2008年北京オリンピックの野球競技・韓国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
男子 野球
大韓民国の旗 韓国
オリンピック
2008 野球

2008年北京オリンピックの野球競技・韓国代表は、2008年8月13日から23日まで中華人民共和国北京市内にある五棵松野球場で開催された北京オリンピックの野球競技に出場した野球大韓民国代表である。

2004年アテネ大会では予選で敗退したため、銅メダルを獲得した2000年シドニー大会以来、2大会ぶりの出場となった。日本プロ野球読売ジャイアンツ所属の李承燁を除いた23選手が韓国プロ野球所属選手で占められた。代表監督には斗山ベアーズ監督を務める金卿文が就任し、大会期間中はプロ野球シーズンが中断された。前のアテネ大会で優勝しているキューバ第1回WBCで優勝している日本を下し、7試合全勝で予選リーグを突破した。準決勝の対日本戦では2-2の8回に李承燁が岩瀬仁紀から勝ち越し2点本塁打を放ち、G.G.佐藤のこの試合2つ目となる失点に絡む失策も出て、この回に4得点を重ねて試合を決めた。決勝戦の対キューバ戦では1回表に李承燁が2点本塁打を放ち先制するが、キューバもその裏にミチェル・エンリケスのソロ本塁打で反撃。7回表に李容圭三塁打で1点を追加するが、その裏にアレクセイ・ベルのソロ本塁打が出て再び1点差。9回に正捕手の姜珉鎬が四球の判定に抗議して退場し、1死満塁の危機を迎えたところで先発投手柳賢振が降板。リリーフした鄭大炫ユリエスキ・グリエル併殺に抑えて試合終了となり、9試合全勝で金メダルを獲得した。

試合結果[編集]

金メダル(大会通算成績:9勝0敗)

予選リーグ[編集]

  • 8月13日 ゲーム3、試合開始時刻:18:00(入場者数:1,100人)
大韓民国の旗 韓国(1勝) 8 - 7(9回サヨナラ) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 1 0 0 0 2 1 0 0 3 7 12 1
韓国 0 2 1 0 3 0 0 0 2 8 9 1
  1. ア : ナイトコプラブダンシングジェプセン、●スティーブンス - ティーガーデンマーソン
  2. 韓 : 奉重根鄭大炫金廣鉉韓基周、○尹錫珉 - 陳甲龍
  3. : 尹錫珉(1勝)  : スティーブンス(1敗)  
  4. :  ア – シャーホルツ1号、ヘスマン1号  韓 – 李大浩1号
  • 8月15日 ゲーム11、試合開始時刻:18:00(入場者数:9,859人)
カナダの旗 カナダ(1勝2敗) 0 - 1 大韓民国の旗 韓国(2勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
韓国 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 3 0
カナダ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. 韓 : ○柳賢振 - 陳甲龍
  2. カ : ●ジョンソンデビッドソンバートン - ロビンソンコレント
  3. : 柳賢振(1勝)  : ジョンソン(1敗)  
  4. :  韓 – 鄭根宇1号
  • 8月16日 ゲーム16、試合開始時刻:19:00(入場者数:8,124人)
日本の旗 日本(2勝2敗) 3 - 5 大韓民国の旗 韓国(3勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
韓国 0 0 0 0 0 0 2 0 3 5 9 1
日本 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3 7 1
  1. 韓 : 金廣鉉、○尹錫珉、韓基周、權奕、鄭大炫 - 陳甲龍
  2. 日 : 和田川上、●岩瀬 - 阿部
  3. : 尹錫珉(2勝)  : 岩瀬(1敗)  S: 鄭大炫(1S)  
  4. :  韓 – 李大浩2号  日 – 新井1号
  • 8月17日 ゲーム6、試合開始時刻:18:00(入場者数:6,800人)
大韓民国の旗 韓国(4勝) 1 - 0(延長11回サヨナラ) 中華人民共和国の旗 中国(1勝3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
中国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
韓国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0
  1. 中 : 李晨浩卜濤、●呂建剛 - 王偉
  2. 韓 : 宋勝準、○吳昇桓 - 姜珉鎬、陳甲龍
  3. : 吳昇桓(1勝)  : 呂建剛(2敗)  
  • 8月18日 ゲーム18、試合開始時刻:11:30(入場者数:7,000人)
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ(1勝4敗) 8 - 9 大韓民国の旗 韓国(5勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
韓国 7 1 0 0 0 0 1 0 0 9 16 2
チャイニーズタイペイ 0 2 0 0 4 2 0 0 0 8 12 2
  1. 韓 : 奉重根、○韓基周、権奕、尹錫珉 - 陳甲龍、姜珉鎬
  2. チ : 陽建福、●倪福徳張誌家曹錦輝 - 葉君璋
  3. : 韓基周(1勝)  : 倪福徳(2敗)  S: 尹錫珉(2勝1S)  
  4. :  チ – 高永民1号
  • 8月19日 ゲーム22、試合開始時刻:11:30(入場者数:6,000人)
大韓民国の旗 韓国(6勝) 7 - 4 キューバの旗 キューバ(5勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバ 0 3 0 0 0 0 0 1 0 4 7 2
韓国 0 0 0 5 0 1 1 0 - 7 9 0
  1. キ : ベラ、●オデリンゴンサレスロドリゲスラソ - ペスタノ
  2. 韓 : ○宋勝準、権奕、尹錫珉、吳昇桓 - 姜珉鎬、陳甲龍
  3. : 宋勝準(1勝)  : オデリン(1勝1敗)  S: 吳昇桓(1勝1S)  
  • 8月20日 ゲーム26、試合開始時刻:11:30(入場者数:7,681人)
オランダの旗 オランダ(1勝6敗) 0 - 10(8回コールド) 大韓民国の旗 韓国(7勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
韓国 2 0 0 0 4 2 0 2 10 16 1
オランダ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  1. 韓 : ○張三 - 姜珉鎬
  2. オ : ●スミットコルデマンスファンカンペン - スメーツ
  3. : 張三(1勝)  : スミット(2敗)  
  4. :  韓 – 李大浩3号、李宅根1号

準決勝[編集]

  • 8月22日 試合開始時刻:10:30(入場者数:8,480人)
大韓民国の旗 韓国(8勝) 6 - 2 日本の旗 日本(4勝4敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 6 2
韓国 0 0 0 1 0 0 1 4 - 6 10 1
  1. 日 : 杉内、川上、成瀬藤川、●岩瀬、涌井 - 矢野
  2. 韓 : ○金廣鉉、尹錫珉 - 姜珉鎬
  3. : 金廣鉉(1勝)  : 岩瀬(3敗)  
  4. :  日 – 李承燁1号

決勝[編集]

  • 8月23日 試合開始時刻:18:00(入場者数:9,859人)
キューバの旗 キューバ(7勝2敗) 2 - 3 大韓民国の旗 韓国(9勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
韓国 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4 0
キューバ 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 5 1
  1. 韓 : ○柳賢振、鄭大炫 - 姜珉鎬、陳甲龍
  2. キ : ●ゴンサレス、ラソ、ロドリゲス - ペスタノ
  3. : 柳賢振(2勝)  : ゴンサレス(1敗2S)  S: 鄭大炫(2S)  
  4. :  韓 – 李承燁2号  キ – エンリケス2号、ベル2号

出場選手[編集]

☆は第1回WBCに出場。○は第2回WBCに出場。

野手スタメンまたは途中出場の試合数、投手先発またはリリーフ登板の試合数を記載。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考 起用法
監督 74 金卿文 --- -- --
コーチ 76 趙啓顯 --- -- -- 投手コーチ
77 金光洙 --- -- -- 走塁コーチ
88 金杞泰 --- -- -- 打撃コーチ
投手 11 吳昇桓 三星ライオンズ ☆○ リ×2
13 ヒーローズ 先×1、リ×1
17 金廣鉉 SKワイバーンズ 先×2、リ×1
21 鄭大炫 SKワイバーンズ ☆○ リ×3
22 韓基周 起亜タイガース リ×3
28 尹錫珉 起亜タイガース リ×5
47 權奕 三星ライオンズ リ×3
51 奉重根 LGツインズ ☆○ 先×2
91 宋勝準 ロッテ・ジャイアンツ 先×2
99 柳賢振 ハンファ・イーグルス 先×2
捕手 20 陳甲龍 三星ライオンズ ス×4、途×2
37 姜珉鎬 ロッテ・ジャイアンツ ス×5、途×1
内野手 3 高永民 斗山ベアーズ ス×6、途×2
7 朴鎮萬 三星ライオンズ ス×5、途×2
8 鄭根宇 SKワイバーンズ ス×6、途×2
10 李大浩 ロッテ・ジャイアンツ ス×9
14 金敏宰 ハンファ・イーグルス ス×3、途×2
18 金東柱 斗山ベアーズ ス×5、途×1
25 李承燁 読売ジャイアンツ ス×8
外野手 15 李容圭 起亜タイガース ス×7、途×2
29 李宅根 ヒーローズ ス×4、途×1
35 李晋暎 SKワイバーンズ ☆○ ス×5、途×2
39 李鍾旭 斗山ベアーズ ス×8、途×1
50 金賢洙 斗山ベアーズ ス×6、途×2

外部リンク[編集]