鄭成勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鄭 成勳(チョン・ソンフン)
Jeong Seong-Hoon
LGツインズ #16
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 光州広域市
生年月日 (1980-06-27) 1980年6月27日(36歳)
身長
体重
182 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1999年 1次ドラフトでヘテ・タイガースから指名
初出場 1999年
年俸 3億ウォン(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
WBC 2006年

鄭 成勲(チョン・ソンフン、1980年6月27日 - )は、韓国出身のプロ野球選手LGツインズ所属の内野手

経歴[編集]

1999年高卒ルーキーながら108試合に出場。始めは遊撃手だったが守備の負担が大きく、守備のミスが打撃に影響することもあったため、三塁手へ転換。俊足巧打の選手として規定打席に達し、地元韓国では彼を第二の李鍾範と呼ぶほどにまで頭角を現した。2003年開幕前に朴栽弘との交換で現代ユニコーンズにトレードされ、同年には手首を痛め規定打席には至らなかったが、打率.343を記録。翌2004年も手首の負傷が再発し、成績も次第に低迷。さらに、9月に兵役不正事件に関与していたことが判明、残り試合出場停止の処分を受けた。しかしながら、主力選手として現代の韓国シリーズ2連覇に貢献した。

2007年限りで現代が解散となったあとは、保有権が新球団のヒーローズに引き受けられ、ヒーローズ所属に。当時主力選手への大幅な年俸削減が続いたヒーローズだったが、FAの権利取得目前だった彼は、他チーム移籍時に受けられる補償金(FA直前の年俸の450%)を目当てにした球団によって、かえって大幅の年俸引き上げを経験する。同年オフFAで現代在籍時に指導を受けていた金在博監督率いるLGツインズに移籍。ヒーローズは補償として選手の代わりに、狙いどおり、彼の年俸の450%に相当する14億4000万ウォンの補償金を受け取った。

鄭成勲は2009年新天地のLGで、期待通りサードのレギュラーとして活躍したが、彼の加入によりポジションを失い起亜にトレードされた金相賢が、36本塁打、127打点と誰も予想できなかった大活躍で打撃2冠王となりチームを韓国シリーズ優勝に導き、一方鄭成勲は例年通りの成績に終わり金相賢に打撃面で遠く及ばず、7年連続ポストシーズン進出を逃したLGにとってはまさかの大誤算となった。だがLGではサードのレギュラーとして活躍し、2012年には多くの試合で4番を任されるなど欠かせない存在で、2012年シーズンオフ、2度目のFA行使後、契約期間4年で再契約した。2016年8月28日、KTウィズ戦で韓国プロ野球史上7人目の通算2000本安打を達成した。2016年シーズン終了後に3度目のFAを行使し、2017年にLGと1年契約を結んだ。

国際大会には、2003年アテネ五輪アジア地区予選で初出場した。2006 ワールド・ベースボール・クラシックでは、金東柱の代替要員として大会途中から出場した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
1999 ヘテ 108 366 49 107 19 1 7 39 5 6 26 8 51 8 14 .292 .353 .407 .760
2000 119 457 50 119 21 3 1 37 10 4 25 3 55 7 16 .260 .303 .326 .629
2001 起亜 49 161 17 45 7 1 4 18 6 4 12 1 18 5 8 .280 .333 .410 .743
2002 114 340 65 106 19 3 9 39 16 4 28 9 42 9 11 .312 .379 .465 .844
2003 現代 91 338 51 116 17 0 13 51 9 4 23 8 40 20 15 .343 .398 .509 .907
2004 118 470 66 125 23 0 8 59 1 3 54 7 60 11 17 .266 .350 .366 .716
2005 126 458 61 122 20 1 17 72 7 3 49 7 67 14 18 .266 .346 .426 .772
2006 122 416 56 121 26 0 13 66 3 4 49 7 43 15 19 .291 .375 .447 .882
2007 122 445 59 129 29 1 16 76 1 2 40 8 66 9 17 .290 .359 .467 .826
2008 NH 109 355 43 96 21 2 3 34 8 4 36 5 41 13 9 .270 .346 .366 .712
2009 LG 121 419 62 126 19 2 10 70 5 0 59 4 46 10 7 .301 .392 .427 .819
2010 111 365 52 96 20 1 4 38 3 1 41 4 58 14 12 .263 .342 .356 .698
2011 127 422 61 123 18 1 10 57 9 2 49 5 69 16 12 .291 .372 .410 .782
2012 107 365 50 113 27 3 12 53 3 3 65 1 62 13 6 .310 .415 .499 .814
2013 121 407 64 127 22 1 9 62 13 6 59 7 58 12 14 .312 .408 .437 .845
2014 112 383 71 126 25 1 13 59 10 2 59 7 56 13 5 .329 .424 .501 .925
2015 117 363 47 103 16 1 9 45 9 4 54 13 65 9 5 .284 .392 .408 .800
2016 126 370 58 119 22 1 6 64 8 4 33 5 58 9 4 .322 .380 .435 .815
通算:18年 2020 6900 986 2019 371 23 164 939 126 60 761 109 956 207 209 .293 .369 .424 .793
  • 太字はリーグ最高

外部リンク[編集]