発音リスペリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

発音リスペリング英語: pronunciation respelling)は、標準的なスペルを有する単語の通常の発音的なリスペリング(再綴り)であり、その単語の発音を示すために用いられる。発音リスペリングは辞書で時々見られる。

これは、発音スペリング(英語: pronunciation spelling)とは異なる。発音スペリングは、標準的なスペルを有しない単語を、発音に基づいてアドホックに綴るものである。発音スペリングの多くは当座の間に合わせのために作られるが、going to の発音を表現した gonna など、いくつかは標準化されている。

リスペリング[編集]

発音リスペリングは、外国語の発音、あるいはスペルが不規則であったり発音の推測が困難な単語の発音を非形式的に示すために使用される。 この場合、例えば強勢音節を示すために、以下のように書体を変えたり、約物を使用したり、大文字小文字を変えたりすることがある。

"Diarrhoea"(下痢) は DYE-uh-REE-a と発音する。

国際音声記号(IPA)ならは、発音の正確な説明が提供できるが、これは記号の意味を習得する必要がある。それに対し、発音リスペリングは、IPAに対する直感的な代替手段となる。しかしこれは、音素からアルファベットへのマッピングを読者と筆者で共有しているという前提に依存している。例えば、

Föhn は "Fern" と発音する。

のような説明は、/r/音を発音しない(non-rhotic英語版)読者には適切であるが、/r/音を発音する(rhotic)読者には適切ではない。

文学方言[編集]

発音スペリングは、物語で方言個人語英語版を表現するために頻繁に使用され、また、発達障害や文盲の印象を与えるためにしばしば使用される。これは文学方言(literary dialect)または視覚方言英語版(eye dialect)と呼ばれるが、特に後者の用法は、以下のようにその発音が標準的な発音と同じである場合にのみ適用される。

"Pleez, mistur," said the beggar.

その他の用法[編集]

ユーモラスな効果のために、意図的なスペルミスとして発音スペリングを使用することがある。OKという言葉の由来は諸説あるが、最も一般的な説は、1830年代に"All Correct"(全て正しい)を発音スペリングで"Oll Korrect"と書いた物から派生したという説である。

このようなスペリングは、ダイエット食品の"Lite"(本来の綴りは"Light")などのブランディングにも使われている。センセーショナル・スペリング英語版も参照。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Bowdre, Paul H., Jr. (1971). Eye dialect as a literary device. In J. V. Williamson & V. M. Burke (Eds.), A various language (pp. 178–179). New York: Holt, Rinehart & Winston.
  • Fine, Elizabeth. (1983). In defense of literary dialect: A response to Dennis R. Preston. The Journal of American Folklore, 96 (381), 323-330.
  • Ives, Sumner. (1950). A theory of literary dialect. Tulane Studies in English, 2, 137-182.
  • Ives, Sumner. (1971). A theory of literary dialect. In J. V. Williamson & V. M. Burke (Eds.), A various language (pp. 145–177). New York: Holt, Rinehart & Winston.
  • Krapp, George P. (1926). The psychology of dialect writing. The Bookman, 6, 522-527.
  • Preston, Dennis R. (1982). Ritin' fowklower daun 'rong: Folklorists' failures in phonology. The Journal of American Folklore, 95 (377), 304-326.
  • Preston, Dennis R. (1983). Mowr bayud spellin': A reply to Fine. The Journal of American Folklore, 96 (381), 330-339.
  • Preston, Dennis R. (1985). The Li'l Abner syndrome: Written representations of speech. American Speech, 60 (4), 328-336.

外部リンク[編集]