メジャーリーグベースボールの永久欠番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
42番がメジャーリーグ全球団の永久欠番に制定されたジャッキー・ロビンソン

メジャーリーグベースボールの永久欠番Major League Baseball retired numbers)はメジャーリーグベースボール(MLB)の競技者・関係者などに対して適用される永久欠番について述べる。MLBのチームにとって、多くの背番号は受け継がれ使い回されるものであるが、多大な功績を残した人物の使用した背番号を、その人物の栄誉と栄光の歴史を末永く称えるために、チーム内で欠番として本人しか利用できないようにしたものが永久欠番である。

概要[編集]

背番号の始まりは、1916年クリーブランド・インディアンスが、選手をより識別しやすくし、スコアカードの販売を増やすために制服に番号を付けたのが始まりとされる。初めて背番号を採用したのは、1929年ニューヨーク・ヤンキースだった。当初の背番号が付ける本人が決めるものではなく打順ごとに番号を割り振っただけだった。そのため、ベーブ・ルースは3番、ルー・ゲーリッグは4番をつけていた。

永久欠番の歴史は1939年7月、ルー・ゲーリッグが使用していた背番号4を欠番としたことに始まる。この年ゲーリッグは不治の病とされていた筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリッグ病)で6月に引退を余儀なくされたが、長年の功績に敬意を表して、彼が病気から復帰するまでチームとして彼の背番号を他の誰にも使わせないという意味で欠番措置にした。そのことに対してゲーリッグは引退後もチームに居続けることができることに歓喜した[注釈 1][1]

当初はあくまでもゲーリッグのみに対してのみ設けられた措置であったが[注釈 2]ナショナル・リーグニューヨーク・ジャイアンツカール・ハッベルの「11」が永久欠番に指定されたことで徐々にほかのチームも取り入れるようになった。野球は他のスポーツとは違い、監督やコーチもユニフォームを着用するため、監督やコーチも永久欠番の対象になっており、それ以来150人以上の背番号が永久欠番となっている。特に最初に永久欠番を制定したヤンキースでは、2017年デレク・ジーターの「2」の永久欠番をもって1桁の背番号がすべて永久欠番となっている。一部の人物は複数のチームで欠番になったり、複数の人物がチーム内の同じ番号で顕彰されているケースもある。また、タイ・カッブクリスティ・マシューソンのような背番号がなかった時代の選手や、背番号を持たないオーナーなどの球団関係者やチームに長年貢献したスポーツキャスターも永久欠番の対象となり、その場合「欠番扱い」として扱われる。

1901年以降では初の黒人選手で[注釈 3]、その後の黒人選手のMLBでのプレーの道を切り開いたジャッキー・ロビンソンの「42」は1972年ロサンゼルス・ドジャースで永久欠番となっていたが、MLBは1997年4月15日にロビンソンのデビュー50周年の記念して「42番」を全球団で永久欠番に制定した[注釈 4]。ただし、制定される以前から42を使っていた選手は、特例として継続して使用することが認められた。MLBで最後に42をつけた選手はヤンキースのマリアノ・リベラで、2013年シーズンを最後に現役引退したことにより欠番の例外となる人物はいなくなった。

上記の「42」を除いて永久欠番の決まり方にリーグの規定はなく、各球団に委ねられている[注釈 5]

その他、ブルージェイズはチーム創設以来、永久欠番制度を設けずに、「レベル・オブ・エクセレンス」という形で背番号を欠番とせずに、個人として顕彰していたが[注釈 6]、2011年ロベルト・アロマーの12を永久欠番とした事で、他球団と足並みを揃えた(ただしレベル・オブ・エクセレンスとしての顕彰は引き続き行なっている)。現在はワシントン・ナショナルズ[注釈 7]を除く全チームが、MLB指定の「42」を除いた番号で一つ以上の永久欠番を指定している。

永久欠番[編集]

dagger アメリカ野球殿堂表彰者

全球団共通[編集]

チーム 番号 欠番対象者 制定年月日 ポジション 備考
全球団[4] 42 ジャッキー・ロビンソン Jackie Robinson dagger 1997年4月15日 内野手 1997年4月15日にロビンソンのMLBデビュー50周年を記念して、MLBはマイナー・リーグを含めた全球団で永久欠番に指定。

アメリカン・リーグ[編集]

ナショナル・リーグ[編集]

複数球団にまたがる同一人物の永久欠番

現在までに12名が存在する。

複数の競技者を称えた永久欠番

現在までに6つのケースがある。

失効した永久欠番[編集]

一度永久欠番として制定されたが失効した番号がある。ワシントン・ナショナルズは前身のモントリオール・エクスポズで永久欠番に制定されていた3つの番号を2005年の本拠地のワシントンへの移転に伴い、「エクスポズの永久欠番」という扱いとなった[注釈 10]ウィラード・ハーシュバーガーカール・バーガーは一度欠番に指定されたが、その後、解除された。

名誉番号(準永久欠番)[編集]

永久欠番にはなっていないものの敬意を表して永久欠番に準ずる形で、通常、名誉番号(honored(honoured) number)と呼ばれ、非公式ながら欠番として顕彰している番号。

未だ現役の選手を含めて将来的に永久欠番となる可能性を有するものを含めて、欠番状態が継続している番号を記載する

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 引退の際、 "Today, I consider myself the luckiest man on the face of the Earth."(「今日の私は自分を地球上で最も恵まれた男だと思っています」)と残している。
  2. ^ 一方でベーブ・ルースのヤンキース退団以降、1935年から1948年に永久欠番に指定されるまで13年間で合計7人の選手がヤンキースの「3」をつけていた[1]
  3. ^ ジャッキー・ロビンソンがメジャーリーグ最初の黒人選手であると誤解されがちだが、実際にはアフリカ系アメリカ人のモーゼス・フリート・ウォーカーが1884年にトレド・ブルーストッキングスでプレーしているのでこちらが確認できる黒人選手第一号である。
  4. ^ なお「42」の永久欠番指定はMLB傘下の全てのチームが対象なので、マイナーリーグも全て永久欠番になっている。
  5. ^ 例えばシアトル・マリナーズの場合はチームに5年以上在籍した野球殿堂入り選手、もしくはマリナーズ一筋でプレーして惜しくも殿堂入りを逃した選手にのみ、その資格を与えていると明記している[2]。背番号51がイチローの引退後、即座に永久欠番にならないのはそのためである。同じくレッドソックスも10年以上チームでプレーした野球殿堂入り選手が対象としているなど、多くの球団は殿堂入りが第一条件としている[2]。しかしながらホワイトソックスではハロルド・ベインズをトレードに出した時に、同情したオーナーの独断での現役中にも関わらず「3」を永久欠番にしたり、上述のレッドソックスでも殿堂入りしていないにもかかわらず、ジョニー・ペスキーの「6」を欠番にしたり、例外ケースも多い[2]
  6. ^ 顕彰対象はジョージ・ベル(1996年4月9日)、デーブ・スティーブ(1996年4月9日)、シト・ガストン(1999年7月30日)、ジョー・カーター (1999年7月30日)、トニー・フェルナンデス(2001年9月23日)、パット・ギリック(2002年8月7日)、トム・チーク(2004年8月29日)、ロベルト・アロマー(2008年4月4日)、ポール・ビーストン(2008年4月4日)、カルロス・デルガド(2013年7月21日)、ロイ・ハラデー(2018年3月29日)[3]
  7. ^ モントリオール・エクスポズがワシントンに本拠地を移動した際に、それまでの永久欠番指定をエクスポズの永久欠番として、指定を解除している。
  8. ^ ジーンズメーカーのリーバイスのオーナーでもある。
  9. ^ メッツに在籍経験はないものの、現役引退後、半世紀にわたってチームの実況を担当した功績を称えてマイクロフォンという形で永久欠番指定されている。
  10. ^ ただしナショナルズの公式ホームページでは現在においてもこれらもチームの永久欠番として紹介されている。
  11. ^ ただし永久欠番に指定したわけではなく、あくまでも当面使用を控えるという形であった。ナショナル・リーグ初の永久欠番は1944年のジャイアンツのカール・ハッベルの11である。
  12. ^ この判断は球団が遺族に無断での事だったために、遺族やメディアはこの判断を激しく批判したものの撤回は求めなかった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 日米比較プロ野球背番号を楽しむ小事典
  2. ^ a b c 大リーグ永久欠番物語 2013, pp. 65
  3. ^ Level of Excellence
  4. ^ Jackie Robinson Timeline (1980-Present)”. DODGERS.COM. 2013年2月13日閲覧。
  5. ^ “Awards and Honors Retired Numbers”. yankees.com. http://mlb.mlb.com/nyy/history/retired_numbers.jsp 2017年2月9日閲覧。 
  6. ^ “Awards and Honors Retired Orioles Numbers”. Orioles.com. http://mlb.mlb.com/bal/history/retired_numbers.jsp 2017年2月9日閲覧。 
  7. ^ “Awards and Honors Retired Numbers”. redsox.com. http://mlb.mlb.com/bos/history/retired_numbers.jsp 2017年2月9日閲覧。 
  8. ^ “Records, Stats & Awards Retired Numbers”. RaysBaseball.com. http://mlb.mlb.com/tb/history/retired_numbers.jsp 2017年2月9日閲覧。 
  9. ^ “Records, Stats and Awards Retired numbers”. BLUE JAYS.com. http://mlb.mlb.com/tor/history/retired_numbers.jsp 2017年2月9日閲覧。 
  10. ^ “White Sox Records & Awards Retired Numbers”. whitesox.com. http://mlb.mlb.com/cws/history/retired_numbers.jsp 2017年2月10日閲覧。 
  11. ^ “Indians Records & Awards Retired Numbers”. Indians.com. http://mlb.mlb.com/cle/history/retired_numbers.jsp 2017年2月8日閲覧。 
  12. ^ “Detroit Tigers Team History & Encyclopedia”. Baseball-Reference.com. http://www.baseball-reference.com/teams/DET/ 2017年2月10日閲覧。 
  13. ^ “Royals Records & Awards Awards Retired Numbers”. royals.com. http://mlb.mlb.com/kc/history/retired_numbers.jsp 2017年2月10日閲覧。 
  14. ^ “Twins Records & Awards Retired Numbers”. twinsbaseball.com. http://mlb.mlb.com/min/history/retired_numbers.jsp 2019年7月18日閲覧。 
  15. ^ “Astros Records & Awards Retired Numbers”. Astros.com. http://mlb.mlb.com/hou/history/retired_numbers.jsp 2017年2月8日閲覧。 
  16. ^ “Angels Records & Awards Retired Numbers”. Angels.com. http://mlb.mlb.com/ana/history/retired_numbers.jsp 2017年2月8日閲覧。 
  17. ^ “A's Records / Feats Retired Numbers”. Athletics.com. http://mlb.mlb.com/oak/history/retired_numbers.jsp 2017年2月8日閲覧。 
  18. ^ “Club Leaders Retired Numbers”. MARINERS.COM. http://mlb.mlb.com/sea/history/retired_numbers.jsp 2017年2月10日閲覧。 
  19. ^ “Rangers Records & Awards Retired Rangers Numbers”. texasrangers.com. http://mlb.mlb.com/tex/history/retired_numbers.jsp 2017年2月11日閲覧。 
  20. ^ “Awards and Honors Retired Numbers”. braves.com. http://mlb.mlb.com/atl/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  21. ^ “Marlins will retire No. 16 in honor of Jose Fernandez”. Sports Illustrated. http://www.si.com/mlb/2016/09/26/marlins-retire-jose-fernandez-jersey-number 2017年2月12日閲覧。 
  22. ^ “Mets Records & Awards Retired Numbers”. mets.com. http://mlb.mlb.com/nym/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  23. ^ “Mets: William Shea”. MLB.com. http://m.mlb.com/video/v20054325/mets-retired-number-william-shea 2017年2月12日閲覧。 
  24. ^ “Records, Stats and Awards Retired Numbers”. phillies.com. http://mlb.mlb.com/phi/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  25. ^ “Cubs Records & Awards Retired Numbers”. cubs.com. http://mlb.mlb.com/chc/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  26. ^ “Reds Records & Awards Retired Numbers”. reds.com. http://mlb.mlb.com/cin/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  27. ^ “Brewers Records & Awards Retired Numbers”. brewers.com. http://mlb.mlb.com/mil/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  28. ^ “Pirates Records / Feats Retired Pirates Numbers”. Pirates.com. http://mlb.mlb.com/pit/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  29. ^ “Cardinals Records & Awards Cardinals Retired Numbers”. cardinals.com. http://mlb.mlb.com/stl/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 
  30. ^ “Records, Stats and Awards Retired Numbers”. dbacks.com. http://mlb.mlb.com/ari/history/retired_numbers.jsp 2017年2月13日閲覧。 
  31. ^ “Todd man out: Helton's retired number stands alone”. https://www.mlb.com/rockies/news/colorado-rockies-retired-numbers-c300199110 2019年10月29日閲覧。 
  32. ^ “Retired Numbers”. DODGERS.COM. http://mlb.mlb.com/la/history/retired_numbers.jsp 2017年2月13日閲覧。 
  33. ^ “San Diego Padres Team History & Encyclopedia”. baseball-reference.com. http://www.baseball-reference.com/teams/SDP/ 2017年2月13日閲覧。 
  34. ^ “Retired Numbers”. sfgiants.com. http://mlb.mlb.com/sf/history/retired_numbers.jsp 2017年2月13日閲覧。 
  35. ^ “Club Records / Feats Retired Numbers”. nationals.com. http://mlb.mlb.com/was/history/retired_numbers.jsp 2017年2月12日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 大リーグ永久欠番物語 『大リーグ永久欠番物語』 ベースボールマガジン社、2013年。