崔炯宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
崔 炯宇 (チェ・ヒョンウ)
Choi Hyung-Woo
起亜タイガース #34
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 全羅北道全州市
生年月日 (1983-12-16) 1983年12月16日(32歳)
身長
体重
179 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手捕手
プロ入り 2002年 2002年2次ドラフト6位
初出場 KBO / 2002年10月14日
年俸 15億ウォン(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

崔 炯宇(チェ・ヒョンウ、최형우、1983年12月16日 - )は、韓国出身のプロ野球選手

経歴・人物[編集]

全州高等学校在籍時の2001年三星ライオンズから2次ドラフト6位で指名を受け入団。入団当初は捕手だったが、外野手に転向。成績が振るわず2005年オフ三星を自由契約となり、その後兵役の義務のため警察庁野球団に入団し、プロ野球の2軍リーグで目覚しい活躍を見せた。

これが認められ2008年三星に復帰し、守備に不安はあるが長打力を生かし外野のレギュラーに定着し、韓国プロ野球史上最年長となる24歳10ヶ月で新人王を受賞した。韓国プロ野球の規定ではプロ入り後5年以内にしか新人王の資格はなく、2008年ですでにプロ7年目を迎えていたが、警察庁野球団での2年間を除外して有資格者となったため受賞することができた。

2009年も前年を上回る活躍を見せ、三星の打線の中軸を担うようになった。2010年はチーム最多、自己最多となる24本塁打、97打点を記録し、4番を任される試合も多かった。2011年は30本塁打、118打点で本塁打王打点王と自身初の個人タイトルを獲得し、2冠王となりチームの韓国シリーズ優勝に貢献した。2012年は昨シーズンの活躍で他球団の投手陣から厳しく警戒され、2軍へ降格する事態にもなった。後半以降は、盛り返し韓国シリーズではマリオ・サンティアゴ蔡秉龍からそれぞれ本塁打を放ちシリーズ9打点と勝負強さは目立った。2013年は、8月23日チームの正捕手陳甲龍が負傷退場したため、11年ぶりに捕手の守備機会を得た。2年ぶりに全試合出場・3割と結果を残した。

2015年も3度目の全試合出場を果たした。2016年は5年ぶりの打点王、自身初の首位打者と打撃二冠王となった。また二塁打の韓国プロ野球シーズン新記録を達成した。同年11月、FA(フリーエージェント)を行使し起亜タイガースへ移籍した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 三星 4 6 5 0 2 2 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .400 .400 .800 1.200
2004 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2008 126 440 384 68 106 24 0 19 187 71 3 0 0 2 48 2 6 76 9 .276 .364 .487 .851
2009 113 481 415 70 118 24 0 23 211 83 1 2 1 3 53 4 9 60 12 .284 .375 .511 .886
2010 121 506 420 71 117 29 1 24 220 97 4 0 2 5 71 5 8 91 13 .279 .389 .524 .913
2011 133 571 480 80 163 37 3 30 296 118 4 3 0 10 76 15 5 88 8 .340 .427 .617 1.044
2012 125 531 461 51 125 27 1 14 196 77 2 1 0 10 55 3 5 76 20 .271 .348 .425 .774
2013 128 573 511 80 156 28 0 29 271 98 2 1 0 8 47 1 7 91 5 .305 .367 .530 .897
2014 113 493 430 92 153 33 0 31 279 100 4 2 0 6 50 1 7 62 11 .356 .426 .649 1.075
2015 144 637 547 94 174 33 1 33 308 123 2 5 0 8 73 7 9 101 13 .318 .402 .563 .965
2016 138 618 519 99 195 46 2 31 338 144 2 2 0 7 83 8 9 83 12 .376 .464 .653 1.118
KBO:11年 1147 4858 4174 705 1309 283 8 234 2310 911 24 16 4 59 556 46 65 729 103 .314 .398 .554 .952
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はKBOにおける歴代最高

個人タイトル[編集]

  • 2008年-新人王
  • 2011年-本塁打王、打点王
  • 2016年-首位打者、打点王

表彰[編集]

外部リンク[編集]