崔廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
崔 延(チェ・ジョン)
Choi Jeong
SKワイバーンズ #14
Jeong Choi on March 2, 2013.jpg
2013年WBC韓国代表時
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 京畿道利川市
生年月日 (1987-02-28) 1987年2月28日(29歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2004年 1次ドラフト
初出場 2005年
年俸 11億ウォン(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
WBC 2009年2013年

崔 廷(チェ・ジョン、1987年2月28日 - )は、韓国出身のプロ野球選手SKワイバーンズ所属の内野手

来歴[編集]

SK時代[編集]

高校時代は投手としても活躍しており、強打を武器とする打撃力と両立していた。自分の投手としての実力はプロ野球では通用しないと悟り、野手に専念。SKワイバーンズに入団した。

2005年に初の1軍出場を果たすと、2006年シーズンの後半には内野のレギュラーに定着し、当時19歳ながら12本塁打を記録した。

2007年にはサードのレギュラーに定着し、16本塁打、66打点をあげ、チームの韓国シリーズ初優勝に貢献した。

2008年のSKが2連覇を達成した韓国シリーズでは第3戦、4戦で決勝打を放つ活躍を見せ、史上最年少で韓国シリーズ最優秀選手に選ばれた。この年のレギュラーシーズンでは打率.328を記録し、首位打者争いにも加わったが3位にとどまった。

2009年前年の短期決戦の相性よさと内野ならどこでも守れる器用さを評価され、第2回WBCで初の韓国代表に選ばれた。しかし経験不足もあり、守備固めとしての起用が多かった。

一方、シーズンでは6月25日起亜戦で、延長12回裏投手を使い切ってしまい、SKは6番手として高校時代投手として活躍していた崔を登板させたが、走者を3塁に置いた場面で捕手パスボールによりサヨナラ負けした。

2010年は、自己最多となる123試合・20本塁打・80打点を記録し、SKの優勝に貢献。得意の韓国シリーズも、レギュラーシーズン以上に活躍。10月16日三星との第2戦で連続本塁打を放ち、2008年斗山戦にも2打席連続本塁打を記録しており、史上初のポストシーズン2打席連続本塁打を2度記録した選手となった。同年11月には広州アジア大会にも韓国代表として出場。好調の姜正浩にサードを奪われ、主に代打として出場することになり、前年のWBC同様国際大会ではこれといった活躍はなかった。しかしながら、優勝により兵役免除の恩恵を受けることになった。

2011年2012年2年連続ゴールデングラブ賞三塁手部門を受賞した。

2013年第3回WBC韓国代表に選ばれたが、1次ラウンド緒戦のオランダ戦で送球ミスなどを犯し、故障で最終戦の台湾代表戦を欠場するなど、過去と同様国際大会では活躍できないという印象を拭えなかった。

2014年は2009年以来5年ぶりに出場試合数が100を下回ったが、オフにFAで4年の大型契約を結びSKに残留した。

2016年は40本塁打でエリック・テイムズと並び自身初の個人タイトルである本塁打王となった。

選手としての特徴[編集]

左投手と相性が良い反面、サイドスロー・アンダースローの投手を苦にしている。

死球が非常に多く、2009年から2013年まで5年連続20死球以上を記録した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 SK 45 93 85 6 21 5 0 1 29 11 0 0 1 0 5 0 2 27 3 .247 .304 .341 .646
2006 92 304 280 25 62 11 0 12 109 40 3 2 2 1 14 1 7 90 6 .221 .275 .389 .664
2007 122 462 408 49 109 19 1 16 178 66 8 7 9 1 33 1 11 84 3 .267 .338 .436 .774
2008 114 476 406 77 133 24 1 12 195 61 19 8 10 2 41 2 17 58 7 .328 .410 .480 .890
2009 99 410 339 63 90 15 0 19 162 58 11 0 6 3 40 0 22 64 6 .265 .376 .478 .854
2010 123 493 400 84 120 31 1 20 213 80 12 4 16 8 49 0 20 72 7 .300 .396 .533 .929
2011 113 488 403 64 125 25 1 20 212 75 15 5 13 6 46 1 20 72 8 .310 .402 .526 .928
2012 130 553 474 85 142 33 1 26 255 84 20 8 3 6 49 7 21 98 8 .300 .386 .538 .923
2013 120 525 434 75 137 18 0 28 239 83 24 8 1 2 64 9 24 109 10 .316 .429 .551 .980
2014 82 361 308 65 94 20 0 14 156 76 7 2 1 3 37 0 12 69 9 .305 .397 .506 .904
2015 81 330 275 43 81 17 0 17 149 58 5 2 1 3 46 2 5 78 6 .295 .401 .542 .943
2016 141 606 500 106 144 24 1 40 290 106 1 2 0 6 77 2 23 126 6 .288 .403 .580 .983
KBO:12年 1262 5101 4312 742 1258 242 6 225 2187 798 125 48 63 41 501 25 184 947 79 .292 .386 .507 .893
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はKBOにおける歴代最高

表彰[編集]

外部リンク[編集]