スコット・ダイアモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコット・ダイアモンド
Scott Diamond
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
Scott Diamond on June 19, 2012.jpg
ツインズ時代(2012年6月19日)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州ゲルフ
生年月日 1986年7月30日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてアトランタ・ブレーブスと契約
初出場 2011年7月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
WBC 2009年
プレミア12 2015年

スコット・マイケル・ダイアモンドScott Michael Diamond , 1986年7月30日 - )は、カナダオンタリオ州ゲルフ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下に所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代はチーム・オンタリオ[1]に所属する一方、バスケットボールもプレーしていた。大学はニューヨーク州立大学ビンガムトン校に進学[1]。故障の影響で2007年6月のMLBドラフトでは指名されなかった。

プロ入りとブレーブス傘下時代[編集]

2007年8月にアマチュアFAとしてアトランタ・ブレーブスと契約した[2]

2009年の開幕前には第2回WBCカナダ代表に選出された[3]。この大会では、1次予選のイタリア戦に登板して3回1失点という結果だった[4]

2010年はAA級ミシシッピ・ブレーブスとAAA級グウィネット・ブレーブスの2球団合計で27試合に先発し、8勝7敗・防御率3.47を記録。

ツインズ時代[編集]

2010年12月にルール・ファイブ・ドラフトミネソタ・ツインズに移籍。その後、25人枠を外されたが、2011年3月28日に前所属球団のブレーブスとの間でトレードが成立したため、引き続きツインズに所属することになった[5]

2011年7月8日クリーブランド・インディアンス戦でメジャー初登板。ツインズに所属した8人目のカナダ人選手となった[6]。その後、一旦AAA級ロチェスター・レッドウイングスに降格するが、8月に再昇格し、同年8月31日シカゴ・ホワイトソックス戦で6回3失点の内容でメジャー初勝利を挙げた[7]

2012年アメリカンリーグの先発投手でベストの与四球率1.61を記録し、チームの勝ち頭となる12勝を挙げた。

2014年2月28日にツインズと1年契約に合意した[8]が、3月27日に40人枠を外れ、AAA級ロチェスターへ降格した[9]7月12日に解雇された[10]

レッズ傘下時代[編集]

2014年7月17日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級ルイビル・バッツへ配属された[11]

レイズ傘下時代[編集]

2015年4月5日タンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[11]。この年はメジャーでの登板は無かった。11月上旬には第1回WBSCプレミア12カナダ代表として出場[12]11月6日FAとなった[11]

ブルージェイズ時代[編集]

2015年11月24日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[13]

2016年の開幕は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズで迎えた。6月13日にメジャー契約を結んで25人枠入りし[14]、同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で9回表に5番手で登板したが、1回で3失点を喫した。6月15日DFAとなり[15]、17日に40人枠を外れる形でAAA級バッファローへ配属された[16]

投球スタイル[編集]

球種は速球カーブチェンジアップ。軸となる速球とカーブはいずれも平均レベルであるため、将来像はローテーションの5番手レベルの先発投手か、ロングリリーバーとの見方もある[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 MIN 7 7 0 0 0 1 5 0 0 .167 181 39.0 51 3 17 3 0 19 3 0 25 22 5.08 1.74
2012 27 27 1 1 1 12 9 0 0 .571 714 173.0 184 17 31 2 4 90 10 0 76 68 3.54 1.24
2013 24 24 0 0 0 6 13 0 0 .316 576 131.0 163 21 36 4 1 52 5 0 88 79 5.43 1.52
通算:3年 58 58 1 1 1 19 27 0 0 .413 1471 343.0 398 41 84 9 5 161 18 0 189 169 4.43 1.41
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 58 (2011年 - 2013年)
  • 32 (2016年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biography - Scott Diamond / Baseball. Binghamton University Athletics(英語). 2011年9月4日閲覧
  2. ^ Drellich, Evan(2007-08-31). Braves land BUried treasure in Diamond. bupipedream.com(英語). 2011年9月4日閲覧
  3. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年10月24日閲覧
  4. ^ 2009 World Baseball Classic box score Italy - Canada. MLB.com(英語). 2011年9月4日閲覧
  5. ^ Twins Retain Rule 5 Pick Scott Diamond. twinsbaseball.com(英語). 2011年9月4日閲覧
  6. ^ Layson, Greg(2011-07-19). Guelph Diamond shines in big league debut. thestar.com(英語). 2011年9月4日閲覧
  7. ^ Casella, Paul(2011-08-31). Twins' early flurry backs Diamond to first win. twinsbaseball.com(英語). 2011年9月4日閲覧
  8. ^ Twins agree to terms with all players on 40-man roster”. MLB.com Twins Press Release (2014年2月28日). 2014年3月1日閲覧。
  9. ^ Twins make roster moves”. MLB.com Twins Press Release (2014年3月27日). 2014年3月28日閲覧。
  10. ^ Twins release Scott Diamond to make room for May in Rochester
  11. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2016年6月28日閲覧。
  12. ^ 2015 Baseball Canada Premier 12 Roster Baseball Canada (英語) 2015年10月24日閲覧 (PDF)
  13. ^ Nicholson-Smith, Ben (2015年11月24日). “Blue Jays agree to sign Scott Diamond to minor league deal”. Sportsnet. 2016年6月28日閲覧。
  14. ^ Nicholson-Smith, Ben (2016年6月13日). “Canadian LHP Scott Diamond joins Blue Jays' roster”. Sportsnet. 2016年6月28日閲覧。
  15. ^ Todd, Jeff (2016年6月14日). “Blue Jays Designate Scott Diamond”. mlbtraderumors.com. 2016年6月28日閲覧。
  16. ^ Todd, Jeff (2016年6月17日). “Minor MLB Transactions: 6/17/2016”. mlbtraderumors.com. 2016年6月28日閲覧。
  17. ^ 2010 Rule 5 Draft. Baseball America.com(英語). 2011年9月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]