この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

成瀬善久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
成瀬 善久
東京ヤクルトスワローズ #17
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県小山市
生年月日 (1985-10-13) 1985年10月13日(31歳)
身長
体重
180 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト6巡目
初出場 2006年5月17日
年俸 1億4,400万円(2017年)
※2015年から3年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2008年

成瀬 善久(なるせ よしひさ、1985年10月13日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。栃木県小山市出身。

経歴

プロ入り前

小山市立桑中学校在学時はエースとして第22回全国中学校軟式野球大会に出場。1試合16奪三振と毎回奪三振の大会記録を樹立しチームを全国第3位に導く(毎回奪三振は長谷川滋利山本省吾らも記録している)。なお、同中学の2年先輩には東京ヤクルトスワローズ飯原誉士がおり、成瀬が1年時のエースは飯原であった。

横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗白濱裕太バッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章リリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年度ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けて入団。背番号60

ロッテ時代

北京五輪での成瀬(2008年)

2004年は故障の影響もありシーズン前半を棒に振る。後半からは二軍で安定した成績を残した。2006年5月17日に一軍昇格し、対横浜ベイスターズ戦でプロ初登板初先発初勝利を飾る。一軍最後の登板では初完封を達成し、結果的に13試合で5勝をあげ先発ローテーション定着を果たす。しかし、シーズン終了後の阪神タイガースとのファーム日本選手権では喜田 - 桜井 - 藤原に3者連続本塁打を浴び敗戦投手となった。

2007年は開幕ローテーション入りし、16勝1敗、防御率1.81。オールスターに出場、月間MVPを二度受賞し、最優秀防御率最優秀投手を獲得した。この年の黒星は交流戦(横浜戦)のみで、パ・リーグ球団との試合では無敗であった。しかし、北海道日本ハムファイターズとのクライマックスシリーズ第2ステージ最終戦では敗戦を喫した。援護率5.64はリーグトップで、与四球27は規定投球回に到達した投手では武田勝の17についで2位。ちなみに、防御率1点台、勝率9割台でシーズンを終えた投手が出たのは1959年杉浦忠以来48年ぶり、2リーグ制以後では史上2人目である。西武・日本ハムには強く、それぞれ6勝0敗(7試合)・4勝(4試合)を挙げる一方で、東北楽天ゴールデンイーグルスには2試合先発して0勝0敗、防御率は4点台と相性が悪かった。

翌年の北京五輪出場を目指す野球日本代表に招集され、台湾で行われた第24回アジア野球選手権大会第2戦・韓国代表との試合に先発。4回途中までで2失点。勝ち負けはつかなかったが、チームは勝利した。

2008年には背番号を17へ変更。北京オリンピック野球代表日本に選出され、第5戦(カナダ戦)に先発し、7回を被安打2、10奪三振、無失点で勝利した。大会通算19奪三振で奪三振王に輝いた。また交流戦では、投手としては珍しい三塁打を放った。

2009年春期キャンプで故障し出遅れる。その影響か前半戦は調子が上がらず打ち込まれる場面が目立ったが、徐々に復調し、オールスター後は無傷の7連勝を果たしてシーズンを終え、最終的にはチームトップの11勝を挙げた。この年の活躍が認められ、年俸一億円に到達した。

2010年はオープン戦で16回を15失点と不調だったが、自身初の開幕投手に指名された。横浜高校の後輩でもある西武の涌井秀章と投げ合い、5回まで無安打に抑えるも7回に2被弾(中島裕之ディー・ブラウン)を浴び、逆転される。打線も1点に抑えられ、3安打2失点完投も敗戦投手となった。なお、ダルビッシュ有岩隈久志も開幕投手として登板し完投負けを喫していたため、開幕投手が3人揃って完投負けしたこととなった。この珍事は実に50年ぶりとなる。シーズンではチーム最多の13勝を挙げ、203.2イニングを投げ完投7、無四球試合4、192奪三振、WHIPは1.02の好成績を残した。しかし、被本塁打が激増し29本を浴び、11敗を喫した。対オリックス戦では7戦7勝と抜群の相性を誇り、最終戦でも勝利し、チームをCS進出に導いた。

CSファイナルステージの対戦相手であるソフトバンクには、シーズンでは防御率こそ3.32だったものの0勝4敗と相性が悪かった。しかし、第1戦はファーストステージ第1戦(対西武、7回0/3、2失点)から中4日で1失点完投勝利を挙げると、更に最終戦となった第6戦にも連続中4日で登板し、4安打完封勝利を挙げるなど、全く危なげなく連勝。同制度下ではシーズン3位チーム初の日本シリーズ進出に大きく貢献し、MVPに輝いた。日本シリーズでも、第1戦と第6戦に先発し、第1戦では2失点に抑え勝利し、自身初の日本シリーズの勝利投手となった。

2011年はチームが低迷する中で、6完投を記録するなど10勝を挙げた。

2012年1月1日に成瀬の公式ブログにおいて「野球やめようか」と引退を示唆する書き込みが行われ騒動となるが[2]、何者かの不正アクセスによる書き込みで引退はデマであるとブログや公式ツイッターなどで否定されている[3][4]7月21日のオールスター第2戦では、新変化球のナックルフォークを実戦で試投した。この年は最終的に12勝をあげ、四年連続の二桁勝利となった。

2013年は、怪我の影響で14試合登板にとどまり4年連続2桁勝利と6年連続規定投球回到達の記録が途絶えた。2014年は6月23日に、前日に鹿児島県出身の1歳年下の一般女性と結婚したことを発表[5]。同年オフに、国内FA宣言を行った[6]

チームでのニックネームは「ニャー」(彼の投球フォームに由来)。これにちなみ、2008年シーズンからのマッチデープログラムでは、終了した清水直行エッセイ『やるしかないねん』の跡を継ぎ『なんとかニャルセ』を担当[要出典]

ヤクルト時代

2014年11月27日に東京ヤクルトスワローズとの契約締結合意が公示された[7]。背番号はロッテと同じ17

2015年3月31日阪神タイガース戦に先発し、初回にロッテ時代の同僚の西岡剛に3ランを浴びたがその後は無失点に抑え、5回3失点ながらも移籍後初勝利を挙げた[8]。しかし、その後、7月31日の阪神戦に先発するも3回2/3を投げて5失点(自責点4)と不調で8月1日に登録を抹消された[9]。被本塁打もわずか80イニングに満たないにも関わらずリーグワースト2と一向に改善されることなく、勝利投手となったゲームでも3失点以上を喫するなど登板する度に打ち込まれる試合が続いた。12月7日の契約更改では現状維持の1億4400万円で更改[10]

選手としての特徴

ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションからのスリークォーターで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約133km/h[11]、最速147km/hのストレートチェンジアップ、通算与四球率1.71の抜群の制球力を武器に三振を奪い、スライダーカーブも投げ分ける。カーブは2007年以来コントロールに自信がないという理由で封印していたが、2010年に投手コーチに就任した西本聖に「完璧にコントロールできなくてもいい。変化も大きくて使える」と助言されたことで同年から投げ始めた[12]。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている[13]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2006 ロッテ 13 13 2 1 0 5 5 0 0 .500 326 78.1 75 6 21 0 4 83 2 0 33 30 3.45 1.23
2007 24 24 6 4 2 16 1 0 0 .941 675 173.1 132 10 27 0 4 138 0 0 36 35 1.81 0.92
2008 22 22 3 0 0 8 6 0 0 .571 616 150.2 126 12 35 0 3 119 3 0 57 54 3.23 1.07
2009 23 22 5 1 2 11 5 0 0 .688 627 153.2 146 14 28 1 3 156 2 0 61 56 3.28 1.13
2010 28 28 7 1 4 13 11 0 0 .542 817 203.2 173 29 34 2 4 192 8 1 78 75 3.31 1.02
2011 26 26 6 3 4 10 12 0 0 .455 765 189.2 188 15 18 0 1 151 3 0 75 69 3.27 1.09
2012 28 28 5 2 1 12 11 0 0 .522 806 200.2 176 21 34 1 2 122 4 0 71 63 2.83 1.05
2013 14 14 1 0 0 6 4 0 0 .600 364 87.0 81 13 25 1 2 51 1 0 36 29 3.00 1.22
2014 23 23 2 0 0 9 11 0 0 .450 614 142.2 153 18 41 0 4 88 4 1 78 74 4.67 1.36
2015 ヤクルト 14 14 0 0 0 3 8 0 0 .273 339 79.1 83 16 21 0 1 46 2 0 46 42 4.76 1.31
2016 22 10 0 0 0 3 2 0 0 .600 319 72.1 82 13 27 1 5 42 1 0 46 45 5.60 1.49
NPB:11年 237 224 37 12 13 96 76 0 0 .558 6268 1531.1 1415 167 311 6 33 1188 30 2 617 572 3.36 1.13
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル

表彰

記録

投手記録
打撃記録
節目の記録
その他記録

背番号

  • 60 (2004年 - 2007年)
  • 17 (2008年 - )

登場曲

脚注

  1. ^ ヤクルト・成瀬、2年連続3勝止まりに「悔しいシーズン」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2016年12月5日). 2016年12月10日閲覧。
  2. ^ 成瀬元日引退騒動はイタズラ日刊スポーツ 2012年1月1日
  3. ^ [1]千葉ロッテマリーンズ公式ツイッター
  4. ^ ☆注意事項☆成瀬善久オフィシャルブログ 2012年1月1日
  5. ^ ロッテ成瀬が結婚を発表 1歳年下の鹿児島出身の一般女性とスポニチアネックス 2014年6月23日
  6. ^ 2014年度 フリーエージェント宣言選手 日本野球機構オフシャルサイト 2014年11月23日閲覧。
  7. ^ 2014年度 フリーエージェント宣言選手契約締結合意 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月27日閲覧。
  8. ^ ヤクルト 成瀬、移籍後初勝利!元同僚に3ラン献上「ショック」Sponichi Annex 2015年3月31日 21:55
  9. ^ ヤクルトが石山、中澤を登録、成瀬、西浦を抹消日刊スポーツ.2015年8月1日17時44分
  10. ^ ヤクルト石川、年俸2億円に復帰 来季は「最多勝目指す」 - 日本経済新聞(2015/12/7 18:55)
  11. ^ 『週刊プロ野球データファイル』31号、ベースボール・マガジン社、雑誌27743-11/16、12頁。
  12. ^ web Sportiva|Baseball
  13. ^ 報道ステーション2007年10月5日放送のスポーツ内より

関連項目

外部リンク