ピート・オーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピート・オーア
Pete Orr
PeteOrr.jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2007年6月8日)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州リッチモンドヒル
生年月日 (1979-06-08) 1979年6月8日(38歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1999年
初出場 2005年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2004年
WBC 2006年2009年2013年2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
男子 野球
カナダの旗 カナダ
パンアメリカン競技大会
2015 野球

ピーターソン・トーマス・オーア(Peterson Thomas Orr, 1979年6月8日 - )は、カナダ連邦オンタリオ州リッチモンドヒル出身の元プロ野球選手内野手)。右投左打。

2015年パンアメリカン競技大会では、ピーター・オーアと表記された[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

オンタリオ州ニューマーケットにあるニューマーケット高校を卒業後[2]テキサス州ガルベストンにある、ガルベストン大学に進学。1998年には、テキサス・レンジャーズに39巡目(全体1187位)で指名されるが契約しなかった。

ブレーブス時代[編集]

1999年7月3日にドラフト外でアトランタ・ブレーブスと契約[3]

2005年4月5日にメジャーデビューを果たした。

2006年開幕前の1月16日に第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)カナダ代表に選出された[4]

2007年11月20日にDFAになった。11月28日に解雇された。

ナショナルズ時代[編集]

2008年1月10日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。10月29日にFAとなったが、11月20日に再契約した。

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCのカナダ代表に選出され[5]、2大会連続2度目の選出を果たした。

シーズンでは開幕からマイナーで過ごしていたものの、8月28日にナイジャー・モーガンの故障によりメジャーに復帰した[6]

フィリーズ時代[編集]

2010年11月3日にフィラデルフィア・フィリーズと契約を結んだ。

2011年10月18日にFAになるも、11月3日にマイナー契約で再契約した。

2012年は開幕ロースターに入った。

2013年1月17日に第3回WBC本戦のカナダ代表が発表され[7]代表入りし[8][9]たため、3大会連続3度目の選出となった。3月9日のメキシコ戦では、乱闘を起こし退場になった[10]

シーズンではオフの10月7日にFAとなった。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2014年1月27日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。11月7日にマイナー契約で再契約。

2015年6月17日に2015年パンアメリカン競技大会男子野球カナダ代表に選出された[11]。同大会では2大会連続2度目の優勝を果たし、金メダルを獲得した[12]

オフの10月20日に第1回WBSCプレミア12カナダ代表に選出された[13]

ブルワーズ退団後[編集]

2016年4月11日にジャスティン・モルノーと共にU-18カナダ代表のスプリングトレーニングでゲストコーチを務めた[14]

2017年2月8日第4回WBCカナダ代表に選出され、4大会連続4度目の選出を果たした[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 ATL 112 162 150 32 45 8 1 1 58 8 7 1 5 0 6 0 1 23 2 .300 .331 .387 .718
2006 102 164 154 22 39 3 4 1 53 8 2 4 5 0 5 1 0 30 1 .253 .277 .344 .621
2007 57 69 65 11 13 1 0 0 14 2 1 0 1 0 3 0 0 14 1 .200 .235 .215 .451
2008 WSH 49 79 75 10 19 2 1 0 23 7 1 0 1 0 2 0 1 16 0 .253 .282 .307 .589
2009 27 81 75 5 19 2 1 1 26 10 2 1 0 3 3 0 0 15 0 .253 .272 .347 .618
2011 PHI 46 104 96 7 21 3 0 0 24 4 3 0 0 0 6 2 2 19 0 .219 .279 .250 .529
2012 35 57 54 6 17 5 1 0 24 7 3 1 2 0 1 0 0 18 0 .315 .327 .444 .772
2013 15 22 20 1 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .200 .273 .200 .473
MLB:8年 443 738 689 94 177 24 8 3 226 46 19 7 14 3 28 3 4 143 4 .257 .289 .328 .617
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 4 (2005年 - 2008年)
  • 24 (2009年)
  • 5 (2011年)
  • 4 (2012年)
  • 12 (2013年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Baseball - Athlete Profile ORR Peter Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月20日閲覧
  2. ^ http://www.yorkregion.com/article/88629
  3. ^ http://www.baseball-reference.com/players/o/orrpe01.shtml Baseball-Reference.com. Retrieved April 1, 2011.
  4. ^ Canada names first 23 players to World Baseball Classic Roster Baseball Canada (英語) (2006年1月16日) 2017年7月1日閲覧
  5. ^ 2009 Rosters” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2012年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  6. ^ Nats put Morgan on DL, promote Orr Center fielder fractured left wrist stealing a base Thursday”. nationals.com (2009年8月28日). 2009年8月30日閲覧。
  7. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (英語) (2013年1月17日) 2015年2月20日閲覧
  8. ^ 2013 World Baseball Classic Provisional Roster Baseball Canada (英語) 2015年2月20日閲覧
  9. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月20日閲覧。
  10. ^ Benches clear after Canada-Mexico plunking[リンク切れ]
  11. ^ CANADIAN MEN'S BASEBALL TEAM NOMINATED FOR TORONTO 2015 PAN AM GAMES Baseball Canada (英語) (2015年6月17日) 2015年7月20日閲覧
  12. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final[リンク切れ] Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月8日閲覧
  13. ^ Baseball Canada announces roster for inaugural Premier12™ Baseball Canada (英語) (2015年10月20日) 2015年10月24日閲覧
  14. ^ Baseball Canada Announces 2016 Junior National Team Extended Spring Training Roster Baseball Canada (英語) (2016年4月11日) 2016年7月3日閲覧
  15. ^ Canada roster announced for 2017 World Baseball Classic Baseball Canada (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]