ノルベルト・ゴンサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴンサレス第二姓(母方の)はミランダです。
ノルベルト・ゴンサレス
Norberto Gonzalez
ネットゥーノ 2・ベースボールクラブ
Norberto González on March 9, 2013.jpg
第3回WBCの時
(2013年3月9日 東京ドームにて)
基本情報
国籍  キューバ
出身地 シエンフエゴス州シエンフエゴス
生年月日 (1979-10-10) 1979年10月10日(38歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
209 lb =約94.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 2004年2008年
WBC 2006年2009年2013年
プレミア12 2015年
オリンピック
男子 野球
2004 野球
2008 野球
ワールド・ベースボール・クラシック
2006 野球

ノルベルト・ゴンサレス・ミランダ(Norberto González Miranda, 1979年10月10日 - )は、キューバシエンフエゴス州シエンフエゴス出身の野球選手投手)。左投げ左打ち。現在は、キューバの国内リーグであるセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルエレファンテス・デ・シエンフエーゴスに所属している。オフは、イタリアンベースボールリーグネットゥーノ 2・ベースボールクラブに所属している。

経歴[編集]

キューバ球界[編集]

元々国内リーグにおいては主に先発投手として投げていたが、特に秀でた成績を残してはいなかった。

2004年リリーフ適性を認められアテネオリンピックの野球キューバ代表に選出された。

2006-2007シーズンでは国際大会同様に、所属チームにおいてもリリーフとしての役割を担うようになった。

2008年8月に北京オリンピックに野球キューバ代表に選出された。

2009年3月に開催された第2回WBCのキューバ代表選出された[1]。1度目の日本戦では満塁時に暴投で先制を許し、更にその打席時の青木宣親に2点適時打を打たれ敗戦の機会を作ってしまった。しかしながら、結果的には大会通算防御率2.45の好成績を残した。

2012年11月6日に「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」のキューバ代表が発表され[2]代表入りした[3]。同日、台湾で行われたサンダーシリーズのため来台した[4]。サンダーシリーズ終了後の、14日に来日した[5]

2013年3月に、第3回WBCのキューバ代表に選出された[6]

キューバ国外移籍解禁後[編集]

2014年3月26日にホアン・ペドロソと共にイタリアンベースボールリーグネットゥーノ 2・ベースボールクラブと契約を結んだ。

2015年2月2日にネットゥーノと再契約したことが発表された。

選手としての特徴[編集]

  • 投球パターンは、左打者に対しサイドスロー気味に投げることが多く非常に効果的。右打者に対しては腕が上がってオーソドックスなタイプに近くなる。
  • 組立ては横の揺さぶり中心で、比較的奪三振数も多い。
  • 制球難に陥ることが多く、トータルでの成績がもう一つ良くない。
  • 特に対戦の少ない対左打者への有効性が大きい。

詳細情報[編集]

年度別投手成績 (2000-01年以降)[編集]





















































W
H
I
P
2000-2001 CFG 21 21 5 -- -- 10 9 0 -- .526 600 130.0 154 5 61 8 7 105 6 0 85 71 4.92 1.65
2001-2002 24 22 6 -- -- 11 8 2 -- .579 658 148.1 170 9 52 5 10 114 2 0 88 71 4.31 1.50
2002-2003 24 20 6 -- -- 9 6 4 -- .600 667 150.1 159 13 54 4 10 134 1 0 84 75 4.49 1.42
2003-2004 24 21 4 -- -- 10 12 0 -- .455 645 141.2 169 4 54 7 9 125 5 0 78 59 3.75 1.57
2004-2005 22 19 3 -- -- 9 8 1 -- .529 567 126.2 141 10 51 2 7 113 1 0 79 70 4.97 1.52
2005-2006 24 19 5 -- -- 6 10 4 -- .375 584 133.2 146 7 53 4 9 90 2 0 70 59 3.97 1.49
2006-2007 27 2 0 -- -- 12 5 5 -- .706 416 98.0 88 5 31 8 6 89 1 1 35 30 2.76 1.21
2007-2008 24 11 2 -- -- 9 9 2 -- .500 487 104.1 125 6 46 7 8 79 5 0 60 55 4.74 1.64
2008-2009 16 13 1 -- -- 6 7 0 -- .462 415 93.1 97 8 30 2 7 88 3 0 49 40 3.86 1.36
2009-2010 20 17 6 -- -- 11 4 2 -- .733 523 124.2 128 8 37 4 10 76 3 0 54 43 3.10 1.32
2010-2011 21 19 1 -- -- 13 2 0 -- .867 551 130.2 139 13 33 1 4 73 3 0 53 40 2.76 1.32
2011-2012 22 22 4 -- -- 13 8 0 -- .619 657 159.0 167 7 24 6 7 76 2 1 62 53 3.00 1.20
通算:12年 269 206 43 -- -- 119 88 20 -- .575 6770 1540.2 1683 95 526 58 94 1162 34 2 797 666 3.89 1.43
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト英語 2015年4月15日閲覧
  2. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月15日閲覧
  3. ^ キューバ代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月15日閲覧
  4. ^ Cuba arrives for Thunder Series in Taichung and Taoyuan IBAF公式サイト 英語 (2012年11月7日) 2015年4月19日閲覧
  5. ^ キューバ代表来日 MLB関係者も熱視線 スポニチアネックス (2012年11月15日) 2015年4月19日閲覧
  6. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト 英語 2015年4月15日閲覧

外部リンク[編集]