野球カナダ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野球カナダ代表
国または地域 カナダの旗 カナダ
協会 カナダ野球連盟
監督 アメリカ合衆国の旗 アーニー・ウィット
WBSCランキング 6位 (2016年)
オリンピック
出場回数 2回 (初出場は2004年)
最高成績 4位 (2004年)
ワールド・ベースボール・クラシック (WBC)
出場回数 3回 (初出場は2006年)
最高成績 第1ラウンド敗退
WBSCプレミア12
出場回数 1回 (初出場は2015年)
最高成績 5位 (2015年)
ワールドカップ
出場回数 17回 (初出場は1970年)
最高成績 3位 (2009年2011年)
インターコンチネンタルカップ
出場回数 7回 (初出場は1973年)
最高成績 4位 (1975年)
パンアメリカン競技大会
出場回数 10回 (初出場は1967年)
最高成績 優勝 (2011年2015年)
  

野球カナダ代表(やきゅうカナダだいひょう)は、カナダの野球ナショナルチームである。

歴史[編集]

2004年のアテネオリンピックではアメリカ大陸予選において本命視されていたアメリカが姿を消す波乱もあって、初めて出場権を獲得し、準決勝で日本に敗れたが初出場ながら4位という成績を収めた。

2006年の3月に初めて開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では南アフリカ共和国に苦戦するも、アメリカに勝利する大金星を挙げるなどしたが、メキシコに大敗し、結局1次リーグで姿を消した。

2008年北京五輪の米大陸予選では、4位に入り世界最終予選に進出し、本戦出場権を獲得した。

2009年第2回WBCでは、アメリカ、イタリアに連敗し1勝もできずに予選降格となった。そのため、第3回WBCでは、予選ラウンドからの出場となる。

2011年に、2011年パンアメリカン競技大会野球競技に出場。カナダ史上初の優勝を果たした。

2012年の第3回WBC予選では、全試合で二桁得点を記録し圧倒的な成績で予選ラウンドを突破した。

2013年3月の本戦では、メキシコ代表に1勝するも、アメリカ、イタリアに敗れ、1次ラウンドで敗退した。メキシコ戦はWBC史上初の乱闘を起こした[1]

2015年7月の2015年パンアメリカン競技大会野球競技に男女で出場。7月19日に男子が2大会連続2度目の優勝を果たした[2]。女子は2位だった。8月から9月にかけては2015 WBSC U-18ワールドカップに出場。オーストラリア連邦クイーンズランド州ゴールドコーストオーストラリア代表と強化試合も行った。11月は2015 WBSCプレミア12に出場し、グループリーグ全勝で首位通過したものの、準々決勝でメキシコに敗れた。

国際大会[編集]

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

  • 2006年:1次リーグ敗退(2勝1敗)
  • 2009年:1次ラウンド敗退(2敗)
  • 2013年:1次ラウンド敗退(1勝2敗)
  • 2017年:出場予定

オリンピック[編集]

  • 1992年 - 予選敗退
  • 1996年 - 予選敗退
  • 2000年 - 予選敗退
  • 2004年 - 4位
  • 2008年 - 6位

パンアメリカン競技大会[編集]

WBSCプレミア12[編集]

  • 2015年 - ベスト8

主な代表選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Benches clear after Canada-Mexico plunking
  2. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2015年7月20日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]