トッド・ベッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トッド・ベッツ
Todd Betts
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州イーストヨーク(現:トロント
生年月日 1973年6月24日(41歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1993年 MLBドラフト14巡目
初出場 NPB / 2003年3月28日
CPBL / 2006年3月21日
最終出場 NPB / 2003年9月13日
CPBL / 2006年6月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2004年

トッド・ベッツTodd Mervyn Betts , 1973年6月24日 - )は、カナダ出身の元プロ野球選手内野手)。台湾球界での登録名は、貝茲

来歴・人物[編集]

1993年MLBドラフト14巡目でクリーブランド・インディアンスに指名され契約。メジャーでのプレー経験は無し。ボストン・レッドソックス傘下のAAA級ポータケットを経て、2003年読売ジャイアンツに移籍したロベルト・ペタジーニの穴を埋める存在を期待されてヤクルトスワローズに入団し、来日。

打撃フォームが特徴的で、バットのヘッドを腿位の低さで投手に向けて揺らしてから打撃体勢をとった。下半身の弱さから、外角の球を見送る時に踏み込んだ右足に続いて軸足である左足もホームベース方向に流れてしまうことが度々あった。それでも、7月8日の対巨人戦で10回裏に真田裕貴からサヨナラ本塁打を放つ等、まずまずの活躍を見せたものの、結局は1年限りで退団した。

2004年アテネオリンピックカナダ代表として出場した。2005年はアメリカ独立リーグアトランティックリーグに加盟するサマセット・パトリオッツ2006年台湾La Newベアーズ2007年はアメリカ独立リーグのノーザンリーグに加盟していたエドモントン・クラッカーキャッツでプレーした。

初来日時、成田空港にて球団関係者がベッツを見つけることができず、ようやく白人のそれらしい男性を見つけてベッツか確認すると、その本人がベッツと名乗りその場で取材に応じた。しかし、その白人の男性はジョン・エリクソンというベッツとは無関係の観光客で、当のベッツ本人はその記者会見をずっと眺めていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2003 ヤクルト 112 438 408 61 117 24 1 15 188 52 2 4 0 3 22 0 5 92 6 .287 .329 .461 .790
2006 La New 49 187 172 21 59 13 0 3 81 37 0 0 0 4 10 1 1 21 7 .343 .374 .471 .845
NPB:1年 112 438 408 61 117 24 1 15 188 52 2 4 0 3 22 0 5 92 6 .287 .329 .461 .790
CPBL:1年 49 187 172 21 59 13 0 3 81 37 0 0 0 4 10 1 1 21 7 .343 .374 .471 .845

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 44 (2003年)
  • 26 (2006年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]