野球南アフリカ共和国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野球南アフリカ共和国代表
国または地域 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
協会 南アフリカ野球連盟
WBSCランキング 36位 (2016年)
オリンピック
出場回数 1回 (初出場は2000年)
最高成績 予選敗退 (2000年)
ワールド・ベースボール・クラシック (WBC)
出場回数 2回 (初出場は2006年)
最高成績 第1ラウンド敗退 (2006年・2009年)
WBSCプレミア12
出場回数 0回
ワールドカップ
出場回数 5回 (初出場は1998年)
最高成績 第1ラウンド敗退 (1998年・2001年2005年2007年2009年)
アフリカ競技大会野球競技
出場回数 2回 (初出場は1999年)
最高成績 優勝 (1999年・2003年)
  

野球南アフリカ代表(やきゅうみなみアフリカだいひょう)は、南アフリカ共和国における野球のナショナルチームである。

概説[編集]

アフリカ内では圧倒的な実力を持つ。数人のマイナーリーガー以外にドイツやイギリスでプレーしたことのある選手も多いが、大半は国内でプレーしている。

2000年シドニー五輪にはグアム代表とのプレーオフを制して出場、オランダに3-2で勝利するも、最下位であった。

2006年第1回WBCではアフリカ大陸で唯一の出場。少ないマイナーリーガーらを軸に臨んだ。カナダ代表相手に善戦するが、メキシコアメリカ相手に大量失点して1次リーグで敗退した。

2007年ワールドカップに出場したが、予選リーグ最下位であった。 北京オリンピック野球アフリカ予選では全試合二桁得点で優勝、世界最終予選進出を決めたが、本大会出場はできなかった。

2009年第2回WBCでもアフリカ大陸で唯一の出場。キューバメキシコに大敗し、2大会連続1次ラウンド敗退となった。

2013年第3回WBCでは、前回未勝利だったことから予選降格となった。予選では初戦でイスラエルに敗れ、敗者復活1回戦ではフランスに勝利するも、敗者復活2回戦ではスペインに敗れ、予選で敗退した。

2016年2月の第4回WBC予選では、予選1組オーストラリアに勝てず予選敗退となった。10月から11月にかけて第1回WBSC U-23ワールドカップに出場予定[1]

国際大会[編集]

オリンピック[編集]

  • 1992年 - 参加せず
  • 1996年 - 参加せず
  • 2000年 - 8位
  • 2004年 - 予選敗退
  • 2008年 - 予選敗退

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

ワールドカップ[編集]

  • 2001年 - 予選リーグ敗退
  • 2005年 - 18位
  • 2007年 - 予選リーグ敗退

WBSC U-23ワールドカップ[編集]

代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WBSC reveals Groups, Official Look for U-23 Baseball World Cup 2016 Monterrey WBSC | World Baseball Softball Confederation (英語) (2016年9月16日) 2016年10月2日閲覧

関連項目[編集]