キム・ヒョンソク (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金亨錫から転送)
Jump to navigation Jump to search
キム・ヒョンソク
各種表記
ハングル 김형석
漢字 金亨錫
発音: キム・ヒョンソク
ローマ字 Kim Hyung-suk
テンプレートを表示

キム・ヒョンソク(金亨錫、김형석、1966年9月27日 - )は、韓国作曲家である。日本では映画「猟奇的な彼女」の主題歌が知られる。1988年以来、約1200曲の楽曲を制作した[1]文在寅の熱烈な支持者としても知られる。

人物[編集]

1988年にキム・グァンソクに提供した「사랑이라는 이유로(愛という理由で)」で作曲家デビューする[2]。(音源発売は1991年)

イン・スニパク・ジニョンBoAシン・スンフンキム・ゴンモ、キム・ウォンジュン、キム・ジョンミン、イム・チャンジョンユ・スンジュンパク・チユンキム・ジョハン、Unnies(オンニス)、KAI[3]、など数多くの歌手たちのアルバムやドラマ、映画、ミュージカル音楽を手がけた。

2015年8月、光復70周年を記念し、朝鮮半島の統一を願い、世界に支持を呼びかける「ONE K グローバルキャンペーン」の一環として、「新しい時代の統一の歌キャンペーン」テーマソング『One Dream One Korea』を発表する。レコーディングには当時野党党首だった文在寅も参加した[4]。同曲は、2018年南北首脳会談後のレセプションの歓送曲として使用された[5]

2017年9月、欧米諸国に倣い、文在寅大統領に象徴曲「ミスター・プレジデント(Mr.President)」を献呈した。同曲は同年11月7日ブッシュ米大統領以来25年ぶりに国賓として訪韓したドナルド・トランプ米大統領の青瓦台公式歓迎式退場曲としてKBS交響楽団により演奏された[6]。※入場曲は米大統領公式入場曲の「Hail to the Chief英語版

受賞歴[編集]

  • 1993年 第4回ミュージックボックス歌謡大賞。
  • 1994年 第1回ミュージカル大賞作曲賞、第5回歌謡音盤大賞 最高編曲賞。
  • 1997年 SBS歌謡大賞 作曲賞。
  • 1998年 SBS歌謡大賞 作曲賞。
  • 2002年 KBS歌謡大賞 作曲賞。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]