ネイト・シャーホルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネイト・シャーホルツ
Nate Schierholtz
フリーエージェント
Schierholtz 150829.JPG
広島時代(2015年8月29日 阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州リノ
生年月日 1984年2月15日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に右翼手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目(全体63位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 MLB / 2007年6月11日 トロント・ブルージェイズ
NPB / 2015年4月19日 中日ドラゴンズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 2008年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

ネイサン・ジョン・シャーホルツNathan John Schierholtz , 1984年2月15日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州リノ出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。現在はフリーエージェント

広島東洋カープ在籍時には、「ネイト・シアーホルツ」という表記で登録されていた[1][2]

来歴[編集]

ジャイアンツ時代[編集]

2003年メジャーリーグ(MLB)ドラフトサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目(全体63位)指名され、6月25日に契約。当時は三塁手だったが、入団後に右翼手へ転向した。

2007年6月11日トロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たした。

2008年はシーズンの大半をマイナーで過ごしたが、8月には北京オリンピックアメリカ合衆国代表として出場し、銅メダルを獲得している。

2009年以降は主に「第4の外野手」としてメジャーに定着。

2010年には、自身初めてワールド・シリーズを経験した。

フィリーズ時代[編集]

2012年7月31日ハンター・ペンスとの交換要員の1人としてフィラデルフィア・フィリーズに移籍した。移籍した原因は、ジャイアンツでの出場機会が減少した事を報道陣に言及した事だと言われている[3]。オフにFAとなった。

カブス時代[編集]

2012年12月21日シカゴ・カブスと年俸225万ドル+出来高50万ドルの1年契約を結んだ[4]

2014年は開幕から99試合に出場していたが、打率.192・6本塁打・33打点・4盗塁と結果を残せず、8月6日DFAとなった[5]

ナショナルズ時代[編集]

2014年8月18日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結び[6]、23日にメジャー昇格[7]。オフにFAとなった。

レンジャーズ傘下時代[編集]

2015年2月6日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[8]が、3月28日に自由契約。

広島時代[編集]

2015年4月3日に、広島東洋カープと1年契約で合意したことが球団から発表された[9]。登録名は「シアーホルツ[10]で、背番号は57。推定年俸は116万2000ドルで、外国人選手の契約初年度の年俸としてはチーム史上最高額とされた[11]同月19日の対中日ドラゴンズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)にスタメンNPB公式戦デビューを果たしたが、同月中の通算打率が.080にとどまるほどの不振に見舞われたため、5月1日に出場選手登録を抹消された。同月15日の再登録後は、同月中に打率.377、4本塁打、11打点と復調。一時4番打者に起用されるなど、6月以降も好調が続いた。しかし、8月2日熱中症で再び登録を抹消されると、腰痛の発症などでコンディションが整わずに一軍と二軍を往復[12]。結局、8月・9月の2ヶ月間で、一軍公式戦での通算打率が.120と低迷した。シーズン通算では、一軍公式戦で打率.250、本塁打10、打点30を記録したものの、得点圏打率が.218と勝負どころでの弱さを露呈。10月には、球団から翌2016年の契約を結ばないことを通告された[12]

広島退団後[編集]

2015年12月24日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングには招待選手として参加する[13]

2016年5月23日に解雇となる。

プレースタイル・人物[編集]

早いカウントから積極的に振っていく打撃スタイルで[14]、二塁打性のライナーが多い[15]ラインドライブヒッター[16]。選球眼が悪く、落ちる変化球や外角へ逃げる変化球に空振りするケースが非常に多い。2013年は規定打席に達した両リーグの外野手のうちヨエニス・セスペデスイチローに次いで出塁率が低かった[17]。メジャー定着当時は左投手に強かったが、2011年以降は対左投手の打撃成績が年々悪化し[17]、対左投手相手でもスタメン起用された広島時代も打率.226、OPS.677を喫した。

アマチュア時代は三塁手だったが、プロ入り後に右翼手に転向。強肩を生かした[16]右翼守備では2014年までメジャー通算のDRS+19、同UZR+21.4を記録している。

打席でバットを素手で握る数少ない現役選手の1人[18]だったが、2011年以降はバッティンググローブを使用している。

常にトレーニングに没頭する生真面目な性格[19]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 SF 39 117 112 9 34 5 3 0 45 10 3 1 0 2 2 0 1 19 0 .304 .316 .402 .718
2008 19 81 75 12 24 8 1 1 37 5 0 1 0 0 3 0 3 8 1 .320 .370 .493 .864
2009 116 308 285 33 76 19 2 5 114 29 3 1 0 6 16 3 1 58 5 .267 .302 .400 .702
2010 137 252 227 34 55 13 3 3 83 17 4 5 1 1 20 5 3 38 3 .242 .311 .366 .676
2011 115 362 335 42 93 22 1 9 144 41 7 4 0 2 21 3 4 61 5 .278 .326 .430 .756
2012 77 196 175 15 44 4 5 5 73 16 3 2 0 2 18 2 1 36 1 .251 .321 .417 .739
PHI 37 73 66 5 18 4 0 1 25 5 0 0 1 1 5 0 0 10 0 .273 .319 .379 .698
'12計 114 269 241 20 62 8 5 6 98 21 3 2 1 3 23 2 1 46 1 .257 .321 .407 .728
2013 CHC 137 503 462 56 116 32 3 21 217 68 6 3 1 5 29 3 6 94 6 .251 .301 .470 .770
2014 99 341 313 29 60 10 3 6 94 33 4 4 0 6 18 0 4 76 6 .192 .240 .300 .541
WSH 23 42 40 3 9 1 1 1 15 4 0 1 0 0 2 0 0 8 0 .225 .262 .375 .637
'14計 122 383 353 32 69 11 4 7 109 37 4 5 0 6 20 0 4 84 6 .195 .243 .309 .552
2015 広島 65 248 232 27 58 11 1 10 101 30 3 2 0 0 14 0 2 67 0 .250 .298 .435 .734
MLB:8年 799 2275 2090 238 529 118 22 52 847 228 30 22 3 25 134 16 23 408 27 .253 .302 .405 .707
NPB:1年 65 248 232 27 58 11 1 10 101 30 3 2 0 0 14 0 2 67 0 .250 .298 .435 .734
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録(NPB)

背番号[編集]

  • 12 (2007年 - 2012年途中)
  • 22 (2012年途中 - 同年終了)
  • 19 (2013年 - 2014年途中)
  • 17 (2014年途中 - 同年終了)
  • 57 (2015年途中 - 同年終了)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 個人年度別成績 【シアーホルツ】 NPB公式サイト 2015年4月12日閲覧
  2. ^ チームデータ N.シアーホルツ 広島東洋カープ公式サイト 2015年4月12日閲覧
  3. ^ 広島の新助っ人シャーホルツは「速球には強いが左腕に弱い」 日刊ゲンダイ (2015年4月5日) 2015年4月5日閲覧
  4. ^ Cubs finalize one-year contract with outfielder Nate Schierholtz MLB.com
  5. ^ Cubs activate righthander Kyuji Fujikawa, outfielder Nate Schierholtz designated for assignment”. MLB.com Cubs Press Release (2014年8月6日). 2014年8月7日閲覧。
  6. ^ “Nationals sign Schierholtz to minor league deal”. Associated Press. ESPN.com. (2014年8月18日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=11372375 2014年8月19日閲覧。 
  7. ^ “Nationals call up OF Nate Schierholtz from minors”. Associated Press. ESPN.com. (2014年8月23日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=11398496 2014年8月24日閲覧。 
  8. ^ Sheldon, Mark (2015年2月6日). “Rangers add veteran OF Schierholtz on Minors deal”. MLB.com. http://m.rangers.mlb.com/news/article/108569152/rangers-add-veteran-outfielder-nate-schierholtz-on-minor-league-deal 2015年3月10日閲覧。 
  9. ^ ネイト・シャーホルツ選手、選手契約合意! 広島東洋カープ公式サイト (2015年4月3日) 2015年4月4日閲覧
  10. ^ 来日前の報道では、「シャーホルツ」と表記されることが多かった。
  11. ^ [1]
  12. ^ a b 広島がザガースキーら外国人3人と来季契約結ばず 日刊スポーツ (2015年10月26日) 2015年12月24日閲覧
  13. ^ 前広島シアーホルツがタイガースとマイナー契約日刊スポーツ (2015年12月24日) 同日閲覧
  14. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、462頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  15. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』 廣済堂出版、2013年、401頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  16. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版、2012年、434頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  17. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、400頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  18. ^ 月刊スラッガー』2010年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、73頁。
  19. ^ 『月刊スラッガー』2011年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、69頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]