ヤズマニー・トマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトマス第二姓(母方の)はバカヤオです。
ヤズマニー・トマス
Yasmany Tomás
アリゾナ・ダイヤモンドバックス #24
Yasmany Tomás (29614155780).jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国へ亡命)
出身地  キューバ
ハバナ州ハバナ
生年月日 (1990-11-14) 1990年11月14日(27歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
229 lb =約103.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2014年 アマチュア・フリーエージェントとしてアリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約
初出場 2015年4月15日 サンディエゴ・パドレス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
WBC 2013年

ヤズマニー・トマス・バカヤオYasmany Tomás Bacallao , 1990年11月14日 - )は、キューバハバナ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックスに所属。

愛称は、エル・タンケ(El Tanque)(=スペイン語で戦車)。

発音指示では、ヤズマニー・トーマース(yahz-MAH-nee TOE-maas)となっている[1]

経歴[編集]

キューバ時代[編集]

2008年セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルレオネス・デ・インダストリアレスに加入。

2012年11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」のキューバ代表が発表され[2]代表入りした[3]。同日、台湾で行われたサンダーシリーズのため来台した[4]。サンダーシリーズ終了後の、14日に来日した[5]

2013年3月に第3回WBCキューバ代表に選出された[6][7]。この大会では、6試合に出場して打率.375、2本塁打、5打点の成績を記録した。

2014年6月にドミニカ共和国へ亡命したことが明らかになり[8][9]、9月10日にアメリカ・財務省内の海外資産管理局を通過した[10]。10月2日にFAが承認され、全球団との交渉が可能になった[11]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2014年12月8日アリゾナ・ダイヤモンドバックスと総額6850万ドルの6年契約を結んだ[12][13]

2015年4月4日に開幕を傘下のAAA級リノ・エーシズで迎える事が発表された。4月15日にメジャーに昇格し、同日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューを果たした[14]

2016年は140試合に出場し、チームトップの31本塁打を記録した。

2017年6月3日鼠蹊部の炎症でDL入りした。6月下旬にはルーキーリーグでリハビリを行ったが、再び鼠蹊部を痛め、8月21日に手術を受けることを発表。シーズン中の復帰は困難となった。シーズン成績は47試合に出場し、打率.224、8本塁打、32打点[15]

2018年1月18日フェニックスアリゾナ州道101号線英語版を制限速度の75mphを30mph上回る105mphで走行し、スピード違反と無謀運転の罪でアリゾナ州公安局英語版逮捕された[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 ARI 118 426 406 40 111 19 3 9 163 48 5 2 0 1 17 0 2 110 16 .273 .305 .401 .707
2016 140 563 530 72 144 30 1 31 269 83 2 4 0 1 31 4 1 136 18 .272 .313 .508 .820
2017 47 180 166 19 40 11 1 8 77 32 0 0 0 1 13 0 0 50 2 .241 .294 .464 .758
MLB:3年 305 1169 1102 131 295 60 5 48 509 163 7 6 0 3 61 4 3 296 36 .268 .307 .462 .769
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 24 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yasmani Tomas Stats” (英語). Baseball Reference.com. 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー[リンク切れ] NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月15日閲覧
  3. ^ キューバ代表メンバー[リンク切れ] NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月15日閲覧
  4. ^ Cuba arrives for Thunder Series in Taichung and Taoyuan[リンク切れ] IBAF公式サイト 英語 (2012年11月7日) 2015年4月19日閲覧
  5. ^ キューバ代表来日 MLB関係者も熱視線[リンク切れ] スポニチアネックス (2012年11月15日) 2015年4月19日閲覧
  6. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト 英語 2015年4月15日閲覧
  7. ^ Cuban Yasmani Manager believes Thomas is the best talent in the world
  8. ^ Yasmani Tomas defects from Cuba”. ESPN MLB (2014年6月21日). 2014年12月20日閲覧。
  9. ^ Steve Adams (2014年6月20日). “Top Outfielder Yasmani Tomas Defects From Cuba”. MLB Trade Rumors. 2014年12月20日閲覧。
  10. ^ Jeff Todd (2014年9月10日). “Yasmani Tomas Cleared By OFAC, Still Awaiting Free Agency”. MLB Trade Rumors. 2014年12月20日閲覧。
  11. ^ Jeff Todd (2014年10月2日). “Yasmany Tomas Declared Free Agent”. MLB Trade Rumors. 2014年12月20日閲覧。
  12. ^ D-backs agree to terms with Yasmany Tomas on six-year deal”. MLB.com D-backs Press Release (2014年12月8日). 2014年12月20日閲覧。
  13. ^ Yasmany Tomas signs with D-backs”. ESPN MLB (2014年12月8日). 2014年12月20日閲覧。
  14. ^ Tomas makes debut after being recalled to D-backs MLB.com 英語 (2015年4月16日) 2015年4月19日閲覧
  15. ^ Tomas (core surgery) unlikely to return in '17”. MLB. 2018年1月19日閲覧。
  16. ^ DPS: Diamondbacks' Yasmany Tomas arrested after driving 105 mph in Tempe”. azcentral.com. 2018年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]