ジョン・アックスフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・アックスフォード
John Axford
オークランド・アスレチックス #61
Axfordpirates.jpg
ピッツバーグ・パイレーツ時代
(2014年)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州シムコー
生年月日 1983年4月1日(33歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・ヤンキースと契約
初出場 2009年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
WBC 2013年

ジョン・バートン・アックスフォードJohn Berton Axford , 1983年4月1日 - )は、カナダオンタリオ州シムコー出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBオークランド・アスレチックスに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2001年MLBドラフト7巡目(全体219位)でシアトル・マリナーズから指名されたが、入団せず。

2005年MLBドラフト42巡目(全体1259位)でシンシナティ・レッズから指名されたが、この時も入団せず。

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

2006年8月11日ニューヨーク・ヤンキースと契約した。

2007年12月14日に解雇された。

ブルワーズ時代[編集]

ブルワーズ時代(2012年3月10日)

2008年3月4日ミルウォーキー・ブルワーズと契約を結んだ。契約が決まるまでは本人曰く「ATMから必要なだけの現金が引き出せないことが何度もあった」というほど生活に困窮しており、生計を立てるために昼は地元の大手スーパーマーケットや家電量販店で携帯電話のセールスマン、夜はバーテンダーとして働いていた[1]

2009年、マイナーではA+級ブレバード・カウンティ・マナティーズ、AA級ハンツビル・スターズ、AAA級ナッシュビル・サウンズの3つの階級で45試合に登板し、9勝1敗・防御率2.77を記録。9月7日40人枠入りを果たし[2]9月15日にメジャーデビュー。シーズン最終戦となった10月4日セントルイス・カージナルス戦では、9回にクローザーのトレバー・ホフマンが1失点を喫したため、試合は延長戦となり、延長10回にアックスフォードが無失点に抑え、メジャー初セーブを記録[3]

2010年はブルワーズのリリーフ防御率が30球団中29位にと不振で、ラトロイ・ホーキンス故障者リスト入りもあり、5月15日にメジャー昇格[4]5月23日に不振のホフマンに代わりクローザーとしてシーズン初セーブを記録[5]。以降、クローザーに定着。

2011年は、46セーブを記録し、ナ・リーグの最多セーブに輝いた。

2012年5月4日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦、シーズン6セーブ目を挙げ、当時歴代4位となる49試合連続セーブ成功を達成した[6]。この年は、一転して別人のような大不振に陥る。救援失敗が目立ち、チームの足を引っ張ってしまうことが多くなり、他の中継ぎ投手共々この年のブルワーズの悲惨なリリーフ陣の象徴となってしまった。それでも、9月16日ニューヨーク・メッツ戦で通算100セーブを達成した。シーズンでリーグ6位の35セーブを挙げた一方、セーブ失敗は9回も記録した。

2013年1月17日に第3回WBC本戦のカナダ代表が発表され[7]、代表入りした[8][9]。翌日の1月18日に、年俸500万ドルの1年契約を結んだ。

カージナルス時代[編集]

2013年8月30日マイケル・ブレイゼックとのトレードで、カージナルスへ移籍した。12月2日FAとなった。

インディアンス時代[編集]

2013年12月15日クリーブランド・インディアンスと契約に合意したことを報道され[10][11]12月19日に球団が発表した[12]

2014年は、4月はクローザーを務めていたものの、その後、成績不振となり、リリーフに配置転換された。

パイレーツ時代[編集]

2014年8月14日ウェーバーピッツバーグ・パイレーツへ移籍[13]。オフにFAとなった。

ロッキーズ時代[編集]

2015年1月30日コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ[14]3月1日にメジャー契約を結び、40人枠入りする。シーズンでは60試合に登板し、4勝5敗25セーブ・防御率4.60の成績を残した。シーズン終了後の11月20日DFAとなり[15]、25日にFAとなった[16]

アスレチックス時代[編集]

2015年12月11日オークランド・アスレチックスと2年総額1000万ドルで契約を結んだ[17]

2016年は、6年連続60試合以上となる68試合に登板し、防御率3.97・6勝4敗3セーブ・WHIP1.45という成績を記録。防御率やWHIPは前年から改善し、やや復調の傾向を示した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 MIL 7 0 0 0 0 0 0 1 0 ---- 34 7.2 5 0 6 1 0 9 1 0 3 3 3.52 1.44
2010 50 0 0 0 0 8 2 24 3 .800 238 58.0 42 1 27 3 1 76 4 0 17 16 2.48 1.19
2011 74 0 0 0 0 2 2 46 0 .500 305 73.2 59 4 25 1 0 86 8 0 19 16 1.95 1.14
2012 75 0 0 0 0 5 8 35 0 .385 310 69.1 61 10 39 2 2 93 10 0 42 36 4.67 1.44
2013 62 0 0 0 0 6 7 0 19 .462 245 54.2 62 10 23 3 1 54 5 0 29 27 4.45 1.55
STL 13 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 44 10.1 11 0 3 0 1 11 0 0 3 2 1.74 1.35
'13計 75 0 0 0 0 7 7 0 19 .500 289 65.0 73 10 26 3 2 65 5 0 32 29 4.02 1.52
通算:5年 281 0 0 0 0 22 19 106 25 .537 1176 273.2 240 25 123 10 5 329 28 0 113 100 3.29 1.33
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 59 (2009年 - 2013年途中)
  • 34 (2013年途中 - 同年終了)
  • 44 (2014年 - 同年途中)
  • 53 (2014年途中 - 同年終了)
  • 66 (2015年)
  • 61 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「MLB珍獣図鑑 FILE04 ジョン・アックスフォード」『月刊スラッガー』2013年10月号 日本スポーツ企画出版社 54頁
  2. ^ Adam McCalvy (2009年9月7日). “Brewers call up righty reliever Axford” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  3. ^ October 4, 2009 Milwaukee Brewers at St. Louis Cardinals Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2010年8月21日閲覧。
  4. ^ Brewers promote Axford for bullpen help” (英語v). MLB.com (2010年5月15日). 2010年8月21日閲覧。
  5. ^ Hoffman back in action, but as setup man” (英語). MLB.com (2010年5月23日). 2010年8月21日閲覧。
  6. ^ 過去の達成者はエリック・ガニエの84試合、トム・ゴードンの54試合、ホセ・バルベルデの51試合、後にジェウリス・ファミリアが52試合を記録した
  7. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (2013年1月17日) 2015年2月19日閲覧
  8. ^ 2013 World Baseball Classic Provisional Roster Baseball Canada 2015年2月19日閲覧
  9. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧
  10. ^ John Axford, Indians near deal ESPN MLB
  11. ^ Adam Berry (2013年12月15日). “Hot Stove roundup: Ellis, Axford find new homes” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  12. ^ “Indians sign RHP John Axford” (英語). Indians Press Release. MLB.com. (2013年12月19日). http://m.indians.mlb.com/news/article/66081440 2015年11月23日閲覧。 
  13. ^ Pirates claim John Axford off waivers from Indians” (英語). NBC Sports. 2014年8月17日閲覧。
  14. ^ Patrick Saunders (2015年2月2日). “Rockies sign pitcher John Axford to minor-league deal”. The Denver Post. 2015年2月6日閲覧。
  15. ^ Greg Johns (2015年11月20日). “Axford among four DFAed by Rockies” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  16. ^ Greg Johns (2015年11月25日). “Axford a free agent after clearing waivers” (英語). MLB.com. 2015年11月26日閲覧。
  17. ^ http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2015/12/11/as-finalize-deals-with-relievers-john-axford-ryan-madson/77174730/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]