ジョーダン・レナートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョーダン・レナートン
Jordan Lennerton
ケベック・キャピタルズ
IMG 1410 Jordan Lennerton.jpg
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 ブリティッシュコロンビア州ラングリー
生年月日 1986年2月16日(30歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
217 lb =約98.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2008年 ドラフト33巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
WBC 2013年
プレミア12 2015年

ジョーダン・M・レナートンJordan M. Lennerton , 1986年2月16日 - )は、 カナダブリティッシュコロンビア州ラングリー出身のプロ野球選手一塁手)。左投左打。カナディアン・アメリカン・リーグケベック・キャピタルズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2004年、MLBドラフト50巡目(全体1486位)でトロント・ブルージェイズから指名されたが契約には至らなかった。

2005年、MLBドラフト41巡目(全体1223位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されたが契約には至らなかった。

タイガース傘下時代[編集]

2008年、MLBドラフト33巡目(全体1003位)でデトロイト・タイガースから指名され入団。

2012年9月11日に第3回WBC予選のカナダ代表に選出された[1]

2013年、AAA級トレド・マッドヘンズに昇格。シーズン途中に行われたオールスター・フューチャーズゲームに選出された[2]。この年はAAA級で139試合に出場し、17本塁打57打点、打率.278だった。10月1日にはローリングス・ゴールドグラブ賞のマイナーリーグ・一塁手部門を受賞[3]11月20日に40人枠入りを果たした[4]

2014年2月17日にタイガースと1年契約に合意した[5]。開幕後は13試合に出場したが、5月5日に40人枠を外れ、AAA級トレドへ降格した[6]

2015年6月17日に2015年パンアメリカン競技大会の男子野球カナダ代表に選出された[7]。同大会では2大会連続2度目の優勝を果たし[8]、金メダルを獲得した。オフの10月20日に第1回WBSCプレミア12のカナダ代表に選出された[9]

独立リーグ時代[編集]

2016年からケベック・キャピタルズでプレーする。

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Baseball Canada announces World Baseball Classic Qualifier roster Baseball Canada (英語) (2012年9月11日)2015年2月19日閲覧
  2. ^ 2013 All Star Futures Game Roster MLB.com
  3. ^ Jordan Lennerton nabs MiLB Gold Glove Award! MiLB.com
  4. ^ Tigers purchase contracts of seven players MLB.com
  5. ^ Tigers agree to terms with six players”. MLB.com Tigers Press Release (2014年2月17日). 2014年2月18日閲覧。
  6. ^ Jason Beck, Matt Slovin (2014年5月5日). “First baseman Lennerton outrighted to Triple-A”. MLB.com. 2014年5月6日閲覧。
  7. ^ CANADIAN MEN'S BASEBALL TEAM NOMINATED FOR TORONTO 2015 PAN AM GAMES Baseball Canada (英語) (2015年6月17日) 2015年7月20日閲覧
  8. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月8日閲覧
  9. ^ Baseball Canada announces roster for inaugural Premier12™ Baseball Canada (英語) (2015年10月20日) 2015年10月24日閲覧

外部リンク[編集]