青瓦台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青瓦台
청와대/靑瓦臺
250px
青瓦台本館(2022年4月)
青瓦台の位置(ソウル特別市内)
青瓦台
ソウル特別市内の位置
別名
概要
住所 鍾路区世宗路1
自治体 ソウル特別市
大韓民国の旗 大韓民国
座標 北緯37度35分12秒 東経126度58分35秒 / 北緯37.5867度 東経126.9763度 / 37.5867; 126.9763座標: 北緯37度35分12秒 東経126度58分35秒 / 北緯37.5867度 東経126.9763度 / 37.5867; 126.9763
起工 1937年3月22日 (1937-03-22)
トッピングアウト 1939年9月20日 (1939-9-20)
完成 1991年9月4日 (1991-9-4)
開業 1948年 (1948) (大統領府として)
2022年5月10日 (2022-05-10) (市民公園として)
改築 1989年7月22日 (1989-07-22) – 1991年9月4日 (1991-9-4)
閉鎖 2022年5月9日 (2022-5-9) (大統領府として)
テンプレートを表示
青瓦台
Seoul Gyeongbokgung Blue House Bukhansan cropped.jpg
景福宮の後方に建つ青瓦台
各種表記
ハングル 청와대
漢字 靑瓦臺
発音 チョンワデ
日本語読み: せいがだい
2000年式
MR式
英語
Cheongwadae
Ch'ŏng'wadae
Blue House
テンプレートを表示

青瓦台(チョンワデ、朝鮮語: 청와대、せいがだい)は、大韓民国(韓国)ソウル特別市鍾路区北岳山の麓に所在する市民公園。2022年5月まで韓国大統領府が置かれていた。メディアでは、漢字で略して「青」と呼ばれることが多くある。英語では、ホワイトハウスのようにBlue House(ブルーハウス)と呼ばれることがある。

概要[編集]

「青瓦台」という名称は、官邸の屋根が青いで葺かれていることに由来する[1]

国防上の理由から、地図上では一部の観光地図を除いて記載されていないことが多かった。航空写真においても、韓国国内向けのものでは加工により消されていたり、ぼかしが入れられている場合が殆どであった。

青瓦台がある地域には、もともと高麗時代に王族が住んでおり、李朝の創始者である李成桂景福宮を建設した。

日本統治時代1939年7月、朝鮮総督官邸が建設された。1948年に大韓民国が成立すると、初代大統領李承晩が、旧・朝鮮総督官邸を景武台(キョンムデ、けいぶだい)の名称で官邸及び公邸として使用開始した[1]1960年12月に第4代大統領の尹潽善が「景武台」から「青瓦台」に名称を変更した[1]

朴正煕政権下の1968年1月に、官邸が北朝鮮特殊部隊による青瓦台襲撃未遂事件が起こった[2]

盧泰愚政権時代の1991年、それまでの大統領官邸・公邸(旧・朝鮮総督官邸)に隣接して、大統領官邸が竣工した[1]。旧・大統領官邸・公邸(朝鮮総督官邸)は1993年10月に解体された。

青瓦台襲撃未遂事件以降、青瓦台周辺の道路は一般通行が禁止されていたが、金泳三政権になってから、昼間のみ一般通行が可能となった。

文在寅政権によって、2017年6月26日からは周辺道路の一般通行が24時間可能となり、周辺に設置されていた検問も平時は撤去された。写真撮影に関する規制も廃止され、青瓦台を背景に自由に写真撮影できるようになった。

大統領府の移転[編集]

2022年の大統領選挙で当選した尹錫悦は同年3月20日、大統領府を龍山区にある国防部庁舎に移し、任期が始まる5月10日より青瓦台を国民に開放すると発表した[3]。尹は記者会見で青瓦台を「帝王的権力の象徴」と呼んだ。権威的な外観が国民との距離を遠ざけている印象を与えるとの意見や、広すぎて実務に適していないとの指摘はかねてから存在しており、文在寅政権下でも移転が模索されていた[4]

2022年5月10日に大統領府が龍山区へ移転されたことに伴い、同日午前中に青瓦台は一般開放されて約26,000人が訪問し[1][2]、5月10日から22日までの間に約500万人が観覧を申請して、37万7888人が観覧した。同月26日から本館や大統領公邸の内部が一般公開された[5][6]

建物など[編集]

  • 本館 - 1991年完成。大統領と夫人の接見室・執務室のほか会議室、食堂など執務機能が集中する建物。約8,500 m2
  • 迎賓館 - 1978年完成。国賓を招いた晩餐会など公式の行事や大規模な会議の会場として使用された。
  • 秘書室 - 大統領を支えるスタッフの執務室。3棟のビルで構成。
  • 常春斎 - 本来は朝鮮総督官邸の和風別館である梅花室があったが、1977年に撤去され洋風に改築されたものを1983年に再び新築した。「純韓国風」の建物で首脳会談が開かれることもある。
  • 緑地苑 - 庭園。
  • 大統領公邸 - 大統領とその家族の住まい。本館から徒歩で約9分[1]
  • 春秋館 - 1990年完成。記者会見場があった。

衛星写真[編集]

大統領府として使われていた2005年Googleが提供している衛星航空写真地図サービスであるGoogle Earthに、青瓦台の主要施設の画像が表示されていることが発覚した。これについて青瓦台側は、アメリカ合衆国連邦政府など関係機関と対応を協議していると発表している。

Google マップでも航空写真表示では、青瓦台の主要施設の画像が表示されている(地図表示ではこの部分は空白となっている)。韓国の法律では、人工衛星で撮影された主要保安施設や軍事基地の写真を公開することは禁止されており、同様のサービスを提供しているネイバー地図においては、青瓦台周辺の画像をぼかす処理をしている。

脚注[編集]

外部サイト[編集]