クリス・ラルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリス・ラルー
Chris Leroux
Chris Leroux on August 27, 2011.jpg
ピッツバーグ・パイレーツでの現役時代
(2011年8月27日)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 ケベック州モントリオール
生年月日 (1984-04-14) 1984年4月14日(34歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 ドラフト7巡目(全体2116位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 MLB / 2009年5月26日
NPB / 2013年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
WBC 2009年2013年2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
男子 野球
カナダの旗 カナダ
パンアメリカン競技大会
2015 野球

クリス・ラルーChris Leroux、本名:クリストファー・アダム・ラルーChristopher Adam "Chris" Leroux , 1984年4月14日 - )は、カナダ連邦ケベック州モントリオール出身の元プロ野球選手投手)。

クリス・レルーと表記されることもある[1]2015年パンアメリカン競技大会では、クリストファー・レルーとも表記された[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2002年6月のMLBドラフト9巡目(全体254位)でタンパベイ・デビルレイズから捕手として指名されるも[3]、契約には至らなかった。

マーリンズ時代[編集]

2005年6月のMLBドラフト7巡目(全体216位)でフロリダ・マーリンズから指名され、7月13日に契約[4]。ドラフト前にトミー・ジョン手術を受けていたため、この年の登板はなかった[5]

2006年4月にA級グリーンズボロ・グラスホッパーズでプロデビュー。3試合に登板し、0勝3敗、防御率6.10だった。7月にルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マリーンズへ異動。4試合に登板し、防御率4.09だった。8月にA-級ジェームズタウン・ジャマーズへ昇格。4試合に登板し、0勝1敗、防御率7.94だった。

2007年はA級グリーンズボロで46試合に登板し、2勝3敗、防御率4.14だった。

2008年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズで57試合に登板し、6勝7敗1セーブ、防御率3.65だった。オフの11月20日にマーリンズとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[6]

フロリダ・マーリンズ時代
(2009年)

2009年の開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)カナダ代表に選出された[7]。同大会では、2試合の登板で合計1回2/3を無失点に抑えている。

シーズンでは3月16日にAA級ジャクソンビル・サンズへ異動し、AA級で開幕を迎えた。5月22日にメジャーへ昇格し[8]5月26日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たした。5月27日にAA級ジャクソンビルへ降格した[9]。6月24日にメジャーへ再昇格した[10]が、7月5日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[11]。7月27日に故障者リストから外れたが、再びAA級へ降格した。この年は5試合の登板に留まり、防御率は10.80だった。

2010年3月2日にマーリンズと1年契約に合意し、3月26日にAA級ジャクソンビルへ異動した。4月14日にメジャーへ昇格した[12]が、5月19日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りした[13]。6月17日に故障者リストから外れ、AAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ降格した[14]。登録枠が拡張された9月3日にメジャーへ再昇格した[15]。この年は17試合に登板し、防御率は6.75だった。

パイレーツ時代[編集]

2010年9月13日にウェーバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[16]。移籍後は6試合に登板し、0勝1敗、防御率7.00だった。

2011年3月3日にパイレーツと1年契約に合意し、3月30日にAAA級インディアナポリス・インディアンスへ異動。7月3日にメジャーへ昇格した[17]。7月17日のヒューストン・アストロズ戦では同点の延長10回裏から登板し、1回を1安打無失点に抑え、直後の11回表にパイレーツが勝ち越したため、メジャー初勝利を挙げた。7月22日にAAA級へ降格[18]。7月27日に再昇格した[19]が、7月29日に左脹脛の故障で15日間の故障者リスト入りした[20]。8月22日に復帰。この年は23試合に登板し、1勝1敗、防御率2.88だった。

2012年3月3日にパイレーツと1年契約に合意。開幕直後の4月4日に胸筋の故障で60日間の故障者リスト入りした[21]。7月6日に故障者リストから外れたが、同日に40人枠からも外れ、AAA級インディアナポリスへ降格した[22]。9月1日に再びパイレーツとメジャー契約を結んだ[23]。この年は10試合に登板し、防御率5.56だった。

2013年1月17日に第3回WBC本戦のカナダ代表に選出され[24]、2大会連続2度目の選出となった。

シーズン開幕後の4月12日にDFAとなり[25]、4月17日にFAとなった。

ヤクルト時代[編集]

2013年5月1日東京ヤクルトスワローズに1年契約での入団が発表された[26]

6月2日の対ロッテ戦(QVCマリン)で来日初登板・初先発[27]。6回2/3を投げて3失点で勝敗は付かなかった[27]。この試合では1試合3ボーク・1イニング2ボークのセ・リーグタイ記録を作った[27]6月25日の対DeNA戦(神宮)で4試合目の先発登板をするも、3回2失点でその後二軍に降格した。それから1か月半が経過した8月11日の対DeNA戦(秋田)で一軍復帰・先発登板するも3回8失点と結果を残せず[28]、再び二軍に降格。それから右肩の違和感を訴えるなど[28]万全状態になく、以後一軍での登板はなく、シーズンを終えた。結局、5試合に先発登板して防御率9.00で勝星無しという成績で、オフの10月21日に自由契約公示された[29]

ヤンキース時代[編集]

2014年1月29日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ[30]

AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで開幕を迎え、2試合に登板したが、0勝2敗、防御率12.79と結果を残していないまま、4月26日にヤンキースとメジャー契約を結んだ[31]。昇格後は2試合に登板し、0勝1敗、防御率は22.50。5月3日にDFAとなり、5月5日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格した。AAA級で4試合に登板し、7月23日に再びヤンキースとメジャー契約を結んだ[32]が、登板のないまま7月25日にDFAとなり[33]、7月27日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格。8月11日に再びヤンキースとメジャー契約を結んだが、登板のないまま8月13日にDFAとなり[34]、8月16日にAAA級へ降格。そのままシーズンを終えた。結局ヤンキースでは2試合の登板にとどまり、AAA級では12試合の登板で、6勝4敗、防御率4.94だった。オフの10月3日にFAとなった。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2015年1月26日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ[35]。開幕後はAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスで7試合に登板し、1勝3敗、防御率8.15だった。

フィリーズ傘下時代[編集]

2015年5月18日に金銭トレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍[36]

6月17日に2015年パンアメリカン競技大会男子野球カナダ代表に選出された[37]。同大会では大会最多の3勝を記録し、チームは2大会連続2度目の優勝を果たし[38]、金メダルを獲得に貢献した。

同年はAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスで22試合に登板し、3勝3敗、防御率2.82だった。

オフの10月20日に第1回WBSCプレミア12カナダ代表に選出された[39]。同大会では2試合に先発し、2勝0敗、防御率1.42だった。

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2016年4月3日にトロント・ブルージェイズへ金銭トレードで移籍した[40]。4月12日に傘下AAA級バッファロー・バイソンズへ配属された[41]

ブルージェイズ退団後[編集]

2017年2月8日第4回WBCカナダ代表に選出され、3大会連続3度目の選出を果たした[42]。大会終了後に現役引退した[43]

引退後[編集]

2017年にザ・バチュラー・カナダ英語版に出演した[44]

プレースタイル[編集]

スリークォーター気味のフォームから投げ込む、常時140km/h後半、最速157km/hのストレートを武器とする[45][46]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 FLA 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 35 6.2 11 0 4 0 0 2 0 0 8 8 10.80 2.25
2010 17 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 84 18.0 24 1 11 2 0 18 0 0 15 14 7.00 1.94
PIT 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 21 4.2 4 0 3 0 0 4 1 0 3 3 5.79 1.50
'10計 23 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 105 22.2 28 1 14 2 0 22 1 0 18 17 6.75 1.85
2011 23 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 110 25.0 26 0 7 2 1 24 2 0 9 8 2.88 1.32
2012 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 48 11.1 11 1 2 0 1 12 1 0 9 7 5.56 1.15
2013 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.0 4 1 6 0 0 3 0 0 3 3 6.75 2.50
ヤクルト 5 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 115 22.0 37 1 11 0 1 14 0 3 26 22 9.00 2.18
2014 NYY 2 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 15 2.0 7 0 2 1 0 3 0 0 5 5 22.50 4.50
MLB:6年 65 0 0 0 0 1 3 0 5 .250 334 71.2 87 4 35 5 2 66 4 0 52 48 6.03 1.70
NPB:1年 5 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 115 22.0 37 1 11 0 1 14 0 3 26 22 9.00 2.18
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 63 (2009年、2011年 - 2013年途中)
  • 52 (2010年)
  • 38 (2010年)
  • 17 (2013年途中 - 同年終了)
  • 64 (2014年 - 同年途中)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カナダ代表 出場メンバー - 2013 WBC スポーツグッズ セレクション公式サイト 2013年5月9日閲覧
  2. ^ Baseball - Athlete Profile LEROUX Christopher Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月20日閲覧
  3. ^ ヤクルト 新助っ人右腕は捕手でドラフト指名の異色選手”. スポニチ Sponichi Annex (2013年5月31日). 2013年6月8日閲覧。
  4. ^ Florida Marlins 2005 Draft Selections. marlins.com(英語). 2011年8月14日閲覧
  5. ^ robertdudek(2010-04-05). Top 10 Canadian prospects. Batter's Box(英語). 2011年8月14日閲覧
  6. ^ Florida Marlins add four to 40-man roster”. MLB.com Marlins Press Release (2008年11月11日). 2014年4月28日閲覧。
  7. ^ 2009 Rosters” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月20日閲覧。
  8. ^ Joe Frisaro (2009年5月22日). “Nolasco sent down to Triple-A”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  9. ^ Joe Frisaro (2009年5月27日). “Marlins recall Carroll from Triple-A”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  10. ^ Joe Frisaro (2009年6月24日). “Marlins place closer Lindstrom on DL”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  11. ^ Joe Frisaro (2009年7月5日). “Marlins ink Donnelly, toss him into 'pen”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  12. ^ Joe Frisaro (2010年4月14日). “Bonifacio sent to Minors for everyday at-bats”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  13. ^ Joe Frisaro (2010年5月19日). “Leroux placed on DL; Wood recalled”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  14. ^ Alden Gonzalez (2010年6月17日). “Neck injury forces Hensley to 15-day DL”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  15. ^ Joe Frisaro (2010年9月3日). “Despite surgery, Baker optimistic about 2011”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  16. ^ Pirates claim pitcher Chris Leroux off waivers from Florida”. MLB.com Pirates Press Release (2010年9月13日). 2014年4月28日閲覧。
  17. ^ Pirates option Brad Lincoln; Chris Leroux recalled”. MLB.com Pirates Press Release (2011年7月3日). 2014年4月28日閲覧。
  18. ^ Laura Myers (2011年7月22日). “Pirates activate Cedeno, Pearce from DL”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  19. ^ Jenifer Langosch (2011年7月27日). “Bucs call up Leroux, place d'Arnaud on DL”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  20. ^ Jenifer Langosch (2011年7月29日). “Ohlendorf makes first Triple-A rehab start”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  21. ^ Tom Singer (2012年4月4日). “Bucs place Leroux on 60-day DL; finalize roster”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  22. ^ Tom Singer (2012年7月6日). “Pirates send Leroux, Slaten to Triple-A”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  23. ^ Tom Singer (2012年9月1日). “Locke, Correia slide into Bucs' rotation”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  24. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (2013年1月17日) 2015年2月20日閲覧
  25. ^ Zack Meisel, Tom Singer (2013年4月12日). “Pirates recall righty Morris, designate Leroux”. MLB.com. 2014年4月28日閲覧。
  26. ^ クリス・ラルー投手が入団!! 「先発投手として投げる自信があります」. 東京ヤクルトスワローズ・オフィシャルサイト. 2013年5月2日閲覧
  27. ^ a b c d e 佐藤春佳 (2013年6月3日). “燕・ラルー、ベンチで蹴るー!3度ボークで激情”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20130603/swa13060305050000-n2.html 2013年11月1日閲覧。 
  28. ^ a b “ヤクルト・ラルー、右肩違和感で検査へ”. サンケイスポーツ. (2013年8月13日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130813/swa13081305000000-n1.html 2013年11月1日閲覧。 
  29. ^ 2013年度 自由契約選手] 日本野球機構 2013年10月22日閲覧。
  30. ^ Yankees 2014 Spring Training invitees”. MLB.com Yankees Press Release (2014年1月29日). 2014年1月30日閲覧。
  31. ^ Steven Miller (2014年4月26日). “Tanaka still feeling his way through MLB lineups”. MLB.com. 2014年4月27日閲覧。
  32. ^ Bryan Hoch (2014年7月23日). “Johnson lands on DL as Yanks call up Leroux”. MLB.com. 2014年7月24日閲覧。
  33. ^ Chris Capuano Added To Yanks’ Roster, Will Start On Saturday”. CBS New York (2014年7月25日). 2014年7月26日閲覧。
  34. ^ Jeff Todd (2014年8月13日). “Yankees Designate Chris Leroux For Assignment”. MLB Trade Rumors. 2015年11月15日閲覧。
  35. ^ Kyle Lesniewski (2015年1月26日). “Milwaukee Brewers Sign Chris Leroux”. Reviewing the Brew. 2015年11月15日閲覧。
  36. ^ Todd Zolecki (2015年5月18日). “Phillies lose Billingsley, Buchanan to injury”. MLB.com. 2015年11月15日閲覧。
  37. ^ CANADIAN MEN'S BASEBALL TEAM NOMINATED FOR TORONTO 2015 PAN AM GAMES Baseball Canada (英語) (2015年6月17日) 2015年7月20日閲覧
  38. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月8日閲覧
  39. ^ Baseball Canada announces roster for inaugural Premier12™ Baseball Canada (英語) (2015年10月20日) 2015年10月24日閲覧
  40. ^ Transactions MLB.com (英語) (2016年4月3日) 2016年7月3日閲覧
  41. ^ International League Transactions 2016 April MiLB.com (英語) (2016年4月12日) 2016年7月3日閲覧
  42. ^ Canada roster announced for 2017 World Baseball Classic Baseball Canada (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  43. ^ Leroux retires from professional baseball (英語) (2017年3月22日) 2017年10月22日閲覧
  44. ^ Morawetz, Kate. “New ‘Bachelor Canada’ Chris Leroux teases new season: ‘I’m not good at handling drama’ - National”. Globalnews.ca. 2017年10月22日閲覧。
  45. ^ “ヤクルト、157キロ右腕ラルーと大筋合意”. サンケイスポーツ. (2013年4月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130423/swa13042305030002-n1.html 2013年6月2日閲覧。 
  46. ^ “ヤクルトがラルーと契約「自信はある」”. サンケイスポーツ. (2013年5月2日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130502/swa13050218020002-n1.html 2013年6月2日閲覧。 
  47. ^ Chris Leroux Statistic and History”. 2013年6月5日閲覧。
  48. ^ Tuesday, May 26, 2009, 7:08PM, Citizens Bank Park”. 2013年6月5日閲覧。
  49. ^ Chris Leroux 2009 Pitching Gamelogs”. 2013年6月5日閲覧。
  50. ^ Tuesday, June 30, 2009, 7:11PM, Land Shark Stadium”. 2013年6月5日閲覧。
  51. ^ Chris Leroux 2011 Pitching Gamelogs”. 2013年6月5日閲覧。
  52. ^ Sunday, July 17, 2011, 1:07PM, Minute Maid Park”. 2013年6月5日閲覧。
  53. ^ 佐藤春佳 (2013年6月3日). “燕・ラルー、ベンチで蹴るー!3度ボークで激情”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20130603/swa13060305050000-n1.html 2013年6月5日閲覧。 
  54. ^ a b http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2013060204/stats 2013年6月5日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]