ロースター (MLB)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メジャーリーグベースボール (MLB) におけるロースター (: Roster, 英語発音: [ˈrɑstɚ]) とは、チームの公式戦に出場できる資格を持つ選手登録枠のこと。26人枠と40人枠の2種類がある。近年のマスメディアでは原音に近い「ロスター」と表記される。

概要[編集]

単に「ロースター」と言った場合は通常、負傷者リスト・育休リスト・忌引リスト等に入っており一時的に試合出場停止となっている選手も含まれる。これらの選手を除いた、実際に試合でプレー可能な選手枠はアクティブ・ロースター (: active roster) と呼ばれる。

直近の変更点[編集]

ロースターの詳細規定は、2020年シーズンから大きく変更されている。2019年以前と比較した変更点は以下のとおり[1]。それぞれ後述する。

  1. 25人枠 → 26人枠 へ拡大
  2. セプテンバー・コールアップ中のアクティブ・ロースター枠を「最大40人」→「28人」へ縮小
  3. アクティブ・ロースターの選手を「投手」「野手」「二刀流」に明確に区分する(新ルール)

26人枠と40人枠[編集]

26人枠 (: 26-man roster) とは、MLB公式戦に出場できる選手登録枠のこと。レギュラーシーズン開幕から8月31日までの公式戦、およびポストシーズン中は26人枠が自動的にアクティブ・ロースターとなり、この26人で各試合の選手起用をやり繰りする必要がある。

40人枠 (: 40-man roster) とは、MLB各球団が直接支配下に置く40人の選手登録枠のこと。拡大ロースター (: expanded roster) とも呼ばれる。26人枠の選手は全員が40人枠に含まれ、40人枠の選手は全員がメジャー契約[2]を結ぶ。ポストシーズンゲーム出場には原則として8月31日時点で当該チームの40人枠内に入っていることが必要条件になる[3][注釈 1]。また12月に開催されるルール5ドラフトにおいて、40人枠の選手は指名対象外となる。

8月31日までの間、26人枠に含まれない40人枠内の選手は、40人枠外のマイナー契約[2]選手たちと共にマイナーリーグの試合に出場しながら、26人枠の選手との入れ替わりでメジャー昇格 (: Call-up) する機会を待つことになる。

新たな選手を40人枠に登録する場合は、40人枠内の任意選手にDFA (: Designated For Assignment) の措置をして40人枠から外すか、負傷者リスト(60日)へ登録することによって枠を空ける必要がある。

セプテンバー・コールアップ[編集]

9月1日以降のレギュラーシーズン中はアクティブ・ロースターの枠が28人に拡大される[1](登録28人未満は不可)[5]。これを「セプテンバー・コールアップ」 (: September call-up) と呼ぶ。なお9月1日以降でも、マイナー契約選手はまず40人枠に入らない限りアクティブ・ロースター入りの可能性はない。

ダブルヘッダーに伴う追加登録枠[編集]

2012年シーズンから、昼と夜に分かれて行われる48時間以上前に開催が決まった8月31日までのダブルヘッダー開催日に限り、アクティブ・ロースターに選手を1人追加登録することが可能となった[6]

選手区分[編集]

各選手がそのシーズンで初めてMLBのアクティブ・ロースターに登録される際、各チームはその選手を「Pitcher(投手)」「Position Player(野手)」「Two-Way Player(二刀流選手)」のいずれかに区分しなければならない。各区分の条件や制約などは以下のとおり。[1][7][8]

  • Pitcher(投手)
    • アクティブ・ロースターに13人以内(ダブルヘッダー追加登録時、またはセプテンバー・コールアップ期間中は14人以内)
    • 野手や指名打者として出場することに制限なし
    • 「野手」区分への変更は、当シーズン終了まで不可
  • Position Player(野手)
    • 以下のいずれかに該当する状況でのみ、投手として公式戦に登板できる。
      1. 延長戦
      2. 6点差以上開いている
    • 「投手」区分への変更は、当シーズン終了まで不可
  • Two-Way Player(二刀流選手)
    • 当シーズン内(または直前1シーズン内)で以下を共に満たした選手は自動的に Two-Way Player に認定される。
      1. 投手として20イニング以上投げている
      2. 野手または指名打者として先発出場し、且つ3打席以上を記録した試合が20以上ある
    • Two-Way Player は以下の権利を得る。
      1. 人数計算上「投手/野手」の区分から外れ、投手/野手/指名打者いずれでも制限なく出場できる
      2. 「投手」として負傷者リストに登録し、マイナーリーグの試合にリハビリ出場しながら (: Rehab assignment) 、同時に「野手/指名打者」としてアクティブ・ロースターに留まる(MLB公式戦に出場する)ことを選択できる[9]
    • 取得した Two-Way Player 区分は当シーズン終了まで有効。翌シーズン以降は再び上記条件を満たしていることが必要。

MLB公式サイトは「Two-Way Player 区分の選手がいるチームは、投手を余分にアクティブ・ロースターへ登録できるメリットが得られる[注釈 2]」と解説している。なおルール施行年の2020年に限り、一昨年(2018年)に条件を満たした選手も Two-Way Player に認定され、その特例により大谷翔平がMLB初の適用選手となった[8]。こうした経緯もあり、一部メディアはこの二刀流に関する規定を "The Shohei Ohtani rule"(大谷翔平ルール)と名付けた[10]

サービスタイム[編集]

キャリア通算で、各選手がレギュラーシーズン中にMLBのアクティブ・ロースター(負傷者リストなど各種出場停止リスト登録中期間も含む)に登録されていた日数を「(メジャーリーグ)サービスタイム」 (: Major League Service time , 以下MLS) と呼ぶ[11]

表記上は登録1日でMLS=0.001、171日で0.171、172日で小数点が繰り上がり1.000となる。MLBのレギュラーシーズン期間は例年180日以上あるが[注釈 3]、年間172日以上登録されればMLSが1年分 (1.000) 加算される。1シーズンで獲得できるMLSは最大で1.000(年間173日以上登録されてもMLSは一律1.000の加算)。また、1シーズンのオプション期間(40人枠に留まったまま、26人枠から外されていた期間)が合計20日未満だった選手は、40人枠に172日以上登録されていればMLSが1.000加算される[12]

MLSが5.000に達すると、選手はマイナー降格: Option - 40人枠に残したまま26人枠から選手を外す措置)に対する拒否権を取得する[13][注釈 4]。そのほか、MLSの蓄積によって以下の権利を取得する。

MLS 取得する権利
3.000に近い 年俸調停権 ※追加条件あり
3.000 年俸調停権
DFAなどに伴う)マイナー契約拒否権
5.000 マイナー降格拒否権
6.000 FA権
10.000 トレード拒否権 ※追加条件あり

以上の規定により、チーム不動の主力となりうる若手有望選手(トッププロスペクト)について、多くの球団はシーズン開幕から一定期間が過ぎた時期にメジャーデビュー(アクティブ・ロースター入り)させている。これは、デビューを少し遅らせることで6年目終了時にMLSが6.000に到達しないようにし、実働7年目終了まで保留権をキープしようとする思惑のため[14]

マイナー・オプションとマイナー降格[編集]

「マイナー・オプション」(または単に「オプション」)とは、40人枠内(26人枠外)で球団が有望選手を飼い殺すことを防ぐために設けられた規定。MLB規約の第11条で述べられている[15]。選手は、キャリアで初めて40人枠に登録された際に「マイナー・オプション」を3シーズン分与えられ、以下のとおり運用される[16]

  • マイナー降格の措置を受けた選手は、オプションが発動したとみなされる。また、シーズンの開幕26人枠に入れなかった40人枠の選手もオプションが発動したとみなされる。
  • オプション発動中の選手に対して、球団は当年シーズン終了までの間、26人枠と40人枠間でその選手を何度でも自由に昇降格させることができる。
    • なおマイナー降格した選手は、10日間(投手は15日間)経過しないと再昇格 (: Recall) させることができない。ただし、アクティブ・ロースターの選手の負傷者リスト登録に伴って代替選手を補充する場合、またはダブルヘッダーに伴う追加選手登録時に限り、マイナー降格後の経過日数にかかわらず即再昇格させることが可能[17]
  • シーズン終了時、同シーズンでのマイナー在籍期間が合計20日以上だったオプション発動選手は、1シーズン分のマイナー・オプションを消費する[18]
    • 長期負傷選手(同シーズン中、負傷者リストに登録されていなかった期間が30日未満の選手)は、マイナー・オプションを消費しない。
    • プロ在籍5年[注釈 5]に達する前に3シーズン分のマイナー・オプションを消費し終えた選手には、1シーズン分のマイナー・オプションが追加で与えられる[16][19]

マイナー・オプションを使い果たした選手に対し、球団はオプションを発動させることができなくなる。もしアクティブ・ロースターから外したい場合は、前述のマイナー降格拒否権を持つ選手のケースと同じく「DFAの措置をして40人枠からも外す(DFA後、トレードまたはウェイバー公示を行う必要があり、他球団から獲得申込みがあった場合はその選手を放出しなければならないリスクがある)[注釈 6]」または「負傷者リスト登録」「トレード」といった手段を用いる必要がある。マイナー・オプション数は、チーム移籍やDFA・自由契約などによっても回復することはない。[17]

以上から、3シーズンを超えて特定選手を26人枠外(40人枠内)で保有し続けることは原則不可能となっている。

登録リスト[編集]

ロースター内の選手が特定の理由により試合出場不可能となった場合、以下の各種リストに登録することで該当選手は出場メンバーから一時的に離脱し、ロースターの人数勘定から外れる。これにより枠が空き、代替選手を40人枠や傘下マイナー組織などから補充することができる。なお代替選手の登録や再降格に際しては特別な優遇措置は無く、通常と同じくCall-up/Option等の手順を踏む必要がある。

負傷者リスト (Injured List)[編集]

「10日間ILまたは15日間IL」に登録中の間、選手はアクティブ・ロースターの人数勘定から外れる(他選手をアクティブ・ロースターに補充することができる)。「60日間IL」に登録中の間、選手は更に40人枠の人数勘定からも外れる(他選手を40人枠に加えることができる)。

忌引リスト (Bereavement List) / 家族救急リスト (Family Medical Emergency List)[編集]

アクティブ・ロースターの選手の家族(2親等内の血族配偶者およびその両親)に不幸があった、または救急医療の必要が生じた場合、選手は最低3日間・最高7日間一時離脱できる。各リストに登録中の間、40人枠の他選手をアクティブ・ロースターに補充することができる。なお離脱期間が7日間を超える場合、制限リスト(後述)への登録に移行する必要がある[12]

育休リスト (Paternity List)[編集]

育休リスト (: Paternity List) は2011年シーズンから導入された。アクティブ・ロースターの選手が家族の出産に立ち会う、産後に母子の世話をするなどの理由で24時間から72時間の一時離脱が許可され、離脱中は40人枠の他選手をアクティブ・ロースターに補充することが可能になった。MLBでは家族の出産に立ち会うため試合を休む選手は珍しくないが、この制度が出来るまでは代替選手の登録などは不可能だった。

初適用は、2011年4月15日レンジャーズコルビー・ルイスで、第2子の出産後にチームから一時離れた[20][21]

制限リスト (Restricted List)[編集]

薬物規定違反や事件関与などによりMLB機構から出場停止処分を科された選手は、自動的に制限リスト (: Restricted List) に登録される。また、選手の私的な事情(卒業まで学業優先、選手からの休職要望、無断離脱や行方不明、チーム内での不祥事や揉め事、など)により、各チームが制限リストへの選手登録をMLB機構に申請する場合がある。登録された選手はロースターから外れ、登録されている期間の日数はMLSに加算されず、球団側に賃金の支払い義務も発生しない。加えて、選手はチーム帯同や練習への参加、球団保有施設の利用も一部制限されるが、選手の保留権は球団が引き続き保持した状態となる。[22]

特例[編集]

2020年[編集]

新型コロナウイルス (COVID-19) 感染拡大の影響によってレギュラーシーズンが60試合に短縮された2020年[23]は、ロースター規定も大幅に変更された。2020年限定の主な規定は以下のとおり[24][25]

  • レギュラーシーズン開幕から2週間は、アクティブ・ロースターを最大30人(最少25人)に拡大。以降、シーズン終了までは最大28人に拡大[26]
    • ダブルヘッダーに伴う追加選手登録は開幕5週目以降から適用開始。9月の登録枠拡大(セプテンバー・コールアップ)は無し。
  • 負傷者リスト (IL) の60日間ILを45日間ILに短縮。15日間ILは10日間ILに短縮。また「COVID-19関連IL (COVID-19 related injured list) 」を新設。
  • 球団は、従来のアクティブ・ロースターや40人枠のリストに加え、プレーヤー・プール (Player Pool, 最大60人) と呼ばれる選手リストを提出する。
    • アクティブ・ロースターに登録されていないプレーヤー・プール登録選手は、シーズン終了まで本拠地球場に近い代替トレーニング地 (Alternate Training Site) で待機し、練習・調整を行う。
    • プレーヤー・プールに登録されていない選手は、2020年のMLBサマーキャンプやMLB公式戦に参加できない。シーズン中にトレードすることもできない。
    • 40人枠に登録されていない選手は(プレーヤー・プールに登録されていても)負傷者リストに登録できない。ただしCOVID-19関連ILには登録可能。
    • トレード放出・解雇・DFA・選手譲渡 (Waiver Claim)・選手返還(ルール5ドラフト獲得選手の返還)に伴い、選手は球団のプレーヤー・プールから永久的に削除される。また、45日間IL・COVID-19関連IL・制限リスト登録に伴い、選手は所定期間プレーヤー・プールの人数勘定から外れる。これらにより、新たな選手を空いたプレーヤー・プールに登録することが可能。逆に言えば、これらの手続き無しで選手をプレーヤー・プールから除外することはできない。
    • DFAを除き、プレーヤー・プールから一度削除された選手は、同球団のプレーヤー・プールに再登録することができない。
  • 「タクシー・スクワッド」(Taxi Squad) ルールを新設。
    • ビジターゲーム(遠征時)において、チームはアクティブ・ロースターに加え、予備登録選手として最大5人[26]の選手(タクシー・スクワッド)を帯同させることができる。
    • タクシー・スクワッドは、プレーヤー・プールの登録選手から選抜する。ただし、捕手を1人以上登録しなければならない。
    • タクシー・スクワッドは、遠征中にアクティブ・ロースターから負傷者やCOVID-19の影響による離脱者が発生した場合、代替選手としてその遠征試合に出場する資格を得る。なお出場の有無にかかわらず、MLSに日数加算はされない。
  • 選手区分(前述)の新ルール適用は延期。
    • 野手でも、試合状況にかかわらず投手として公式戦に登板できる。
    • 投手の人数制限は行わない。
  • MLSは日割り計算により加算される[27]

2021年[編集]

以下の特別規定については、2021年も継続して施行される[28]

  • 負傷者リスト (IL) の15日間ILは10日間ILに短縮。「COVID-19関連IL (COVID-19 related injured list) 」の設置。
  • プレーヤー・プールと代替トレーニング地 (Alternate Training Site) の設置 ※マイナーリーグ開幕までの期間
  • タクシー・スクワッド
  • 選手区分の新ルール適用延期

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、8月31日の時点で60日間の負傷者リスト入りした日から60日以上経過している選手がいる場合は、その選手の代わりに8月31日に40人枠に入っていない選手の登録をコミッショナー事務局に請願できる。2014年のポストシーズンにブランドン・フィネガンがこの例外を適用した[3]。また、2014年までは、8月31日時点で当該チームの25人枠に入っていないとポストシーズンには原則出場できなかった(負傷者リスト入り選手発生時には40人枠の選手が代替出場可能)が、2015年から本文記載の規定に変更された[4]
  2. ^ MLB公式サイト (David Adler) は「Two-Way Playerを作りたい場合、まずは投手枠で登録し、試合出場を重ねるのが妥当な手段になる。しかし投手力がMLBレベルに達していない未熟な選手の場合、Two-Way Player区分を取得するまでの間はチームの投手枠を1人分圧迫することになるため、真に有能でないTwo-Way Player候補選手はその価値を失う」という旨の解説もしている。
  3. ^ 例えば、2018年は186日間。
  4. ^ このため、マイナー降格させられない選手をアクティブ・ロースターから外したい場合はDFA、負傷者リストの利用といった手段で枠を空けることになる。
  5. ^ 各年において、メジャーリーグおよび傘下マイナーリーグ各フェイズでアクティブ・ロースター入りしていた日数の総和が90日間以上だった場合、プロ在籍1年とみなされる。
  6. ^ なお、40人枠から外れた選手は同じく飼い殺し対策として制定されたルール5ドラフト(12月開催)において他球団から指名される可能性が発生する。

出典[編集]

  1. ^ a b c Katherine Acquavella (2019年3月14日). “MLB announces multiple rule changes for 2019, 2020 seasons” (英語). CBS Sports. https://www.cbssports.com/mlb/news/mlb-announces-multiple-rule-changes-for-2019-2020-seasons-including-single-trade-deadline-expanded-rosters-and-more/ 2019年10月30日閲覧。 
  2. ^ a b 40人枠(メジャー契約)と、40人枠外(マイナー契約)では最低保証年俸に大きな差がある。2020年時点で、メジャー契約選手の最低保証年俸は563,500ドル。マイナー契約では10,000ドル未満となることも。Transaction Glossary” (英語). Cot's Baseball Contracts. 2019年12月4日閲覧。 / “あまりの格差に3A選手が給料明細公開 年俸約88万円が米で話題「夢へと近づく一方で…」”. Full-Count. (2019年10月9日). https://full-count.jp/2019/10/09/post566270/ 2019年10月9日閲覧。 
  3. ^ a b Glossary / Transactions / Postseason Eligibility” (英語). MLB.com. 2017年6月13日閲覧。
  4. ^ 今季から変わったプレーオフの出場資格”. BASEBALLKING(株式会社フロムワン) (2015年10月5日). 2016年10月7日閲覧。
  5. ^ Anthony Castrovince (2019年3月14日). “Rule changes coming this year and next” (英語). MLB.COM. https://www.mlb.com/news/mlb-rules-changes 2019年10月30日閲覧。 
  6. ^ Jayson Stark (2011年11月22日). “How the new CBA changes baseball” (英語). ESPN. http://espn.go.com/mlb/story/_/id/7270203/baseball-new-labor-deal-truly-historic-one 2011年11月23日閲覧。 
  7. ^ David Adler (2019年3月15日). “The new two-way player rule, explained” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/two-way-player-rule-explanation 2019年10月30日閲覧。 
  8. ^ a b David Adler (2020年2月12日). “Rule changes announced for 2020 season” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/mlb-rule-changes-for-2020-season 2020年2月13日閲覧。 
  9. ^ Rhett Bollinger (2020年1月30日). “How rule changes can increase Ohtani's value” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/shohei-ohtani-can-play-both-ways-with-rule-change 2020年1月31日閲覧。 
  10. ^ Dayn Perry (2020年2月13日). “MLB announces rule changes for 2020 season, including three-batter minimum and two-way player designation” (英語). CBS Sports. https://www.cbssports.com/mlb/news/mlb-announces-rule-changes-for-2020-season-including-three-batter-minimum-and-two-way-player-designation/ 2020年2月13日閲覧。 
  11. ^ Service Time” (英語). MLB.com. 2020-12-21日閲覧。
  12. ^ a b Transaction Glossary” (英語). Cot's Baseball Contracts. 2020年12月21日閲覧。
  13. ^ Minor League Options” (英語). MLB.com. 2020年1月17日閲覧。
  14. ^ 宇根夏樹 (2018年3月27日). “メジャーデビュー直前のプロスペクト2人。一方は2400万ドルで契約延長、一方は3000万ドルを却下”. Yahoo! JAPANニュース個人. 2019年2月4日閲覧。
  15. ^ THE OFFICIAL PROFESSIONAL BASEBALL RULES BOOK (RULE 11—Optional Agreements) (PDF)”. p. 80. 2018年1月25日閲覧。
  16. ^ a b 'Options' abound: Common term explained”. en:MLB.com (2011年3月30日). 2018年1月25日閲覧。
  17. ^ a b Player Options”. FanGraphs. 2016年4月23日閲覧。
  18. ^ Natsuki Une (2014年4月18日). “選手の飼い殺しを防ぐ「マイナー・オプション」”. GYAO!. 2014年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月11日閲覧。
  19. ^ Natsuki Une (2016年4月25日). “カブス川﨑が、今季もウェーバーを経由しないで降格される理由”. ベースボールチャンネル. 2016年4月25日閲覧。
  20. ^ “元広島のルイス 愛娘誕生で「育休リスト」入り第1号”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2011年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/17/kiji/K20110417000642500.html 
  21. ^ “元広島ルイス、大リーグ初「育休」”. 日刊スポーツ. (2011年4月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20110417-762272.html 
  22. ^ Restricted list - BR Bullpen”. en:Baseball-Reference.com. 2016年4月23日閲覧。
  23. ^ Mark Feinsand (2020年6月24日). “Play Ball: MLB announces 2020 regular season” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/mlb-announces-2020-regular-season 2020年6月25日閲覧。 
  24. ^ Anthony Castrovince (2020年6月24日). “FAQ: All you need to know about 2020 season”. MLB.com. 2020年6月29日閲覧。
  25. ^ Mark Feinsand (2020年6月28日). “FAQ: Roster and transaction rules for 2020” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/mlb-roster-transaction-rules-for-2020-season 2020年6月29日閲覧。 
  26. ^ a b David Adler (2020年8月6日). “Team rosters can stay at 28 through season”. MLB.com. https://www.mlb.com/news/mlb-teams-28-man-rosters-through-2020-season 2020年9月11日閲覧。 
  27. ^ 計算上、2020年レギュラーシーズン期間66日のうち61日以上アクティブ・ロースターに登録されていれば、1年分のMLSを得られることになる。Jeff Passan (2020年6月27日). “Inside MLB's 2020 season plan to play through a pandemic -- and where it could go wrong” (英語). ESPN.com. https://www.espn.com/mlb/story/_/id/29362126/inside-mlb-2020-season-plan-play-pandemic-where-go-wrong 2020年6月29日閲覧。 
  28. ^ “A guide to the 2021 MLB season”. MLB.com. (2021年4月3日). https://www.mlb.com/news/what-you-need-to-know-about-mlb-in-2021 2021年4月8日閲覧。 

関連項目[編集]