柳元相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳 元相(ユ・ウォンサン)
Yoo Won-Sang
LGツインズ #17
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1986-06-10) 1986年6月10日(30歳)
身長
体重
187 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 1次指名(ハンファ イーグルス)
初出場 2007年
年俸 7500万ウォン(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗大韓民国
WBC 2013年

柳 元相(ユ・ウォンサン、1986年6月10日 - )は、韓国出身のプロ野球選手LGツインズ所属で、ポジションは投手

父は、元ハンファ監督で現・警察庁野球団監督の柳承安(ユ・スンアン)。弟の柳旻相(ユ・ミンサン)もプロ野球選手で、2012年斗山ベアーズに入団し、2016年5月よりKTウィズに移籍した。

来歴・人物[編集]

高校屈指の好投手であって、光州東成高等校の韓基周・光州第一高校の羅承鉉(ナ・スンヒョン)とともに高校ビッグ3と呼ばれる。ハンファ イーグルスに入団したが、1年目の2006年は一軍での登板機会がなかった。2009年は、3人目の先発陣として期待されたが、5月10日に2軍に降格するなど精彩を欠き、成績も低迷。

2010年柳賢振に次ぐ2番目の先発投手に定着。先発が手薄なハンファにとっても貴重な右腕として年間先発ローテーションを死守。昨年とは打って変わって充実したシーズンであった。だが最下位に低迷するチームにいたため、14敗で最多敗戦投手となってしまった。

2011年7月11日、梁承津とともに2対1の交換トレードでLGツインズに移籍した。LGでは中継ぎの柱に成長した。

2013年3月、第3回 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表に選ばれたが、1次ラウンド敗退だったこともあり登板機会はなかった。2014年9月、仁川アジア大会韓国代表に選ばれ、韓国の優勝により兵役免除の恩恵を受けることとなった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]










































2006


一軍出場なし
2007 8 2 1 1 0 0 0 19.0 14 2 9 0 13 6 6 2.84 6.16
2008 32 5 4 0 1 0 0 123.2 128 8 77 2 77 71 64 4.66 6.60
2009 24 5 10 0 0 0 0 107.0 130 20 69 6 57 83 79 6.64 4.79
2010 29 5 14 0 0 1 1 142.1 164 23 69 2 82 89 87 5.50 5.19
2011 L

G
34 1 5 0 3 0 0 63.0 75 10 20 2 44 46 44 6.29 6.29
2012 58 4 2 3 21 0 0 74.0 70 4 13 2 43 20 18 2.19 5.23
2013 37 2 1 1 8 0 0 37.2 48 2 11 2 19 23 20 4.78 4.54
2014 66 4 5 0 16 0 0 68.0 67 6 23 2 49 35 33 4.37 6.49
2015 25 1 1 0 1 0 0 37.0 44 6 12 2 22 26 23 5.59 5.35
通 算 313 29 43 5 50 1 1 671.2 740 81 303 20 406 399 374 5.01 5.44
  • 年度別成績の太字はリーグ最多

外部リンク[編集]