楽天モンキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楽天グループ > 楽天モンキーズ
楽天モンキーズ
Rakuten Monkeys
創設 2003年
所属リーグ
中華職業棒球大聯盟
歴代チーム名

  • 雷公(1997年 - 2002年)+太陽(1997年 - 2002年)
  • 第一金剛(2003年)
  • La Newベアーズ(2004年 - 2010年)
  • Lamigoモンキーズ(2011年 - 2019年)
  • 楽天モンキーズ(2020年 - )
本拠地
楽天桃園野球場
収容人員 20,000人
楽天モンキーズの位置(台湾内)
楽天モンキーズ

桃園市の旗 桃園市 中壢区
永久欠番
1052
獲得タイトル
(0回)
リーグ年間優勝(7回)
2006年・2012年・2014年・2015年・2017年・2018年・2019年
リーグ優勝(14回)
2006年前・2006年後・2007年後・2008年後・2011年後・2012年後・2014年前・2015年前・2017年前・2017年後・2018年前・2018年後・2019年前・2022年前
成績(タイトル以外)
アジアシリーズ出場(2回)
太字は優勝、斜体は準優勝)
2006年2012年
球団組織
オーナー 三木谷浩史
運営母体 楽天グループ
監督 古久保健二
テンプレートを表示
楽天モンキーズ
各種表記
繁体字 樂天桃猿
簡体字 乐天桃猿
拼音 Lètiān Táoyuán
通用拼音 Lètian Táoyuán
注音符号 ㄌㄜˋ ㄊㄧㄢ ㄊㄠˊ ㄩㄢˊ
発音: ラーティエン・タオユェン
日本語漢音読み らくてん とうえん
日本語慣用読み らくてん・モンキーズ
英文 Rakuten Monkeys
テンプレートを表示

楽天モンキーズ(らくてんモンキーズ、中国語:樂天桃猿[注 1])は、台湾中華職業棒球大聯盟所属のプロ野球チームである。本拠地は桃園市、チームカラーは臙脂色(クリムゾンレッド)。

YouTube
チャンネル
活動期間 2011年1月11日 -
ジャンル 野球
登録者数 約7.1万人
総再生回数 約2560万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年7月21日時点。
テンプレートを表示

台湾大聯盟から中華職業棒球聯盟に移った前身の「第一金剛」が身売りとなり、製靴会社のLa Newが運営していたが、2019年に日本のIT企業・楽天グループに譲渡された。

歴史[編集]

  • 1997年:台湾大聯盟(TML)発足に伴い、金剛雷公太陽勇士の4球団が発足。
  • 2003年
    • 1月:中華職業棒球聯盟(CPBL)と台湾大聯盟の統合に伴い、雷公と太陽が合併。チーム名跡交換で「第一金剛」としてCPBL参加。
    • 12月:シューズメーカー・La New中国語版に身売り、「La Newベアーズ」(LaNew熊)に球団名変更。
  • 2006年:台湾初のメジャーリーガーである陳金鋒が入団。前後期とも1位。台湾シリーズを制し、TMLからの球団としては初優勝。アジアシリーズでは、リーグ戦で韓国の三星ライオンズに勝つなどして決勝進出。決勝で北海道日本ハムファイターズに敗れ、準優勝となる。決勝、リーグ戦とも優勝した日本ハムとの試合は1点差勝負だった。
  • 2008年11月:読売ジャイアンツの二軍と台中、台北で交流戦を4試合実施し、3勝1敗と勝ち越した。同球団の台湾遠征は1993年以来15年ぶり3度目だった。
  • 2010年:翌年の本拠地を高雄市から桃園市に移すと決定した。また本拠地の球場も2011年2月よりそれまで使用していた高雄澄清湖棒球場から、2010年より使い始めた桃園国際野球場に移すと発表した。
  • 2011年1月6日:本拠地を桃園市に移した後、チーム名を「Lamigoモンキーズ」(Lamigo桃猿)に改名することを正式に発表[3]
  • 2012年:後期1位で、台湾シリーズを制し、Lamigoに改名後初、La New時代から通算6年ぶり2度目の優勝を果たす。アジアシリーズでは2006年に続いて三星ライオンズを下して決勝に進出するが、決勝で読売ジャイアンツに敗れ準優勝に終わった。
  • 2014年:前期1位で後期4位だったが、中信兄弟との台湾シリーズを制し、2年ぶり3度目の優勝を果たす。10月31日から11月2日まで、千葉ロッテマリーンズと親善試合を実施[4]。これ以降、オフシーズンとマリーンズの春季キャンプ中に両チームによる親善試合を毎年開催している。
  • 2015年:後期1位で前期1位の中信兄弟との台湾シリーズを制し、2年連続4度目の優勝を果たす。
  • 2017年:前期、後期ともに1位であるため、台湾シリーズでは1勝のアドバンテージがある。中信兄弟との台湾シリーズを制し、2年ぶり5度目の優勝を果たす。
  • 2018年:2月28日と3月1日の2日間、札幌ドームで日本ハムとの親善試合を2試合「アジアフレンドシップシリーズ in 北海道」として行った[5]。レギュラーシーズンは前期後期ともに1位であるため、台湾シリーズでは1勝のアドバンテージがある。統一ライオンズとの台湾シリーズを制し、2年連続6度目の優勝を果たす。
Lamigirls

帽章[編集]

チームの帽章は楽天のマーク。

La New時代の帽章は靴を向かい合わせにした形で作ったの顔である。これはLa New社のマークであり、熊でなく牛がかたどられていることも、革靴の主な原材料が牛革であることによるものである。Lamigo時代は「L」と「M」を組み合わせたもの。

日本のプロ野球チームとの関わり[編集]

前述の通り、2019年9月に楽天が本球団を買収し東北楽天ゴールデンイーグルスと兄弟チームになっているが、それ以前から日本国内のプロ野球チームとの関わりが深かった。

ここでは東北楽天以外の日本のプロ野球チームとの関わりについて述べる。

千葉ロッテマリーンズ[編集]

2010年から3年間にわたって、千葉ロッテマリーンズOBの荘勝雄をコーチとして派遣し本球団にて指導を行った[4]。2014年から秋季または冬季に沖縄県石垣市などで交流試合を行っている[13]。楽天傘下入り後も2020年と2023年、2024年に行われている[14][15][16]。ロッテ球団公式の認可により、2015年よりジントシオ作のロッテのチャンステーマなど、ロッテの応援歌を数多く使用する、楽天傘下入り後は2021年に一時使用停止も、2022年以降に使用再開。

北海道日本ハムファイターズ[編集]

2018年2月、北海道札幌市北海道日本ハムファイターズと交流試合を行っている[5]。2022年には同球団のチアリーディングチーム「ファイターズガール」のパフォーマンスである「きつねダンス」を、同球団による協力で輸入した上で本球団公式チアチームの楽天ガールズが同ダンスを試合中に披露している[17]

埼玉武蔵ヒートベアーズ[編集]

2023年8月、埼玉武蔵ヒートベアーズに所属していた由規が本球団に移籍したことが縁で応援交流が実現し、本球団公式チアチームの楽天ガールズが同月5日の対栃木ゴールデンブレーブス戦にゲスト出演した[18]

福岡ソフトバンクホークス[編集]

2024年2月に宮崎県宮崎市福岡ソフトバンクホークスとの交流試合を行った[19]

オリックス・バファローズ[編集]

2024年2月に宮崎県宮崎市でオリックス・バファローズとの交流試合を行った[20]

読売ジャイアンツ[編集]

2024年3月に台北市信義区台北ドーム読売ジャイアンツとの親善試合を行う予定[21][22]

歴代監督[編集]

第一金剛時代
La New時代
Lamigo時代
  • 洪一中(2011年 - 2019年)
楽天時代

チーム成績・記録[編集]

  • リーグ優勝 14回

(2006年前期、2006年後期、2007年後期、2008年後期、2011年後期、2012年後期、2014年前期、2015年前期、2017年前期、2017年後期、2018年前期、2018年後期、2019年前期、2022年前)

  • 年間王者 7回

(2006年、2012年、2014年、2015年、2017年、2018年、2019年)

永久欠番[編集]

  • 10 ファン(2007年3月9日 - )
  • 52 陳金鋒(2016年9月18日 - )

在籍選手[編集]

首脳陣[編集]

一軍[編集]

背番号 名前 役職
87 古久保健二 監督
71 陳瑞振 ヘッドコーチ
23 許銘傑 投手コーチ
57 鍾承祐 打撃コーチ
41 鄭兆行 守備総合コーチ
91 陳彦夆 内野守備コーチ
50 許躍騰 バッテリーコーチ
43 林英傑 ブルペンコーチ
93 張煒謙 コーチ補佐
42 洪全億 トレーニングコーチ
59 劉品辰 トレーニングコーチ

二軍[編集]

背番号 名前 役職
99 曾豪駒 監督
73 川岸強 ヘッド兼投手コーチ
61 蔡明晉 投手コーチ
72 林國裕 投手コーチ
30 林知譽 打撃コーチ
90 林政億 打撃コーチ
96 翁克堯 内野守備コーチ
47 許禹壕 バッテリーコーチ
33 洪聖欽 トレーニングコーチ
78 李韋慶 トレーニングコーチ
68 広瀬大輔 スポーツパフォーマンスコーチ

投手[編集]

背番号 選手名 備考
00 蘇俊璋
1 舒治浩
3 洪敏暘
4 黄偉晟
9 陳柏豪 中信兄弟から陳俊秀のFA移籍に伴う補償選手として移籍
13 陳鴻文
14 鈴木駿輔 新外国人
17 陳冠宇 12から背番号変更
18 劉家翔
19 陳克羿
22 朱承洋 「朱俊祥」から改名
26 葉家淇
27 楊彬
37 曾仁和
44 曽家輝 2023年ドラフト4位
46 邱駿威
49 ペドロ・フェルナンデス 登録名「威能帝」
51 頼知頎
54 林子崴
63 頼胤豪 2023年ドラフト3位
64 王志煊
69 黄子鵬
75 郭玟毅
77 莊昕諺
80 邱緯綸
81 林華偉 2023年ドラフト2位
84 張梓軒
167 李重儀 新入団
自主培訓選手
168 温展楽 自主培訓選手
177 黄家諾 新入団
自主培訓選手
未定 マニー・バニュエロス CPBL復帰
登録名「霸威斯」
未定 マルセロ・マルティネス 新外国人
登録名「魔神楽」

捕手[編集]

背番号 選手名 備考
2 宋嘉翔
11 林泓育
28 張閔勛
62 嚴宏鈞
74 邱勝宥
89 毛英傑

内野手[編集]

背番号 選手名 備考
5 梁家榮
6 林承飛
8 陳佳樂
15 林子偉 2023年台鋼ドラフト1位
25から背番号変更
31 杜禹鋒 2023年ドラフト6位
36 余徳龍
38 董順傑
39 林立
45 馮健庭
53 楊家勝
58 廖健富
79 林智平
85 朱育賢
88 藍震威 自主培訓選手から追加登録
126から背番号変更
94 馬傑森
95 李勛傑 2023年ドラフト5位
124 陳威伸 練習生
149 劉子杰 新入団
自主培訓選手
なし 宋丞偉 練習生
未定 呉桀睿 現役復帰

外野手[編集]

背番号 選手名 備考
7 邱鑫 2023年ドラフト1位
16から背番号変更
24 蔡鎮宇
35 成晋
65 林政華
76 林耀煌
86 邱丹
97 鍾玉成
98 陳晨威

日本の球団に在籍したことのある主な選手・コーチ[編集]

第一金剛時代[編集]

選手

La New時代[編集]

コーチ
選手

Lamigo時代[編集]

コーチ
選手

楽天時代[編集]

監督・コーチ
選手

その他在籍していた選手・コーチ[編集]

第一金剛時代[編集]

選手

La New時代[編集]

監督・コーチ
選手

Lamigo時代[編集]

監督・コーチ
選手

楽天時代[編集]

監督・コーチ
選手

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 中国語圏では通常はロッテグループの正式の中国語表記「楽天集団(繁体字中国語: 樂天集團)」が先に知られており、その傘下の両球団は千葉ロッテが「羅徳(繁体字中国語: 羅德)、俗称:千葉楽天海洋隊[1][2]」、ロッテ・ジャイアンツが「楽天巨人(繁体字中国語: 樂天巨人)」となっている。一方日本のIT企業の楽天は2000年代からzh:樂天市場として台湾事業に進出していた。東北楽天イーグルスは「(東北)楽天金鷲隊(繁体字中国語: 樂天金鷲隊)」と表記される。また、チーム名の桃猿はホームタウンの都市名「桃園」と日本語中国語とも同音となる。

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)NEXON 贊助日本職棒千葉羅德海洋隊 可望將球隊吉祥物等置入遊戲”. 巴哈姆特電玩資訊站 (2010年3月15日). 2020年1月4日閲覧。 “日本職棒千葉羅德海洋隊(又譯千葉樂天海洋隊)”
  2. ^ (繁体字中国語)符金宇 (2019). “終章 日本足球的未來像 二 J聯賽的未來像”. 日本足球史◆繁體中文版. 如是文化. ISBN 9789578784970. https://books.google.com/books?id=9IC9DwAAQBAJ 
  3. ^ La new熊更名 Lamigo Monkeys桃猿隊 中華職業棒球大聯盟公式HP 2011年1月6日付
  4. ^ a b 台湾での交流試合 参加メンバーについて”. 千葉ロッテマリーンズ (2014年10月20日). 2023年1月12日閲覧。
  5. ^ a b 「アジアフレンドシップシリーズ in 北海道」Lamigoモンキーズ戦を前に前日練習”. 北海道日本ハムファイターズ (2018年2月27日). 2023年1月12日閲覧。
  6. ^ Chung-Lan Cheng (2019年7月6日). “台湾プロ野球ラミゴモンキーズ売却へ。人気絶頂、リーグ屈指の強豪が身売りせざるを得なかった理由”. ベースボールチャンネル. 2019年7月16日閲覧。
  7. ^ (繁体字中国語)賣到最高點 至少6億 職棒二連霸 Lamigo桃猿求售”. 中国時報/Yahoo奇摩 (2019年7月4日). 2019年7月16日閲覧。
  8. ^ 楽天がラミゴ買収 来季から台湾リーグへ参入”. 日刊スポーツ (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。
  9. ^ 楽天のラミゴ買収は問題なし=NPB」『時事通信』、2019年9月18日。2021年2月2日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  10. ^ 楽天 台湾ラミゴ買収 台北で19日正式発表へ”. スポーツニッポン(2019年9月19日作成). 2019年9月20日閲覧。
  11. ^ 【楽天】三木谷氏「台湾野球界の発展に寄与したい」ラミゴ買収チーム名「楽天モンキーズ」”. スポーツ報知(2019年12月18日作成). 2020年1月13日閲覧。
  12. ^ 台湾楽天が球団通算1000勝を達成! 21安打16得点で中信兄弟に大勝”. Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2020年5月3日閲覧。
  13. ^ Lamigoモンキーズとの交流試合について”. 千葉ロッテマリーンズ (2017年8月29日). 2023年1月12日閲覧。
  14. ^ 2/8(土)9(日)「アジアゲートウェイ交流戦Power Series2020 in石垣島」イベント決定”. 千葉ロッテマリーンズ (2020年1月25日). 2023年1月12日閲覧。
  15. ^ 2/11(土・祝)12(日)「アジアゲートウェイ交流戦 Power Series2023 in石垣島」開催”. 千葉ロッテマリーンズ (2023年1月11日). 2023年1月12日閲覧。
  16. ^ 謝静雯 (2024年2月20日). “台湾プロ・楽天モンキーズ、石垣島でのロッテ戦10連敗止める 元BC信濃の鈴木駿輔が好投”. フォーカス台湾. 2024年2月26日閲覧。
  17. ^ 「きつねダンス」が海外進出! 台湾人気チアの“魅惑の踊り”が「めちゃくちゃ可愛い」”. Full-Count(フルカウント). p. 1 (2022年8月7日). 2023年1月12日閲覧。
  18. ^ パ・リーグ インサイト (2023年8月26日). “独立Lが台湾の人気チアと異例コラボ 可憐ダンスで魅了…新たな“日台交流”の形”. Full-Count(フルカウント). 2023年8月27日閲覧。
  19. ^ 宮崎放送 (2024年2月24日). “宮崎と台湾が交流 ソフトバンクホークスと台湾の楽天モンキーズが交流試合”. TBS NEWS DIG. 2024年2月26日閲覧。
  20. ^ オリックス・東“由伸ツーシーム”手応え 収穫の今季初実戦、1回3安打1失点”. デイリースポーツ (2024年2月26日). 2024年2月26日閲覧。
  21. ^ 巨人、来年3月2日と3日に台湾で一軍初の親善試合”. BASEBALL KING (2023年11月23日). 2024年2月26日閲覧。
  22. ^ 日本テレビ (2023年12月13日). “【巨人】来年3月に台湾で親善試合 大勢が現地台北ドームで会見 チアが有名な楽天とも対戦”. 日テレNEWS NNN. 2024年2月26日閲覧。
  23. ^ 中職規章明定!日投高塩将樹無法自主培訓 樂天桃猿確定解約且他已回母隊” (中国語). TSNA | LINE TODAY (2023年8月28日). 2024年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]