金相豎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金 相豎(キム・サンス)
Sang-Su Kim
サムスン・ライオンズ #7
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 大邱広域市
生年月日 (1990-03-23) 1990年3月23日(27歳)
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2009年 1次ドラフトで指名
初出場 2009年
年俸 3億1000万ウォン(2017年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
プレミア12 2015年

金 相豎(キム・サンス、 1990年3月23日 - )は、韓国プロ野球三星ライオンズに所属する大韓民国出身のプロ野球選手遊撃手)。

経歴[編集]

俊足巧打の選手として、三星に入団。オープン戦でも好調をアピールしたが、2009年のシーズン中盤にA型肝炎を患い、抹消。復帰後もプロに適応できず、打率.245と低迷。

2010年は、安定した守備で長らく三星のショートとして君臨していた朴鎮萬からショートのレギュラーを奪い、30盗塁を記録し斗山とのプレーオフでも印象的な活躍を見せた。

2011年は、9番ショートで完全に定着し、5月8日LG戦ではプロ入り初の本塁打を放つ。果敢な守備技術を誇るが失策が多いなど、課題も残るシーズンとなった。

2012年もショートのレギュラーとして活躍した。

2014年9月、2014年アジア競技大会野球韓国代表に選出された。この大会では、韓国の優勝により兵役免除の恩恵を受けることとなった。同年53盗塁で初の盗塁王のタイトルを獲得した。

2015年11月、第1回WBSCプレミア12に韓国代表として出場した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
2009

97 241 43 59 19 0 0 17 18 6 21 1 51 6 9 .245 .324 .309 .633
2010 101 280 37 69 7 3 0 22 30 6 31 12 45 10 8 .246 .293 .346 .639
2011 128 406 53 113 16 4 2 47 29 7 47 7 61 7 22 .278 .363 .352 .715
2012 129 419 64 115 18 4 2 36 25 11 41 7 56 8 14 .274 .349 .351 .700
2013 115 372 57 111 17 3 7 44 14 5 30 5 44 7 16 .298 .359 .417 .766
2014 128 427 74 123 20 8 5 63 53 6 41 7 77 7 14 .288 .354 .407 .761
2015 132 449 67 125 30 4 8 63 26 5 43 6 56 9 18 .278 .345 .416 .761
2016 105 358 56 97 13 0 3 38 6 4 23 8 39 9 15 .271 .326 .332 .658
通算:8年 935 2955 451 812 140 26 27 330 201 50 277 54 429 64 116 .275 .344 .367 .711

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧

外部リンク[編集]