。だが規定投球回数に達していたため、初の最優秀防御率のタイトルを獲得した。

2010年は負傷から復活し1年を通して先発ローテーションを守り、SKのエースとして活躍し17勝で自身2度目となる最多勝のタイトルを獲得した。オフの11月に開催された広州アジア競技大会の韓国代表に選出されたが、顔面麻痺により辞退し、日韓クラブチャンピオンシップの出場メンバーからも外れた。

2011年は体調不良で開幕1軍に入れず、7月には肩の故障でたびたび戦線を離脱し4勝にとどまった。

2012年も体調不良が治らず、1軍初登板は6月後半からだったが、先発として起用され続け8勝をあげた。

2013年も開幕1軍に間に合わなかったが、4月中旬に初登板を果たし2010年以来3年ぶりとなる2ケタ勝利を記録し、規定投球回数にも達した。

2014年は13勝をあげ、復活を予感させた。オフにメジャーリーグベースボール(MLB)挑戦を表明し、11月にポスティングシステムの行使を要請。最高入札額200万ドルをつけたサンディエゴ・パドレスと入団交渉することになったが、12月12日に交渉期間内に契約がまとまらず[3]、SKに残留した。

2015年オフの10月7日に第1回WBSCプレミア12韓国代表選手28名に選出された[4]。同大会では11月21日の決勝のアメリカ合衆国戦に先発し、5回を無失点に抑え韓国代表の優勝に貢献した。

2016年はプロ通算100勝目を含む11勝を記録した。オフの11月に初のフリーエージェント(FA)権を行使したが、SKと2017年からの4年契約を結び残留した。

2017年はシーズン開幕前の3月に開催された第4回WBC韓国代表に選出されたが、肘の手術による長期間のリハビリのため辞退した。シーズンではSKで1試合も登板しなかった。

2018年は11勝を記録。SKは韓国シリーズに進出し、8年ぶりの韓国シリーズ優勝にも貢献した。

2019年オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12韓国代表に選出された。同大会では2試合に先発登板した。同年12月6日に自身2度目となるポスティングによるMLB移籍を申請した。

カージナルス時代[編集]

2019年12月17日にセントルイス・カージナルスと2年総額800万ドルで契約を結んだ。SKには譲渡金として160万ドルが支払われる[5]

2020年シーズン開幕戦となった7月24日のピッツバーグ・パイレーツ戦、3点リードした9回表に3番手で登板してメジャーデビュー。2点を失ったが、セーブを挙げた[6]。8月23日のシンシナティ・レッズ戦で先発登板し、メジャー初勝利を記録[7]

2021年オフにカージナルスからFAとなった[8]

SSG時代[編集]

2022年3月8日、SSGランダース(2021年にSKワイバーンズから改称)と4年契約を結んだ。

投球スタイル[編集]

2021年の投球データ[9]
球種 配分 平均球速
% mph km/h
フォーシーム 40.8 89.0 143.2
スライダー 37.9 83.5 134.4
チェンジアップ 11.5 80.3 129.2
カーブ 9.0 69.6 112.0
ツーシーム 0.8 89.0 143.2

長身・長いリーチと真上から振り下ろすオーバースローから、平均球速約147km/h(2019年シーズン)[10]・最速156km/h[13]のカット気味なストレートと縦に鋭く落ちる高速スライダーを武器にする先発左腕。他にフォークボールカーブも投げることが出来る。

2018年までチェンジアップを時折使用していたが、18年オフに門倉健からフォークボールを教わり、同球種は使用しなくなった。

投球する時、足を高く上げ、腕を大きく振るフォームが特徴であるため、モーションが大きくクイックは苦手、故に盗塁をされやすいのが欠点である。

人物[編集]

LGツインズのファンであったが、出身校の安山工高の所在地がプロ入り時に契約したSKワイバーンズのフランチャイズである京畿道だったため、縁故地優先の1次ドラフトでワイバーンズに指名された。

詳細成績[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 SK 20 13 0 0 0 3 7 0 0 .300 342 77.0 80 5 41 2 4 52 2 0 35 31 3.62 1.57
2008 27 27 1 1 0 16 4 0 0 .800 659 162.0 127 9 63 1 2 150 3 0 50 43 2.39 1.17
2009 21 21 1 0 1 12 2 0 0 .857 568 138.1 121 14 53 1 4 112 8 0 46 43 2.80 1.26
2010 31 30 2 1 0 17 7 0 0 .708 797 193.2 153 13 84 1 5 183 13 0 56 51 2.37 1.22
2011 17 14 1 0 0 4 6 0 0 .400 328 74.1 70 6 45 0 5 61 1 0 45 40 4.84 1.55
2012 16 16 0 0 0 8 5 0 0 .615 347 81.2 85 9 36 0 2 65 2 1 44 39 4.30 1.48
2013 25 22 0 0 0 10 9 0 0 .526 580 133.0 128 12 68 0 4 102 9 1 72 66 4.47 1.47
2014 28 28 1 0 0 13 9 0 0 .591 749 173.2 178 10 81 1 3 145 9 1 77 55 3.42 1.49
2015 30 29 1 1 0 14 6 0 1 .700 754 176.2 173 19 66 2 3 160 10 0 86 73 3.72 1.35
2016 27 21 1 0 0 11 8 0 1 .579 583 137.0 139 17 41 2 6 116 3 0 68 59 3.88 1.31
2018 25 25 0 0 0 11 8 0 2 .579 554 136.0 125 16 30 0 2 130 3 0 48 45 2.98 1.14
2019 31 30 0 0 0 17 6 0 0 .739 786 190.1 198 13 38 1 2 180 8 0 64 53 2.51 1.24
2020 STL 8 7 0 0 0 3 0 1 0 1.000 154 39.0 28 3 12 2 0 24 1 0 9 7 1.62 1.03
KBO:12年 298 276 8 3 1 136 77 0 2 .638 7047 1673.2 1577 143 648 11 43 1456 71 3 691 609 3.27 1.33
MLB:1年 8 7 0 0 0 3 0 1 0 1.000 154 39.0 28 3 12 2 0 24 1 0 9 7 1.62 1.03
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2007 SK 20 3 10 0 1 1.000
2008 27 7 28 5 0 .875
2009 21 6 16 0 0 1.000
2010 31 6 26 3 2 .914
2011' 17 6 7 0 1 1.000
2012 16 5 13 0 0 1.000
2013' 25 9 19 0 1 1.000
2014 28 8 24 1 1 .970
2015 30 12 30 2 1 .955
2016 27 5 34 2 1 .951
2018 25 6 16 2 1 .917
2019 31 5 38 2 4 .956
2020 STL 8 1 3 0 0 1.000
KBO 298 78 261 17 13 .952
MLB 8 1 3 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多勝利:2回(2008年、2010年)
  • 最優秀防御率:1回(2009年)
  • 最多奪三振:1回(2008年)

表彰[編集]

代表歴[編集]

背番号[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フランチャイズ保護地域に所在する高校の出身選手を対象に、1人だけ排他的に指名権を行使できるドラフト。ウェーバー方式で行われる2次ドラフトの前に行われる。
  2. ^ 柳賢振VS金廣鉉 naver sports news
  3. ^ Padres, pitcher Kim don't come to deal by deadline San Diego Padres Official Site (2014年12月12日) 2014年12月20日
  4. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧
  5. ^ https://www.mlb.com/cardinals/news/kwang-hyun-kim-has-suitor-in-cardinals
  6. ^ Flaherty sharp, DeJong homers, Cards beat Bucs 5-4 in opener
  7. ^ キム・グァンヒョン、2度目の先発登板でメジャー初勝利”. wowkorea.jp (2020年8月24日). 2020年8月26日閲覧。
  8. ^ https://article.auone.jp/detail/1/6/10/95_10_r_20211104_1636014032429719
  9. ^ https://baseballsavant.mlb.com/savant-player/kwang-hyun-kim-547942
  10. ^ https://en.yna.co.kr/view/AEN20191217001151315
  11. ^ 고동현 (2019年9月7日). “'강렬한 1이닝' SK 김광현, 10일 키움전 선발 등판”. sports.news.naver.com. mydaily.co.kr. 2020年7月17日閲覧。
  12. ^ 이정호 (2013年8月13日). “[미스터칸155㎞ 강속구 팍!팍! ‘김광현’이 돌아왔다]”. sports.news.naver.com. sportskhan.net. 2020年7月17日閲覧。
  13. ^ 2019年9月の先発時に計測されたが、計測された試合は雨天ノーゲームとなっている[11]。 試合が成立したときの最速は2013年に計測した155km/h[12]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]