マイク・ヘスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク・ヘスマン
Mike Hessman
OB-Mike-Hessman20110615.jpg
オリックス時代 (2011年6月15日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ファウンテンバレー
生年月日 1978年3月5日(38歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 1996年 ドラフト15巡目(全体452位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 MLB / 2003年8月26日
NPB / 2011年4月12日
最終出場 MLB / 2010年10月3日
NPB / 2011年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 2008年
オリンピック
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 野球
2008 北京 野球

マイケル・スティーヴン・ヘスマンMichael Steven "Mike" Hessman , 1978年3月5日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ファウンテンバレー出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

ブレーブス時代[編集]

1996年MLBドラフト15巡目(全体452位)でアトランタ・ブレーブスから指名され[1][2]入団した。ブレーブスでは8シーズンに渡りマイナーリーグ生活を続けていたが、2003年8月22日にメジャーで初出場、8月26日にはニューヨーク・メッツマイク・スタントンから代打本塁打を放った[3]

タイガース時代[編集]

2005年1月7日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結び、傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで過ごし28本塁打を放った。

2006年もAAA級トレドで24本塁打を放ったが打率は.165にとどまった。

2007年7月23日、3年ぶりにメジャーに昇格した。この年トレドでは31本塁打、101打点をあげてインターナショナルリーグMVPに選ばれた[4]

2008年は開幕をAAA級トレドで迎えたが、7月16日北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表に選出[5][6]。オリンピックに出場したため1ヶ月欠場したものの、AAA級トレドで34本塁打を放ち、9月2日にはメジャーへ昇格。12試合に出場し、打率.296・5本塁打の成績を残した。

2009年9月4日、AAA級トレドでの試合で彼は捕手から投手まで9つの全てのポジションを守った。オフの10月にFAとなった。

メッツ時代[編集]

ニューヨーク・メッツ時代
(2010年)

2009年12月8日にメッツとマイナー契約を結んだ[7]

2010年11月10日にFAとなった[8]

オリックス時代[編集]

2010年12月17日オリックス・バファローズが獲得を発表した[9]

2011年は開幕こそ一軍スタートとなったが、外国人枠の関係でアルフレッド・フィガロを登録するために、4月14日に登録抹消。その後は二軍での調整期間を経て、4月29日に再登録。5月11日の対ソフトバンク戦で来日初本塁打を放つと、そこから3試合連続本塁打をマークした。7月1日から3日の対ソフトバンク戦では、球団が2009年から企画している「大坂夏の陣」が催され、「兵州男」という登録名で出場。1日の試合では、山田大樹から2打席連続3ランを放ち[注 1]、3日の試合では9回裏1死の場面で、完封勝利目前の攝津正から同点適時打を放って逆転サヨナラ勝利を呼び込み、この同一カード3連戦3連勝に大きく貢献した。しかし、シーズンを通じてはなかなか調子が上がらきらず一・二軍を往復し、右肘違和感のために9月24日に帰国した。結局は48試合の出場で打率.192、6本塁打14打点と成績が伸びず、10月24日に球団から戦力外通告を受けた。

アストロズ傘下時代[編集]

2012年2月2日にヒューストン・アストロズとマイナー契約を結んだ。

レッズ傘下時代[編集]

2012年11月にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。

2013年はAAA級ルイビル・バッツでプレー。

タイガース復帰[編集]

2013年12月3日に古巣のタイガースとマイナー契約を結んだ[10]

2014年5月21日に史上6人目となるマイナーリーグ通算400本塁打を達成し、6月30日にはインターナショナルリーグ史上最多となる通算259本塁打に到達した。

2015年7月22日にはマイナー記録を抜く通算431本塁打を記録した[11]。しかし、多くのメディアが431本塁打をマイナー新記録と報じているが、これらは誤報であり、1936年クリーブランド・インディアンス傘下のAA級ミネアポリス・ミラーズに所属していたバズ・アーレットが記録した432本塁打がマイナーリーグの通算本塁打最多記録である[12]。ヘスマンがアーレットの記録を更新する433本塁打目を打ったのは2015年8月3日ルイビル・バッツ戦で、シーズン16号本塁打で[13](結果的にこれが現役最後の本塁打となる)実に79年ぶりの快挙となった。

オフの11月28日に現役引退を表明した[14]

プレースタイル[編集]

マイナーリーグで通算400本塁打以上を放っており、マイナー通算本塁打記録を持っている[15])。長打力を備えているが、一方で三振も多く当時のオリックスの村山良雄球団本部長は不安も口にした[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB・NPB)[編集]

















































O
P
S
2003 ATL 19 26 21 2 6 2 0 2 14 3 0 0 0 0 5 1 0 6 2 .286 .423 .667 1.090
2004 29 71 69 8 9 3 0 2 18 5 0 0 0 0 1 0 1 24 0 .130 .155 .261 .416
2007 DET 17 57 51 7 12 0 0 4 24 12 0 0 0 1 5 0 0 17 0 .235 .298 .471 .769
2008 12 31 27 6 8 1 0 5 24 7 0 0 0 0 2 0 2 9 0 .296 .387 .889 1.276
2010 NYM 32 65 55 6 7 2 1 1 14 6 0 0 0 0 8 1 2 23 2 .127 .262 .255 .516
2011 オリックス 48 142 130 9 25 6 0 6 49 14 0 0 0 0 11 0 1 46 2 .192 .261 .377 .638
MLB:5年 109 250 223 29 42 8 1 14 94 33 0 0 0 1 21 2 5 79 4 .188 .272 .422 .694
NPB:1年 48 142 130 9 25 6 0 6 49 14 0 0 0 0 11 0 1 46 2 .192 .261 .377 .638
  • 2013年度シーズン終了時。

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 12 (2003年)
  • 15 (2004年)
  • 24 (2007年)
  • 26 (20108年)
  • 19 (2010年)
  • 5 (2011年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1996 Draft Results - Round #15”. thebaseballcube.com. 2010年12月18日閲覧。
  2. ^ Atlanta Braves 1996 Draft Selections MLB.com (英語) 2015年11月30日閲覧
  3. ^ Aug 26, 2003, Mets at Braves Play by Play and Box Score”. baseball-reference.com (2003年8月26日). 2010年12月18日閲覧。
  4. ^ Hessman, Slowey lead IL All-Stars”. minorleaguebaseball.com (2007年8月28日). 2010年12月18日閲覧。
  5. ^ Future Tigers, Indians Olympians; Hens won't have Hessman, Neal”. Toredo Blade (2008年7月17日). 2010年12月18日閲覧。
  6. ^ 2008 Olympic Team Roster The Official Site of USA (英語) (2008年8月22日) 2015年11月30日閲覧
  7. ^ Mets sign player”. ニューヨーク・デイリーニュース (2009年12月8日). 2010年12月18日閲覧。
  8. ^ Mike Hessman and Omir Santos Become Free Agents”. metsblog.com (2010年11月10日). 2010年12月18日閲覧。
  9. ^ a b オリに清原級の助っ人?ヘスマン獲得発表”. 日刊スポーツ (2010年12月18日). 2010年12月18日閲覧。
  10. ^ Report: Detroit Tigers sign first baseman Mike Hessman, two pitchers to minor-league deals”. MLive.com. 2014年1月14日閲覧。
  11. ^ オリックスの元助っ人 ヘスマン マイナー新の431号本塁打
  12. ^ Buzz Arlett 432HR”. Baseball-Reference.com. 2015年11月30日閲覧。
  13. ^ Hessman slams Minors home run record”. MiLB.com. 2015年11月30日閲覧。
  14. ^ Legendary Hessman retires as player MiLB.com (英語) (2015年11月28日) 2015年11月29日閲覧
  15. ^ オリックスの元助っ人 ヘスマン マイナー新の431号本塁打

注釈[編集]

  1. ^ 山田からは5月12日の対戦でも本塁打を放ち、6本塁打中3本塁打は山田から記録している

関連項目[編集]

外部リンク[編集]