マイケル・ソーンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マイケル・サウンダース
  • マイケル・ソーンダーズ
  • マイケル・サンダース
マイケル・ソーンダース
Michael Saunders
Michael Saunders 2016.jpg
トロント・ブルージェイズ時代
(2016年8月30日)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 ブリティッシュコロンビア州ビクトリア
生年月日 (1986-11-19) 1986年11月19日(32歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2004年 MLBドラフト11巡目
初出場 2009年7月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2008年
WBC 2013年

マイケル・エドワード・ソーンダースMichael Edward Saunders, 1986年11月19日 - )は、カナダ連邦ブリティッシュコロンビア州ビクトリア出身[1]プロ野球選手外野手)。右投左打。愛称はキャプテン・カナダ[2]

名前は日本メディアで「ソーンダース」[3]、「サウンダース」[4]などと表記されるが、Baseball-reference.comの選手ページによると、名前の実際の発音は「SAWN-derz(ソーンダーズ)」[1]となっている。

経歴[編集]

プロ入りとマリナーズ時代[編集]

2004年MLBドラフト11巡目(全体333位)でシアトル・マリナーズから指名を受けてプロ入りした[5]

2008年の8月に開催された北京オリンピック野球カナダ代表に選出された[6]。同大会では7試合に出場し、28打数8安打、2本塁打、4打点と活躍した[7]

2009年7月25日クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューし[1]、翌7月26日にメジャー初安打を記録した[8]

2010年5月10日ロサンゼルス・エンゼルス戦において、アービン・サンタナからメジャー初本塁打を記録した[9]

2012年は、中堅手の定位置を掴み、自己最多の139試合に出場した。自身初の規定打席をクリアすると、出場試合数・打率・本塁打・打点・盗塁・出塁率・安打・二塁打など、多くの部門で自己記録を更新した[1]。一方で、守備では4失策に抑えた[1]

2013年1月17日第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)本戦のカナダ代表に選出された[10]。同大会では代表は一次ラウンドで敗退となったが[11]、3試合で打率.727・1本塁打・7打点と活躍した[11]3月20日にプールDのMVP、ベストナインを獲得した[11][12]。シーズンでは、出場試合数・打率・本塁打・打点・盗塁の各部門で成績を落とした[1]。打率を下げたが出塁率は(当時)自己最高の.323をマークした[1]

2014年1月15日にマリナーズと1年契約を結んだ[13]。3年ぶりに100試合未満の出場に終わった(78試合)[1]が、打率.273と出塁率.341はそれまでの自己ベストを大きく上回り、長打率.450も自己最高の数値だった[1]。盗塁成功率が初めて5割を下回るなど、走塁面では精彩を欠いた[1]

ブルージェイズ時代[編集]

2014年12月3日J.A.ハップとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[14]

2015年スプリングトレーニング中に左ひざ半月板の手術を受け[15]、開幕は故障者リストで迎えた。4月25日に復帰し[16]、同日のタンパベイ・レイズ戦で新天地デビューを果たした[17]。しかしひざの状態が悪化し、5月10日には再び故障者リストに入った[18]。そのまま3ヶ月余りが経過し、8月18日にはシーズンの残り試合を全て欠場することが決まった[19]。この年は9試合に出場しただけで、打率.194・3打点という成績であった[1]

2016年6月17日ボルチモア・オリオールズ戦において3本塁打8打点を記録する[20][21]など開幕から活躍した。これを受け同年のオールスターゲームでは最終投票で「キャプテン・カナダに投票せよ!(Vote Captain Canada!)」との呼びかけが行われ、カナダから98.6%の票が入り、地元に近い古巣のマリナーズが本拠地を置くシアトルがあるワシントン州からも票が入り[2]ジョージ・スプリンガーらをかわして「34番目の男」に選ばれた[22]。最終投票でブルージェイズの選手が選出されるのは2013年のスティーブ・デラバー以来のことだった[2]。後半戦に入ると失速し、58試合で打率.178・65三振・OPS0.638と苦しんだ[23]。それでも終盤まで左翼手のレギュラーの座をキープし、打率.257・24本塁打(自己ベスト)・57打点(自己ベストタイ)・OPS0.815(自己ベスト)という成績を残した[1]。オフの11月3日FAとなった[5]。オフの12月13日第4回WBCカナダ代表参加の意思を表明した[24]が、最終的に代表には選出されなかった[25]

フィリーズ時代[編集]

2017年1月19日フィラデルフィア・フィリーズと1年900万ドルで契約を結んだ[26]6月20日DFA[27]、23日に自由契約となった[5]

ブルージェイズ復帰[編集]

2017年6月28日に古巣ブルージェイズとマイナー契約を結び、AAA級バッファロー・バイソンズに配属された[5]9月1日セプテンバー・コールアップテオスカー・ヘルナンデスリチャード・ウレーニャルーク・メイリーと共にメジャーに昇格した[28]。オフの11月2日にFAとなった[29]

オリオールズ傘下時代[編集]

2018年2月21日ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[30]が、翌22日にタンパベイ・レイズからコーリー・ディッカーソンが加入すると、出場機会を考慮したソーンダースは契約解除を申し出て受諾された。その翌日の23日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ[31]が、3月24日に自由契約となり、4月2日にオリオールズとマイナー契約を結んだ[32]。開幕から傘下のAAA級ノーフォーク・タイズでプレーしていたが、25試合で打率.161・1本塁打・14打点・2盗塁と結果を残せず、5月15日に自由契約となった[33]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2018年5月21日シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、傘下のAAA級シャーロット・ナイツへ配属された[34]。しかしここでも打率.152と低迷し、6月21日に自由契約となった[35]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 SEA 46 129 122 13 27 1 3 0 34 4 4 1 1 0 6 0 0 40 1 .221 .258 .279 .537
2010 100 327 289 29 61 11 2 10 106 33 6 3 2 1 35 0 0 84 1 .211 .295 .367 .662
2011 58 179 161 16 24 5 0 2 35 8 6 2 5 1 12 1 0 56 1 .149 .207 .217 .424
2012 139 553 507 71 125 31 3 19 219 57 21 4 1 1 43 0 1 132 6 .247 .306 .432 .738
2013 132 468 406 59 96 23 3 12 161 46 13 5 1 6 54 4 1 118 6 .236 .323 .397 .720
2014 78 263 231 38 63 11 3 8 104 34 4 5 2 4 26 1 0 59 2 .273 .341 .450 .791
2015 TOR 9 36 31 2 6 0 0 0 6 3 0 0 0 0 5 0 0 10 1 .194 .306 .194 .499
2016 140 558 490 70 124 32 3 24 234 57 1 2 1 3 59 2 5 157 14 .253 .338 .478 .815
2017 PHI 61 214 200 25 41 9 2 6 72 20 0 1 0 0 13 2 1 51 2 .205 .257 .360 .617
TOR 12 20 18 1 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .167 .250 .167 .417
'17計 73 234 218 26 44 9 2 6 75 21 0 1 0 0 15 2 1 59 2 .202 .256 .344 .600
MLB:9年 775 2747 2455 324 570 123 19 81 974 263 55 23 13 16 255 10 8 711 34 .232 .305 .397 .701
  • 2017年度シーズン終了時
  • 出典はBaseball-reference[1]

表彰[編集]

国際大会

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 55(2009年 - 2014年)[1]
  • 21(2015年 - 2016年、2017年途中 - 同年終了)[1]
  • 5(2017年 - 同年途中)[1]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Michael Saunders Stats” (英語). Baseball-reference.com. 2017年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c Gregor Chisholm (2016年7月8日). “Aye aye Captain: Canada lifts Saunders to ASG” (英語). MLB.com. 2018年4月9日閲覧。
  3. ^ マイケル・ソーンダース」、Yahoo! JAPAN スポーツナビ、2017年4月11日閲覧。
  4. ^ 阪神対マリナーズ MLBオープン戦」、朝日新聞デジタル、2013年3月25日、2017年4月11日閲覧。
  5. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年6月25日閲覧。
  6. ^ Michael Saunders - Canadian Olympic Committee、2017年4月10日閲覧。
  7. ^ Greg Johns, "[Saunders remembers Olympic experience]" - MLB.com、2012年8月9日、2017年4月12日閲覧。
  8. ^ "Mike Saunders to the big leagues" - Baseball Canada、2009年7月26日、2017年4月10日閲覧。
  9. ^ "Mariners 8, Angels 1" - foxsports.com、2010年5月10日、2017年4月10日閲覧。
  10. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (2013年1月17日) 2015年2月20日閲覧
  11. ^ a b c Greg Johns (2013年3月12日). “Classic experience raises Saunders' confidence” (英語). MLB.com. 2017年6月29日閲覧。
  12. ^ "Saunders named to All-World Baseball Classic Team" - Baseball Canada (2013年3月20日) 2015年2月20日閲覧
  13. ^ “Michael Saunders agrees to 2014 contract to avoid arbitration” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年1月15日), http://m.mariners.mlb.com/news/article/66674198/michael-saunders-agrees-to-2014-contract-to-avoid-arbitration/ 2014年6月29日閲覧。 
  14. ^ Gregor Chisholm (2014年12月4日). “Blue Jays acquire Saunders in deal for Happ” (英語). MLB.com. 2017年6月29日閲覧。
  15. ^ Gregor Chisholm (2015年2月27日). “Saunders' prognosis improves to 5-6 weeks: Outfielder has knee surgery after getting hurt stepping on patch of grass around sprinkler head” (英語). MLB.com. 2017年6月29日閲覧閲覧。
  16. ^ Gregor Chisholm (2015年4月24日). “Blue Jays activate Saunders, who will play Saturday” (英語). MLB.com. 2015年4月30日閲覧。
  17. ^ Gregor Chisholm (2015年4月26日). “Saunders debuts in right field for Blue Jays: New addition gives Toronto a historic three Canadian starters” (英語). MLB.com. 2017年4月18日閲覧。
  18. ^ Michael Hoad (2015年5月10日). “Blue Jays place OF Saunders on disabled list”. Sportsnet. 2017年4月18日閲覧。
  19. ^ Jason Lempert (2015年8月18日). “Blue Jays OF Michael Saunders (knee) shut down for 2015”. fantaysnews.cbssports.com. 2017年4月18日閲覧。
  20. ^ Gregor Chisholm (2016年6月18日). “Blue Jays take bat-trick show on the road: Saunders leads Jays to win, hits three homers” (英語). MLB.com. 2017年6月29日閲覧。
  21. ^ "Toronto Blue Jays at Baltimore Orioles Box Score, June 17, 2016", Baseball-reference.com, 2017年4月11日閲覧.
  22. ^ Matt Snyder, "Michael Saunders, Brandon Belt win MLB's All-Star Final Vote," cbssports.com、2016年7月8日、2017年4月11日閲覧。
  23. ^ Michael Saunders 2016 Batting Splits - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年3月18日閲覧。
  24. ^ Cash Kruth (2016年12月13日). “Sources: Saunders to play for Canada in WBC” (英語). MLB.com. 2017年6月29日閲覧。
  25. ^ Russell Martin, Michael Saunders left off Canada’s World Baseball Classic roster” (英語). Sportsnet (2017年2月8日). 2017年5月1日閲覧。
  26. ^ Todd Zolecki (2017年1月19日). “Phils announce 1-year deal with Saunders” (英語). MLB.com. 2017年1月19日閲覧。
  27. ^ Todd Zolecki (2017年6月20日). “Phillies part ways with Saunders, Gomez”. MLB.com. 2017年6月21日閲覧。
  28. ^ Blue Jays call up prospects Hernandez, Urena” (英語). MLB.com (2017年9月1日). 2017年9月2日閲覧。
  29. ^ David Alder (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月30日閲覧。
  30. ^ Jeff Todd (2018年2月9日). “Pirates Sign Michael Saunders” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年3月20日閲覧。
  31. ^ Jeff Todd (2018年3月7日). “Royals Sign Michael Saunders” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年3月20日閲覧。
  32. ^ Daniel Kramer (2018年4月2日). “Saunders joins O's on Minor League pact” (英語). MLB.com. 2018年4月9日閲覧。
  33. ^ Steve Adams (2018年5月15日). “Orioles Grant Michael Saunders His Release” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年5月22日閲覧。
  34. ^ Steve Adams (2018年5月21日). “White Sox Sign Michael Saunders To Minor League Deal” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年5月22日閲覧。
  35. ^ Jeff Todd (2018年6月21日). “White Sox Release Michael Saunders” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]