ブランドン・フィネガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブランドン・フィネガン
Brandon Finnegan
シンシナティ・レッズ #31
BrandonFinnegan2017a.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州フォートワース
生年月日 (1993-04-14) 1993年4月14日(25歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト1巡目(全体17位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2014年9月7日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ブランドン・カイル・フィネガンBrandon Kyle Finnegan, 1993年4月14日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州フォートワース出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、MLBシンシナティ・レッズに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2011年MLBドラフトテキサス・レンジャーズから45巡目指名されたが、この時は入団せずテキサスクリスチャン大学に進学。

2013年には第39回日米大学野球選手権大会のメンバーとして来日している。

プロ入りとロイヤルズ時代[編集]

2014年MLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから1巡目(全体17位)指名され[1]6月28日に契約[2]。入団後は傘下のA+級ウィルミントン・ブルーロックスとAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでプレー。マイナーでは2球団合計で13試合(先発5試合)に登板し、0勝4敗・防御率1.33だった。

9月1日にセプテンバーコールアップでメジャー初昇格[3]9月7日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビューしたが、これは2014年のドラフトで指名された選手の中で最も早いメジャーデビューとなった。同年メジャーでは7試合・7.0イニングと出番こそ少なかったが、防御率1.29、投球回を上回る10三振を奪った一方で与四球は僅かに1と実力を発揮した。

ロイヤルズは同年、29年ぶりにポストシーズンに進出したが、フィネガンもメンバー登録された。9月30日オークランド・アスレチックスとのワイルドカードゲームでは延長10回表から6番手として登板し、2.1回を投げた。12回表にアルベルト・カヤスポに勝ち越しの適時打を打たれたが、後続を代わったジェイソン・フレイザーが抑え、その裏にチームは2点を挙げて逆転でサヨナラ勝ちした。10月3日ロサンゼルス・エンゼルスとのディビジョンシリーズ第2戦では延長10回裏から4番手として登板して無失点に抑え、11回表にチームは勝ち越して逃げ切ったため、勝利投手となった。

2015年は開幕をマイナーで迎えたが、4月25日にメジャーへ昇格した[4]。メジャーでは14試合に登板し、防御率2.96・3勝無敗・WHIP1.19という好成績をマーク。

レッズ時代[編集]

2015年7月26日ジョニー・クエトと金銭のトレードで、ジョン・ラムコディ・リードと共にシンシナティ・レッズへ移籍した [5]。レッズ加入後は、リリーフではなく先発で起用され、6試合中4試合で先発として投げた。防御率4.18・2勝2敗・WHIP1.23というスタッツのほか、23.2イニングで三振を24個奪った。トータルでは20試合に登板し、うち4試合が先発登板、防御率3.56・5勝2敗・WHIP1.21・21四球・45奪三振という成績を記録した。

2016年、メジャー3年目で初めてフルシーズン先発ローテーションに定着し、31試合に先発登板。リーグワースト2位の84四球を出す制球面での課題はあったが、防御率3.98・10勝11敗・145奪三振・WHIP1.36というまずまずの成績を残し、低迷するチームにあってローテーションの中心的存在の1人として力投した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 KC 7 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 28 7.0 6 0 1 0 0 10 0 0 1 1 1.29 1.00
2015 14 0 0 0 0 3 0 0 0 1.000 99 24.1 16 3 13 0 1 21 0 0 8 8 2.96 1.19
CIN 6 4 0 0 0 2 2 0 0 .500 98 23.2 21 5 8 0 0 24 0 0 11 11 3.56 1.23
'15計 20 4 0 0 0 5 2 0 0 .714 197 48.0 37 8 21 0 1 45 0 0 19 19 3.56 1.21
2016 31 31 1 0 0 10 11 0 0 .476 734 172.0 150 29 84 2 4 145 6 2 86 76 3.98 1.36
2017 4 4 0 0 0 1 1 0 0 .500 59 13.0 9 1 13 0 0 16 1 0 6 6 4.15 1.69
2018 5 5 0 0 0 0 3 0 0 .000 103 20.2 27 5 15 2 0 14 1 0 20 17 7.40 2.03
MLB:5年 67 44 1 0 0 16 18 0 1 .471 1121 260.2 229 43 134 4 5 230 8 2 132 119 4.11 1.39
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 27 (2014年 - 2015年途中)
  • 31 (2015年途中 - 同年終了)
  • 29 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kaegel, Dick (2014年6月6日). “Royals draft TCU lefty Finnegan with first pick”. MLB.com. 2014年10月13日閲覧。
  2. ^ Alexander, Jackson (2014年6月29日). “Royals ink top Draft pick Finnegan”. MLB.com. 2014年10月13日閲覧。
  3. ^ Grathoff, Pete (2014年9月1日). “Less than three months after being drafted, Brandon Finnegan is in a Royals uniform”. The Kansas City Star. 2014年10月13日閲覧。
  4. ^ “Royals recall prospect Finnegan, option Calixte” (英語). MLB.com. (2015年4月25日). http://m.royals.mlb.com/news/article/120261728/royals-recall-brandon-finnegan-and-option-infielder-orlando-calixte 2015年5月4日閲覧。 
  5. ^ Ruben Palacios (2015年7月26日). “Reds acquire pitchers Finnegan, Lamb and Reed in trade” (英語). FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25250828/reds-acquire-pitchers-finnegan-lamb-and-reed-in-trade 2015年7月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]