朴龍澤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パク・ヨンテク
各種表記
ハングル 박용택
漢字 朴龍澤
発音: パク・ヨンテク
ローマ字 Bak Yong-taek
本人表記: Park, Yong Taik
テンプレートを表示
朴 龍澤(パク・ヨンテク)
LGツインズ #33
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1979-04-21) 1979年4月21日(38歳)
身長
体重
185 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 左翼手
プロ入り 2001年 1次ドラフトでLGツインズから指名
初出場 2002年
年俸 8億ウォン(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗大韓民国
WBC 2006年

朴 龍澤パク・ヨンテク1979年4月21日- )は、韓国プロ野球LGツインズに所属する大韓民国プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴[編集]

2008年は故障で96試合出場に止まって、打率も2割5分台まで落ち、デビューから続けてきた三ケタ安打の記録も途切れるなど、不本意な一年を送った。また、チームも最下位に沈み、その一因として中心打線を担っている彼の不振が挙げられたりした。

2009年は前年の不振から立ち直り、自身初となる首位打者のタイトルを獲得した。しかしシーズン終盤の9月25日のLG-ロッテ戦で、首位打者争いのライバルだった洪性炘が4四球とLG投手陣から明らかに勝負を避けられ、朴本人は試合に出場しなかった。この件に関して野球ファンからLG球団に非難が殺到し、物議をかもした。

2010年オフにFA(フリーエージェント)を行使し、LGと再契約し2011年から4年間の大型契約を結んだ。

2012年は、得点圏打率1位をマークし、3年ぶりにゴールデングラブ賞を受賞。

2013年は、高い打率を残しクリーンナップの1人として存在感を示した。

2014年オフ、2度目のFA(フリーエージェント)を行使し、LGと再契約し2015年から4年間の大型契約を結んだ。

2016年8月11日、蚕室野球場でのNCダイノス戦で韓国プロ野球史上6人目となる通算2000安打を達成した。

人物・プレースタイル[編集]

快速を武器とした俊足巧打の外野手で、三塁打が多く2005年には、盗塁王のタイトルを獲得するなど盗塁技術も高い。また韓国では比較的稀な右投左打ちの選手。

しかし、肩が弱く守備では相手走者の進塁を容易く許すのが弱点だが堅実で失策は少ない。また、巧打者と言われながら三振の数が大きく上回るほか、デビューの頃から長らく打線の中軸を担ってきたのに、通算記録で得点の方が打点の方を上回るなど、ややチームプレイを粗末にしているのではないかという批判を受けることがある。

韓国球界有数の美男選手として有名で、ソウル地下鉄の広報大使としてポスターにも登場した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 LG 112 424 375 68 108 28 6 9 175 55 20 5 1 4 38 1 6 109 11 .288 .359 .467 .826
2003 133 555 494 68 127 21 6 11 193 51 42 12 6 5 40 2 9 83 7 .257 .321 .391 .712
2004 109 435 393 51 118 15 2 16 185 58 10 4 6 1 32 3 3 68 4 .300 .357 .471 .827
2005 126 523 472 90 132 25 1 15 204 71 43 7 0 3 43 3 5 98 9 .280 .344 .432 .776
2006 126 534 476 69 140 26 3 16 220 64 25 3 1 4 50 6 2 93 7 .294 .361 .462 .823
2007 126 532 479 69 133 24 4 14 207 66 20 2 4 5 43 6 1 83 7 .278 .335 .432 .767
2008 96 374 334 39 86 12 2 2 108 32 16 6 2 3 34 0 1 55 5 .257 .325 .323 .649
2009 111 506 452 91 168 31 5 18 263 74 22 3 3 9 36 2 6 63 15 .372 .418 .582 .999
2010 107 420 370 62 111 21 0 9 159 45 19 4 6 1 38 3 5 64 6 .300 .372 .430 .802
2011 115 450 414 57 125 21 1 15 193 64 13 3 1 4 26 4 5 71 8 .302 .347 .466 .814
2012 127 556 499 82 152 34 3 11 225 76 30 8 1 7 42 1 7 66 9 .305 .362 .451 .813
2013 125 539 476 79 156 22 4 7 207 67 13 8 0 7 52 1 4 71 5 .328 .393 .435 .828
2014 124 549 464 71 159 24 2 9 214 73 11 9 2 7 75 3 1 65 15 .343 .430 .461 .891
2015 128 533 487 66 159 28 2 18 245 83 11 4 1 7 34 1 4 73 12 .326 .370 .503 .873
2016 138 578 509 84 176 24 0 11 233 90 6 6 0 7 58 5 4 71 13 .346 .412 .458 .870
KBO:15年 1803 7508 6694 1046 2050 356 41 181 3031 969 301 84 34 74 641 41 63 1133 133 .306 .369 .453 .821
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

外部リンク[編集]