クリス・リーツマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリス・リーツマ
Chris Reitsma
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ミネアポリス
生年月日 (1977-12-31) 1977年12月31日(40歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト1巡目
初出場 2001年4月4日
最終出場 2007年7月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2008年
WBC 2006年

クリス・リーツマChristopher Michael "Chris" Reitsma , 1977年12月31日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1996年MLBドラフトで、シンシナティ・レッズから1巡目指名を受け入団。

2001年4月4日、メジャーデビューを果たす。ドラフト1巡目指名に加え、メジャー昇格まで時間がかかったが、その割には成績を残せなかった。

2003年にリリーフ投手に転向する頃から実力を発揮し始め、クローザーを務めた事もあった。

2004年アトランタ・ブレーブスへ移籍。同年は、アントニオ・アルフォンセカフアン・クルーズと共に、当時クローザーを務めていたジョン・スモルツへ繋ぐセットアッパーとして、安定した活躍ぶりを見せた。

2006年は、故障で不本意な成績に終わり、シーズンオフにシアトル・マリナーズに移籍した。

2015年2015 WBSC U-18ワールドカップのカナダ代表投手コーチを務めた[1]

プレースタイル[編集]

140km/h中盤のツーシームとチェンジアップを中心とした投球が主体で、時折カーブなども投げる。

人物[編集]

カナダ系アメリカ人であり、2006年の第1回WBC2008年北京オリンピックではカナダ代表のメンバーに名を連ねている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 CIN 36 29 0 0 0 7 15 0 1 .318 800 182.0 209 23 49 6 5 96 5 0 121 107 5.29 1.42
2002 32 21 1 1 0 6 12 0 0 .333 598 138.1 144 17 45 5 5 84 4 0 73 56 3.64 1.37
2003 57 3 0 0 0 9 5 12 3 .643 351 84.0 92 14 19 6 0 53 2 0 41 40 4.29 1.32
2004 ATL 84 0 0 0 0 6 4 2 31 .600 344 79.2 89 9 20 3 3 60 1 0 38 36 4.07 1.37
2005 76 0 0 0 0 3 6 15 13 .333 307 73.1 79 3 14 3 0 42 2 0 32 32 3.93 1.27
2006 27 0 0 0 0 1 2 8 3 .333 142 28.0 46 7 8 3 3 13 0 0 27 27 8.68 1.93
2007 SEA 26 0 0 0 0 0 2 0 6 .000 115 23.2 37 3 9 1 0 11 4 0 22 20 7.61 1.94
通算:7年 338 53 1 1 0 32 46 37 57 .410 2657 609.0 696 76 164 27 16 359 18 0 354 318 4.70 1.41
  • 2011年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 41 (2001年 - 2003年)
  • 37 (2004年 - 2006年)
  • 33 (2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]