趙寅成 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
趙 寅成(チョ・インソン)
Cho In-sung
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1975-05-25) 1975年5月25日(42歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1997年 1次ドラフト
初出場 1998年4月15日
最終出場 2017年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
五輪 1996年
WBC 2006年

趙 寅成チョ・インソンハングル조인성1975年5月25日 - )は大韓民国出身のプロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

大卒新人だった1998年、バンコクアジア大会野球に韓国代表として出場し優勝、兵役免除の恩典を受けた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表にも選ばれた。二塁への盗塁を企む走者を座ったままのスローイングで刺すほどの強肩であった。パンチ力のある打力も持ち味。しかし、リードの面では外角一辺倒の傾向をよく批判される。

2007年シーズン後、FA権を取得して権利を行使したが、満足できる条件を提示したLGツインズに残留した。2008年は、チームが投手陣の崩壊、打撃不振で最下位に沈み、個人的にはリード面を叩かれたり、故障や不振で、引退から復帰したベテランの金正敏(キム・ジョンミン)にシーズン途中スタメン捕手の座を奪われたり、二軍に落ちたりと散々な1年を送った。

2009年8月6日の対起亜タイガース戦で、先発投手の沈秀昌と試合中ファンの見ているグラウンド内で口喧嘩をした前代未聞の醜態をさらしてしまい、二人ともチームから罰金を科せられ二軍降格となり、シーズン終了時まで一軍に昇格することはなかった。このようにFAでLGに残留後は攻守ともに冴えない状態が続いていた。

2010年は攻守ともにかつての姿を取り戻した。9月1日に、韓国プロ野球では史上初となる捕手でのシーズン100打点以上を記録。自身初の全試合出場を果たし28本塁打とチームの本塁打王となるなど、打撃では自己最高の成績を収め、プロ13年目にして初のゴールデングラブ賞も受賞した。2011年オフにFA権を行使し、SKワイバーンズと3年契約を結んで移籍した。

2014年6月3日、李大守などとの2対1トレードでハンファ・イーグルスに移籍した。2017年6月23日、肩の故障で試合に出場できなくなりウェーバー公示され退団した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 LG 84 134 10 36 8 0 2 50 15 0 0 0 3 0 22 3 .269 .285 .373 .658
1999 56 142 23 36 6 0 5 57 22 0 0 2 6 1 27 4 .254 .285 .401 .686
2000 108 227 19 51 5 1 5 73 33 2 1 5 16 4 59 6 .225 .282 .322 .603
2001 82 186 19 47 10 0 5 72 26 1 2 2 12 4 27 4 .253 .309 .387 .696
2002 124 362 36 97 21 2 9 149 48 3 0 4 14 5 82 11 .268 .301 .412 .713
2003 132 428 43 110 20 2 19 191 58 0 1 5 15 8 67 17 .257 .292 .446 .738
2004 129 386 40 98 16 0 8 138 49 2 5 5 36 3 63 9 .254 .319 .358 .676
2005 85 201 22 45 11 0 6 74 34 0 0 2 14 4 34 2 .224 .285 .368 .653
2006 112 326 37 80 18 0 10 128 38 0 1 3 28 0 30 11 .245 .303 .393 .695
2007 124 419 44 118 24 0 13 181 73 1 1 5 30 4 61 8 .282 .332 .432 .764
2008 102 330 25 75 18 1 10 125 49 0 0 4 17 1 76 6 .227 .264 .379 .643
2009 95 266 35 57 10 1 14 111 36 0 2 2 28 1 53 10 .214 .290 .417 .707
2010 133 457 69 145 24 1 28 255 107 2 0 5 41 3 83 19 .317 .374 .558 .932
2011 117 390 46 104 14 2 15 167 59 2 1 1 44 3 70 10 .267 .345 .428 .773
2012 SK 104 284 32 77 13 0 9 117 40 0 1 2 16 2 60 5 .271 .313 .412 .724
2013 88 207 16 44 10 0 7 75 29 0 1 1 7 2 65 4 .213 .244 .362 .607
2014 ハンファ 75 164 16 37 7 0 9 65 34 0 0 2 13 2 40 5 .226 .290 .396 .686
2015 105 276 32 64 11 0 7 108 44 0 0 1 16 6 89 5 .232 .288 .391 .679
2016 76 137 10 23 2 0 3 34 7 0 0 6 0 2 0 1 38 2 .168 .186 .248 .434
通算:19年 1932 5322 575 1344 249 10 186 2170 801 13 16 51 359 54 1046 141 .253 .304 .408 .712
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

外部リンク[編集]