マイケル・ソーンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ソーンダース
Michael Saunders
トロント・ブルージェイズ #21
Michael Saunders 2012.jpg
マリナーズ時代(2012年)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 ブリティッシュコロンビア州ビクトリア
生年月日 1986年11月19日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2004年 ドラフト11巡目(全体333位)でシアトル・マリナーズから指名
初出場 2009年7月25日
年俸 $2,900,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2008年
WBC 2013年

マイケル・エドワード・ソーンダースMichael Edward Saunders, 1986年11月19日 - )は、カナダブリティッシュコロンビア州ビクトリア出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。現在は、MLBトロント・ブルージェイズに所属している。

ファミリーネームは「サウンダース」と表記される場合もあり、2012年の日本開幕戦に出場した際にはこちらの表記が使用された。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2004年6月のMLBドラフトシアトル・マリナーズから11巡目(全体333位)指名を受け、プロ入り。

2008年8月、北京オリンピックカナダ代表に選出された。大会では、7試合で28打数8安打、2本塁打、4打点と活躍した。

マリナーズ時代[編集]

2009年7月25日クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー。翌7月26日クリフ・リーからメジャー初安打を放った。

2010年5月10日ロサンゼルス・エンゼルス戦において、アービン・サンタナからメジャー初本塁打を放った。

2012年は、中堅手の定位置を掴み、自己最多の139試合に出場した。

2013年1月17日に第3回WBC本戦のカナダ代表が発表され[2]、代表入りした[3][4]。 チームは一次ラウンドで敗退となったが3試合で、打率.727・1本塁打・7打点と活躍した。3月20日にプールDのMVP、ベストナインを獲得した[5][6]

レギュラーシーズンでは、出場試合数・打率・本塁打・打点・盗塁の各部門で成績を落とし、壁にぶつかった。

2014年1月15日にマリナーズと1年契約を結んだ[7]。3年ぶりに、130試合はおろか100試合未満の出場に終わった(78試合)。しかし打撃面で長足の進歩を遂げ、打率.273と出塁率.341でそれまでの自己ベストを大きく上回る数値を叩き出し、長打率.450も自己最高の数値だった。また、出場試合数を大幅に減らしながら自己記録タイとなる3三塁打を放ち、パワーとスピードを見せた。守備は、DRSが-2と平均をやや下回るレンジとなったが、無失策で堅実さを発揮した。

ブルージェイズ時代[編集]

2014年12月3日J.A.ハップとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[8]

2015年スプリングトレーニング中に左ひざ半月板の手術を受けたため、開幕は故障者リストで迎えた。4月25日に復帰し[9]、同日のタンパベイ・レイズ戦で新天地デビューを果たした。しかし、この年は9試合に出場しただけであり、打率.194・3打点という成績に終わった。

2016年6月17日ボルチモア・オリオールズ戦において3本塁打8打点の猛打を記録するなど開幕から打撃で昨年の鬱憤を晴らすかのような活躍を見せ、オールスターの最終投票ではジョージ・スプリンガーらをかわして「34番目の男」に選ばれた。しかし、後半戦に入ると前半戦の勢いが嘘のように失速し、58試合で打率.178・65三振・OPS0.638と苦しんだ[10]。それでも終盤までレフトのレギュラーの座をキープし、打率.257・24本塁打 (自己ベスト) ・57打点 (自己ベストタイ) ・OPS0.815 (自己ベスト) という成績を残して躍進した。他方、守備ではチームの足を引っ張り、レフト (106試合) ではDRS - 6、ライト (22試合) ではDRS - 5だった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
2009 SEA 46 129 122 13 27 1 3 0 34 4 4 1 1 0 6 0 0 40 1 .221 .258 .279 .537
2010 100 327 289 29 61 11 2 10 106 33 6 3 2 1 35 0 0 84 1 .211 .295 .367 .662
2011 58 179 161 16 24 5 0 2 35 8 6 2 5 1 12 1 0 56 1 .149 .207 .217 .424
2012 139 553 507 71 125 31 3 19 219 57 21 4 1 1 43 0 1 132 6 .247 .306 .432 .738
2013 132 468 406 59 96 23 3 12 161 46 13 5 1 6 54 4 1 118 6 .236 .323 .397 .720
2014 78 263 231 38 63 11 3 8 104 34 4 5 2 4 26 1 0 59 2 .273 .341 .450 .791
2015 TOR 9 36 31 2 6 0 0 0 6 3 0 0 0 0 5 0 0 10 1 .194 .306 .194 .499
通算:7年 562 1955 1747 228 402 82 14 51 665 185 54 20 12 13 181 6 2 499 18 .230 .301 .381 .682
  • 2015年度シーズン終了時。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

MLB
カナダ代表

背番号[編集]

  • 55 (2009年 - 2014年)
  • 21 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Michael Saunders Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月19日閲覧。
  2. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (2013年1月17日) 2015年2月20日閲覧
  3. ^ 2013 World Baseball Classic Provisional Roster Baseball Canada 2015年2月20日閲覧
  4. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月20日閲覧
  5. ^ Classic experience raises Saunders' confidence
  6. ^ Saunders named to All-World Baseball Classic Team Baseball Canada (2013年3月20日) 2015年2月20日閲覧
  7. ^ Michael Saunders agrees to 2014 contract to avoid arbitration”. MLB.com Mariners Press Release (2014年1月15日). 2014年1月15日閲覧。
  8. ^ Blue Jays acquire Saunders in deal for Happ MLB.com Gregor Chisholm (2014年12月4日) 2014年12月5日閲覧
  9. ^ Chisholm, Gregor (2015年4月24日). “Blue Jays activate Saunders, who will play Saturday”. MLB.com. 2015年4月30日閲覧。
  10. ^ Michael Saunders 2016 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]