ヨエニス・セスペデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨエニス・セスペデス
Yoenis Céspedes
ニューヨーク・メッツ #52
Yoenis Céspedes on August 10, 2015.jpg
2015年8月10日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国に亡命)
出身地 キューバの旗 キューバ
グランマ州カンペチュエラ
生年月日 1985年10月18日(30歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 アマチュア・フリーエージェントとしてオークランド・アスレチックスと契約
初出場 2012年3月28日 シアトル・マリナーズ
年俸 $20,833,333(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
WBC 2009年

ヨエニス・セスペデス・ミラネスYoenis Céspedes Milanés, 1985年10月18日 - )は、キューバグランマ州カンペチュエラ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。現在はMLBニューヨーク・メッツに所属している。

代理人は、ラッパージェイ・Zが経営するロック・ネーション・スポーツ英語版[2]

経歴[編集]

キューバ時代[編集]

キューバの名門体育大学であるマニュエル・ファハルド国立体育大学を卒業。

2003年より、キューバ国内リーグ "セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のグランマに所属。

2007年には2007年パンアメリカン競技大会野球キューバ代表に選出された。

2009年第2回WBCのキューバ代表に選出された[3]。同大会では、全試合に出場し、大会通じて打率.458・2本塁打・5打点の活躍で大会ベストナインに選ばれる。第2ラウンドの日本戦では小笠原道大の打球を落球した。

国内リーグでは、2010-2011シーズンにおいて打点王本塁打王ホセ・アブレイユと同本数)に輝いた。

2011年11月、ドミニカ共和国亡命した。

アスレチックス時代[編集]

アスレチックス時代 (2012年4月15日)

2012年2月13日オークランド・アスレチックスと総額3600万ドルの4年契約を結んだ。この契約は2003年にホセ・コントレラスニューヨーク・ヤンキースと結んだ、4年契約総額3200万ドルを抜いて亡命キューバ選手としての過去最高額となった。この年は129試合に出場し、打率.292、本塁打23本、82打点などの成績を残した[4]。2012年のア・リーグ新人王投票では、2位19票3位6票で計63票を獲得し、全体では2位となった[5][6]

2013年オールスターゲームに選出されなかったものの、前日に行われるホームランダービーに選出され[7]、優勝した。この年は135試合に出場し、26本塁打80打点7盗塁、打率.240だった。

2014年は初めてオールスターに選出された。ホームランダービーでは、1999年ケン・グリフィー・ジュニア以来史上2人目の連覇を達成した。

レッドソックス時代[編集]

2014年7月31日ジョン・レスタージョニー・ゴームスとのトレードボストン・レッドソックスへ移籍した[8]。この年は自己最多となるシーズン通算152試合に出場した。本塁打は自己最少の22に留まった一方で、二塁打36・三塁打6はいずれも自己最多となった。また得点圏打率.309を記録するなど勝負強い打棒を見せ、メジャーリーグ所属後では初となるシーズン100打点を挙げた。

タイガース時代[編集]

2014年12月12日リック・ポーセロとのトレードでアレックス・ウィルソンゲーブ・スパイアーと共にタイガースへ移籍した[9]。タイガースではレフトのレギュラーで起用され、102試合に出場。打率は.293と.300未満だったが、28本の二塁打と18本のホームランを放って61打点を叩き出した。レフトの守備は99試合で守りに就き、5失策を犯して守備率.977だったものの、DRSは + 11というハイレベルな数値をマーク。

メッツ時代[編集]

2015年7月31日マイケル・ファーマールイス・セッサとのトレードでニューヨーク・メッツに移籍した[10][11]。同年11月2日にFAとなった[12]。メッツでは57試合に出場し、打率.287・17本塁打・44打点・長打率.604を記録。特に本塁打は、タイガース比でマイナス45試合にもかかわらず、1本少ないだけというハイペースだった。守備は左翼手と中堅手を守り分け、DRSは0だった。2チーム計での打撃成績は、159試合で打率.291・35本塁打・105打点・7盗塁・OPS0.870という内容で、30本塁打以上はメジャー初・100打点以上は2年連続だった。

2016年1月26日、メッツと3年総額7500万ドルで契約を結んだ[13]。シーズンでは開幕から安定した成績を残し、前半戦を打率.302、リーグ5位タイの21本塁打を記録して、自身2度目のオールスターにファン投票で選出された。

プレースタイル[編集]

キューバ国内リーグ屈指の長打力を誇り、リーグ本塁打王争いに顔を出し、何度も上位3位に入る。また非常に肩が強く、足も速い。一方でやや荒っぽさがあり、好不調の波も激しい傾向があるが、比較的大舞台や短期決戦には強い。

人物[編集]

母親のエステラ・ミラネス(Estela Milanés)は、元ソフトボール選手であり2000年シドニーオリンピックではキューバ代表(投手)で出場した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

[14]

















































O
P
S
2003-2004 GRA 84 332 288 50 87 17 7 9 145 42 3 3 5 2 28 0 9 65 3 .302 .382 .503 .885
2004-2005 89 396 339 69 106 22 5 15 183 51 5 2 2 4 34 4 17 59 10 .313 .403 .540 .943
2005-2006 88 398 339 89 119 24 4 23 220 78 8 3 0 2 44 12 13 43 16 .351 .444 .649 1.093
2006-2007 89 400 340 79 103 24 3 17 184 66 15 10 1 3 42 14 14 53 10 .303 .402 .541 .943
2007-2008 89 403 366 82 104 16 2 26 202 78 4 4 0 3 32 6 2 50 8 .284 .345 .552 .897
2008-2009 85 387 328 83 106 19 0 24 197 76 4 4 0 6 43 2 10 40 15 .323 .417 .601 1.018
2009-2010 87 392 342 87 118 19 4 22 211 67 5 3 0 1 42 4 7 45 10 .345 .426 .617 1.043
2010-2011 90 415 354 89 118 17 1 33 236 99 11 3 0 3 49 5 9 40 17 .333 .424 .667 1.091
2012 OAK 129 540 487 70 142 25 5 23 246 82 16 4 0 3 43 5 7 102 9 .292 .356 .505 .861
2013 135 574 529 74 127 21 4 26 234 80 7 7 0 3 37 5 5 137 8 .240 .294 .442 .737
2014 101 432 399 62 102 26 3 17 185 67 3 2 0 4 28 3 1 80 8 .256 .303 .464 .767
BOS 51 213 201 27 54 10 3 5 85 33 4 0 0 3 7 0 2 48 5 .269 .296 .423 .719
'14計 152 645 600 89 156 36 6 22 270 100 7 2 0 7 35 3 3 128 13 .260 .301 .450 .751
2015 DET 102 427 403 62 118 28 2 18 204 61 3 4 0 4 19 2 1 87 9 .293 .323 .506 .829
NYM 57 249 230 39 66 14 4 17 139 44 4 1 0 1 14 3 4 54 5 .287 .337 .604 .942
'15計 159 676 633 101 184 42 6 35 343 105 7 5 0 5 33 5 5 141 14 .291 .328 .542 .870
CNS:8年 611 3123 2342 539 743 141 25 136 1342 458 44 29 8 21 265 42 72 355 72 .317 .403 .573 .976
MLB:4年 575 2435 2249 334 609 124 21 106 1093 367 37 18 0 18 148 18 20 508 44 .271 .319 .486 .805
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2015年度シーズン終了時
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2012年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yoenis Cespedes Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月26日閲覧。
  2. ^ 今どきのFA選手の売り込みはクリエーティブに 日刊スポーツ (2015年12月7日) 2016年1月20日日閲覧
  3. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年11月29日閲覧
  4. ^ Yoenis Céspedes”. sports.yahoo.com. 2012年11月13日閲覧。
  5. ^ Cespedes runner-up in AL Rookie of Year voting” (英語). MLB.com (2012年11月12日). 2012年11月13日閲覧。
  6. ^ ダルビッシュ、新人王逃す エンゼルス・トラウトら受賞”. 朝日新聞デジタル (2012年11月13日). 2012年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月13日閲覧。
  7. ^ Jane Lee (2014年7月10日). “Cespedes added to AL Home Run Derby team”. MLB.com. 2016年1月28日閲覧。
  8. ^ “Red Sox Acquire OF Yoenis Cespedes and Competitive Balance Draft Pick from Athletics for LHP Jon Lester and OF Jonny Gomes” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年7月31日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/87231396 2016年1月28日閲覧。 
  9. ^ In separate deals, Tigers land Cespedes, Simon
  10. ^ “メッツ、タイガースからキューバの大砲Y.セスペデスを獲得”. Yahoo! Japanニュース. ISM (Yahoo! Japan). (2015年8月1日). オリジナル2015年8月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150803022332/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150801-00000211-ism-base 2016年1月28日閲覧。 
  11. ^ Detroit Tigers Acquire Michael Fulmer and Luis Cessa from New York Mets in exchange for Yoenis Cespedes” (英語). MLB.com (2015年7月31日). 2016年1月28日閲覧。
  12. ^ Transactions | mets.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2016年1月28日閲覧。
  13. ^ Cash Kruth (2016年1月26日). “Yo know it! Cespedes' NY return now official” (英語). MLB.com. 2016年1月28日閲覧。
  14. ^ Federación Cubana de Béisbol Aficionado - Cronología

関連項目[編集]

外部リンク[編集]