エリック・ハッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリック・ハッカー
Eric Hacker
Eric Hacker on August 19, 2012.jpg
サンフランシスコ・ジャイアンツ時代
(2012年8月19日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダンカンビル
生年月日 (1983-03-26) 1983年3月26日(34歳)
身長
体重
185 cm
104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト23巡目
初出場 MLB / 2009年9月22日 シンシナティ・レッズ
KBO / 2013年4月4日 ロッテ・ジャイアンツ
最終出場 KBO / 2017年9月30日 ネクセン・ヒーローズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エリック・リン・ハッカーEric Lynn Hacker, 1983年3月26日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダンカンビル出身のプロ野球選手投手)。右投両打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ダンカンビル高校に在籍していた[1]。元々アメリカンフットボールをしていてクォーターバックを守っていた。しかし、怪我が原因で野球に転向した[2]

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

2002年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースからドラフト23巡目指名され、入団。この年は、傘下ルーキークラスのガルフ・コーストリーグガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで3試合に登板した。

2003年も、傘下ルーキークラスのガルフ・コーストリーグのガルフ・コーストリーグ・ヤンキースでプレーし、7試合(5試合で先発)に登板した。

2004年は、傘下ショートシーズンAのスタテンアイランド・ヤンキースでプレーした。また、トミー・ジョン手術を受けている。

2005年は、傘下Aのチャールストン・リバードッグスでプレーした。サウス・アトランティックリーグでオールスターゲームに選出された。

2006年は、右の手術を受けプレーしなかった。

2007年は、開幕を傘下Aのチャールストン・リバードッグスで迎えた。ここでは、17試合に登板した。その後、傘下アドバンスAのタンパ・ヤンキースに昇格し、9試合(7試合で先発)に登板した。。その後、1試合だけ傘下AAAのスクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースでプレーした。

2008年は、開幕を傘下アドバンスAのタンパ・ヤンキースで迎えた。5月28日に、傘下AAのトレントン・サンダーに昇格した。17試合に先発登板した。サンダーがプレーオフに進出し、2勝をあげイースタンリーグの優勝に貢献した。オフの11月に結婚した。

2009年は、メジャーのスプリングトレーニングでプレーしていたが、3月8日にマイナーのスプリングトレーニングに異動した[3]。開幕を傘下AAのトレントン・サンダーで迎えた。3試合に登板後、傘下AAAのスクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースに昇格した。5月9日に、ブレット・トムコ40人枠に登録する為、DFAとなった[4]

パイレーツ時代[編集]

2009年5月16日にロムロ・サンチェスとのトレードピッツバーグ・パイレーツへ移籍した。傘下AAAのインディアナポリス・インディアンズへ異動した[5]。ここでは、21試合に登板した。9月8日に、自身初めてメジャーに昇格した。22日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビューを果たした。オフの11月7日に40人枠外となり[6]、9日に、フリーエージェントとなった。

ジャイアンツ傘下時代[編集]

2009年12月18日にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約を結んだ。

2010年は、当初は、メジャーのスプリングトレーニングに参加していたが、その後、マイナーのスプリングトレーニングへ異動された。開幕は、傘下AAAのフレズノ・グリズリーズで迎えた。この年は、29試合に先発した。好投をするもメジャーに昇格する事は無かった。オフの11月6日にFAとなった。

ツインズ時代[編集]

2010年11月9日にミネソタ・ツインズと契約を結んだ。

2011年は、当初は、メジャーのスプリングトレーニングに参加していたが、その後、マイナーのスプリングトレーニングへ異動した。4月19日にリリーフに転向したアレックス・バーネットの空いた先発の枠を埋めるまめメジャーに昇格した。27日の試合後に、アンソニー・スウォーザックとの入れ替えで傘下AAAのロチェスター・レッドウイングスへ降格した[7]。7月17日には、スコット・ダイアモンドを40人枠に登録するため40人枠外となった[8]。この年は、マイナーでも成績が悪く14敗はマイナーで最多だった。オフの10月4日にフリーエージェントとなった。

ジャイアンツ復帰[編集]

2012年は、古巣のジャイアンツとマイナー契約を結んだ。開幕を傘下AAAのフレズノ・グリズリーズで迎えた。4月27日にダブルヘッダーに伴う26人枠でメジャーに昇格した。試合終了後に、スティーブ・エドルフセンとの交換で傘下AAAのフレズノ・グリズリーズへ降格した[9]。マイナーでは、この年のパシフィック・コーストリーグのオールスターゲームに選出された[10]。8月17日に、ブラッド・ペニーのDL入りに伴ってメジャーに再昇格した[11]。8月25日にイーライ・ホワイトサイドとの入れ替えで再降格した。[12]。最終的に、この年は、メジャーで4試合に登板し、傘下AAAのフレズノで26試合(25試合で先発)に登板している。ここでは、12勝をあげリーグ最多タイだった。9月4日にエマニュエル・バリスを登録する為DFAとなった。8日にFAとなった[13]

NCダイノス時代[編集]

2013年1月15日にKBONCダイノスと契約を結んだ[14]。この年は、打線の援護が少なく4勝しかあげる事が出来なかった。単年契約だったが、オフに再契約を結び残留した。

2014年は、8勝をあげた。2013年から2014年までの登録名はファーストネームの「エリック(에릭)」だったが、2014年よりNCでの同僚として同じ外国人選手の「エリック・テイムズ」が在籍したため、2015年より登録名を「ハッカー(해커(原文読みでは「ヘコ」))」に変更した。

2015年は、19勝で自身初となる最多勝のタイトルを獲得した。2016年は13勝、2017年は12勝と3年連続2ケタ勝利を記録し、2017年限りで退団した。

選手としての特徴[編集]

人物[編集]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 17 (2009年)
  • 61 (2011年)
  • 52 (2012年)
  • 34 (2013年 - 2016年)
  • 8 (2017年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]