孫勝洛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
孫 勝洛 (ソン・スンラク)
Son, Seung-Lak
ロッテ・ジャイアンツ #1
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 大邱広域市
生年月日 (1982-03-04) 1982年3月4日(35歳)
身長
体重
187 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 2次ドラフト
年俸 7億ウォン2016年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2013年
ソン・スンラク
各種表記
ハングル 손승락
漢字 孫勝洛
発音: ソンスンラク
英語表記: Son Seung-Lak
テンプレートを表示

孫 勝洛(ソン・スンラク、韓国語손승락1982年3月4日 - )は、韓国大邱広域市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

2001年ドラフトで2次3ラウンド25位で現代ユニコーンズに指名受けたが、嶺南大学校に進学。高校時代には遊撃手だったが、大学入学後に投手へ転向。

1年目の2005年は即戦力として先発ローテーションに加入したが5勝10敗防御率5.43と低迷した。

2006年は、先発兼中継ぎとして登板。6勝5敗2ホールド防御率4.17と凡庸な成績に。

2007年は、怪我のリハビリで1軍登板機会はなくシーズン終了後、警察野球団に入隊した。孫が軍生活をする中、現代ユニコーンズは解体され選手達はヒーローズに引き渡された。

兵役を終え、チームに合流した2010年は抑えの趙容浚(チョ・ヨンジュン)が怪我で開幕絶望となると代役として、クローザーに任命される。3月27日の開幕戦でロッテ・ジャイアンツを相手に初セーブを挙げた。その後も揺らぐことなく結果を出し続け、9月24日には26セーブを記録して李庸燦を抜きセーブ数リーグ1位を確定。自身初のタイトルを手中に入れ、同時に2008年に創立されたネクセン・ヒーローズにとっても初の個人タイトル受賞者となった。

2011年は故障で開幕一軍入りできなかったが、シーズン途中から守護神の座に戻り2年連続での活躍を見せた。

2012年は33セーブを記録。

2013年7月9日ロッテ戦にて通算100セーブを達成した。自己最高の46セーブを記録し3年ぶり2度目の最多セーブのタイトルを獲得。

2014年は32セーブで2年連続3度目の最多セーブのタイトルを獲得した。

2015年11月、初のFA(フリーエージェント)を行使、2016年より4年契約でロッテ・ジャイアンツに移籍した。

2017年は37セーブで自身3年ぶり4度目の最多セーブのタイトルを獲得した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]










































W
H
I
P
2005 現代 26 23 1 5 10 0 0 134.1 154 18 48 10 80 81 81 5.43 5.36 1.50
2006 24 17 0 6 5 0 2 95.0 112 5 21 6 48 49 44 4.17 4.55 1.40
2007 1軍出場なし
2008 兵 役
2009
2010 ヒーローズ
ネクセン
53 0 0 2 3 26 1 63.1 47 2 17 2 64 20 18 2.56 9.09 1.01
2011 49 0 0 4 2 17 2 52.1 41 2 13 1 41 12 11 1.89 7.05 1.03
2012 53 0 0 3 2 33 0 50.1 50 2 15 0 47 12 12 2.15 8.40 1.03
2013 57 0 0 3 2 46 0 62.2 50 1 20 1 52 17 16 2.30 7.47 1.12
2014 62 0 0 3 5 32 0 62.1 69 6 11 2 53 30 30 4.33 7.65 1.28
2015 58 0 0 4 6 23 0 61.1 73 6 13 3 63 35 26 3.82 9.24 1.40
2016 ロッテ(KBO) 48 0 0 7 3 20 1 50.2 61 5 24 3 48 25 24 4.26 8.52 1.68
通算成績:10年 430 40 1 37 38 197 5 632.1 657 47 182 28 496 281 262 3.73 7.06 1.33
  • 太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

KBO

外部リンク[編集]